就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ベビーカーでのお出かけの持ち物は?お出かけ先に合わせて確認を

ベビーカーでのお出かけの持ち物は?お出かけ先に合わせて確認を

子どもとのお出かけは楽しいものですが、「ベビーカーで子どもと一緒にお出かけするときには、何を持っていけばよいのだろう?」と悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。今回は、ベビーカーで子どもと外出するときに気を付けておきたいポイントや、揃えておきたい便利グッズなどについてご紹介していきます。

ベビーカーでお出かけした際の特徴

買い物で荷物が増えそうなときはフック必須

赤ちゃんが寝てしまったときや、荷物が増えてしまったときに活躍してくれるベビーカーは、ママの強い味方です。赤ちゃんが成長して重量感が増してきた場合にはとくに、抱っこ紐ではなくベビーカーを重宝する機会が増えていくでしょう。

赤ちゃんとのお出かけはとにかく荷物が増えがちです。ベビーカーの荷物カゴに買い物袋やマザーズバッグを入れ、その都度出し入れするのは手間がかかるので、ベビーカーのハンドル部分にフックを取り付けて荷物をサッと掛けられるようにするとよいですよ。

ただし、フックに荷物を掛けすぎると子どもの体重とのバランスが取れず、ベビーカーがひっくり返る恐れがあります。バランスを崩さないよう十分注意してくださいね。

兄弟がいるときははぐれないように注意

ベビーカーは赤ちゃんとお出かけをする上で欠かせない育児アイテムですが、上のお子さんがいる場合には少々その扱いに困ることもあるのではないでしょうか。

上の子と手をつないだままベビーカーを押すのは大変ですが、かといってベビーカーに直接つかまっていてもらおうとしても、いつのまにか手を離してしまい、人混みではぐれそうになることもありますよね。

ベビーカーを押しながらほかの兄弟も連れてお出かけするという方には、「迷子防止ストラップ」がおすすめです。電車のつり革のような感覚で持ち続けてくれますし、ベビーカーと一定の距離が保てるのでお子さんも歩きやすいですよ。それでもはぐれそうになるときには迷子紐や迷子紐付きリュックを併用するなど、工夫するとよいでしょう。

ベビーカーと抱っこ紐をうまく使う

小さな子どもと出かけるときの必需品といえばベビーカーと抱っこ紐ですが、両方持って出かけると荷物になるため、どちらを使おうか悩んでしまうこともありますよね。

「ベビーカーに乗せようとしても嫌がるから、もっぱら抱っこ紐を使用している」というママも多いでしょうが、ベビーカーに乗ってくれるお子さんであれば、長距離歩くときや寝てしまいそうなとき、荷物がたくさんあるときなどにはベビーカーの方がママの体は楽です。

しかし、基本的に子どもは抱っこが大好きですので、子どもの機嫌が悪いときや抱っこをせがまれたときにすぐ対応できるよう、ベビーカーで出かけるときでも念のため抱っこ紐を持参するようにするとよいでしょう。

ベビーカーのお出かけで気を付けること

荷物だけじゃない!外出先のリサーチも大切

子連れでのお出かけは楽しいものですが、大変なこともたくさんあります。「着替えを忘れた日に限って、食べこぼしでびしょ濡れになった」など、どんなママでも何かしらのハプニングに遭遇したことがあるのではないでしょうか?

おむつや着替え、ミルクに限らず、子どもがある程度成長すると、抱っこ紐やベビーカーも持たずに身軽に出かけるママは多くなります。近所の公園に行くのであればそれでもかまいませんが、ある程度の距離を移動するときにはやはり、予期せぬトラブルに対応できるよう念入りな準備が必要です。

荷物だけでなく、利用する駅にエレベーターが設置されているか、施設内にベビーカーを持ち込むことが可能かなど、事前にしっかりとリサーチした上でお出かけをしましょう。

ベビーカーバッグを使って持ち物確認

子どもとの外出はどうしても荷物がかさばりがち。「携帯が鳴っているのに、荷物が多くてバッグからなかなか取り出せない」など、バッグの中はママの荷物と子どもの荷物であふれるため、目的のものを探すだけでも一苦労です。

「荷物が多くてバッグの中がゴチャゴチャする」「ベビーカーの荷物カゴが小さくて収納に困っている」というママには、ベビーカーのグリップ部分に取り付けられる「ベビーカーバッグ」がおすすめですよ。

マグやお菓子、携帯など、細々としたものを入れておけば必要なときにサッと取り出せますし、持ち物の確認もしやすいので便利です。ポケットや仕切りのあるもの、おむつやタオルも収納できる大きめのものまでありますので、使い勝手のよいものを選びましょう。

子どもが飽きないような工夫も大事

「ベビーカーが動いているときはご機嫌だけれど、電車移動などで動きが止まったときなどにはぐずりだしてしまうので大変だ」という話はよく聞きますよね。

ベビーカーで出かけるときのぐずり対策にはベビーカー用のおもちゃがおすすめです。ミラーがついている、引っ張るとブルブルと震えるなど、子どもの興味を引くいろいろなしかけがあるベビーカー用のおもちゃは多く販売されています。ぐずり対策になるだけでなく、お子さんの知的好奇心を刺激することにもつながりますよ。

口に入れても安全か、汚れたときにも清潔を保ちやすいか、おもちゃの対象年齢に合っているかなどを考慮した上で、ベビーカーに乗っているときでもお子さんが楽しめるよう工夫をするとよいでしょう。

あわせて知りたい雨の日の持ち物事情

傘を手に持ちながらの移動は危険

雨の日には荷物が多くなったり気を使うことが増えたりするため、できれば外出を避けたいものです。しかし、健診や上の子の送迎など、出かけなければならないこともあるでしょう。

ママの体への負担が少なく、荷物を乗せられる外出時の必須アイテムといえばベビーカーですが、雨の日に使用するときには少々注意が必要です。

雨の日は晴れの日よりも路面が滑りやすいため、安全面への配慮が欠かせません。傘を片手に持ちながらベビーカーを押している方もおられますが、ただでさえ滑りやすい路面において、片手での操縦は大変危険です。ハンドル操作がしにくい、ちょっとした段差でも乗り越えにくいなどの操作面の問題もありますので、片手で傘をさしながら外出するのは控えましょう。

ベビーカー用の傘スタンドを使用

「傘を手に持ちながらベビーカーを操作するのは大変だから、雨の日の移動にはもっぱら抱っこ紐を使用し、傘やレインコートで雨を防いでいる」という方は多いでしょう。

しかし、「雨が降るたびに抱っこ紐を使用するのでは腰痛や肩こりがひどくなる」と悩んでしまうこともありますよね。

雨の日でもベビーカーを使って移動したい方には、ベビーカー用の傘スタンドがおすすめです。ベビーカーの持ち手の部分などに傘スタンドを取り付けて傘をセットすることで、両手を使ってしっかりベビーカーを操縦することが可能になります。「視界を確保する」という意味では、透明のビニールを傘をセットすると、より視界がクリアになるのでよいですよ。

赤ちゃんはレインカバーで守る

外出しようとしたときに雨が降っていると憂鬱な気分になるかもしれませんが、雨の音を聞いたり晴れの日とはちがう景色を楽しんだりするなど、お子さんにとってよい刺激となるかもしれません。ベビーカー用レインカバーを用意し、雨の日でもお出かけを楽しんでみてはいかがでしょうか。

レインカバーは雨の日だけでなく、雪の日や風の強い日にも使えたり、寒さや花粉対策としても利用できたりする便利アイテムです。1枚持っておくとさまざまなシーンで活躍してくれますので、手持ちのベビーカーに対応しているかを確認の上、購入するとよいでしょう。

ただし、レインカバーを取り付けると内部が高温多湿になりがちです。適度に換気し、お子さんの体調を確認するようにしてくださいね。

まとめ

ベビーカーは荷物をかけたり荷物カゴに収納したりと使い勝手がよい上、子どもが抱っこ!と言ってきたときや、昼寝をしてしまったときなどにも活躍してくれる、お出かけの必需品ですよね。

フックやベビーカー用のおもちゃ、傘スタンド、レインカバーなどの便利グッズを使えばさらに使い勝手をよくすることができますので、ぜひ記事を参考にご自身に合ったものを揃えていただき、ベビーカーでのお出かけを楽しんでみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj