就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

東海で訪れたい必見の動物園はどこ?動物に触れ合えるスポットも紹介

東海で訪れたい必見の動物園はどこ?動物に触れ合えるスポットも紹介

「東海地方に旅行に行くのは初めてだけど、子どもも楽しめる動物園はどこにあるのかな」とお考えのママに、動物と触れ合える、お財布に優しいなどおすすめの動物園をご紹介します。また、初めて赤ちゃんが動物園デビューをする前に知っておきたい注意点についても詳しくご説明しますよ。

動物園デビュー前に知っておきたいことは

動物園デビューはいつから大丈夫?

動物園デビューには個人差があるようです。母親からの免疫力が切れる6カ月以降がよいともいわれますが、様々な環境に触れさせて免疫力を高める目的であれば、そのころからでよいでしょう。

もちろん、お散歩などに慣れてきた3カ月位からでも可能ですが、あまり長い時間だと赤ちゃんも疲れてしまうため、最初は短時間から始めましょう。また、真冬や真夏の時期のデビューは、赤ちゃんにも負担が生じるので避けたほうがよいでしょうね。

ただし、赤ちゃんが動物を見て楽しめるかどうかという点からは、6カ月位の年齢では疑問が残ります。1歳くらいになると絵本などで動物に興味を持てるようになるので、動物園で本物の動物を見て喜んでくれるのではないでしょうか。

免疫力が上がるというのは本当?

「動物園に行くと赤ちゃんの免疫力が上がる」というのは、かつてテレビで放送された番組が起源になっているようです。その番組では、農家の子どもと農家でない子どもを比較したところ、農家の子どものほうが花粉症や喘息になる率が低いというものでした。
ペットを飼っている家庭の子どもにも、農家の子どもと同様の結果が出て、その原因は家畜の糞に含まれている「エンドトキシン」によるものと判明しました。乳幼児期の間にエンドトキシンに触れていない子どもは、免疫機能が発達しないためアレルギー体質になりやすいとのことです。

しかし、ごくたまに動物園に行く程度であれば動物と触れ合う機会が多いとはいえないので、免疫力アップに過度の期待はしないほうがよいのではないでしょうか。

赤ちゃんや幼児と動物園に行くときの注意点

「動物園に連れて行ったほうがアレルギー予防になるのではないかしら」とお考えのママも、すでにアレルギーの出ている赤ちゃんを連れていくのは避けたほうがよいでしょう。アレルギー症状が余計にひどくなる可能性もあるので、医師と相談してみましょう。

また、動物園に授乳室やおむつ替え用のベッドがあるかなどを事前に確認しておくとよいでしょう。授乳室がどこにあるか把握しておくと、赤ちゃんのお腹が空いたときも安心ですし、おむつ替え用のベッドがあると助かりますよね。

赤ちゃんはじっとしている動物よりも動きのある動物が好きです。目の前で動物を見られればなおよいでしょう。あまり大きな声で鳴く動物は怖がって泣き出してしまうかもしれないので注意してくださいね。

思わず自慢したくなる!casa carinaのかわいく賢いマイホーム!

PR

テニテオ読者の中には、これから「一生の住まい」を考えるママも多いのでは?一生ものだからこそ、デザインや機能性、安心して暮らせる快適空間にこだわりたいですよね。今回は、思わず誰かに自慢したくなる「casa carina(カーサ・カリーナ)」の家をご紹介。「かわいく、賢い。やさしく、強い」が詰まったcasa carinaの魅力をご覧ください。

動物に触れることができるおすすめスポット

乗馬もできる「静岡市立日本平動物園」

小さいころに、牧場などで馬に乗ったことがあるママも多いことでしょうね。2019年8月に開園50周年を迎えた「日本平動物園」では「ふれあい動物園」の馬場でポニーの乗馬を体験できますよ。

約160種700点の飼育動物が子どもたちを待っていて、ふれあい動物園ではウサギやモルモット、ヒツジなどの小動物に触れ合うことができます。ヤギやヒツジに餌やりもできるので子どもに大人気ですよ。

そのほかにも、ライオンやホッキョクグマを間近に見て楽しめる「猛獣館299」や、ガラスを隔ててペンギンが頭上を泳ぎ回る「ペンギン館」、オランウータンが擬木やロープを伝って空中移動する「オランウータン館」などがあります。一日中遊んでいられそうですね。

餌やり体験「伊豆シャボテン動物公園」

カピバラが露天風呂に入っている姿が有名な「伊豆シャボテン動物公園」では、カピバラの「餌やり体験」ができます。そのうえ、リスザルやクジャクが放し飼いになっていて間近で見ることができる「距離感ゼロ」が売りとなっています。

「ふれあい体験」では、世界最大のウサギ「フレミッシュジャイアント」やペンギン、コンゴウインコなどと触れ合えます。餌やり体験は有料になりますが、チンパンジーやワオキツネザル、リクガメなど様々な動物のおやつタイムを体験できますよ。

そのほかにも、「アニマルショー」や池にある大小八つの島をボートで巡る「アニマルボートツアーズ」などの見所が盛りだくさんです。名前の由来になっている世界各国から集めた1,500種類ものサボテンも見事ですよ。

わくわく広場「伊豆アニマルキングダム」

伊豆シャボテン動物公園からほど近い「伊豆アニマルキングダム」では「ウォーキングサファリ」があって、キリンやシマウマなどの草食動物が放し飼いになっている中を歩いて見学することができます。まるでサバンナの中を歩いているようですよ。

ここには「わくわく広場」があり、珍しいアルマジロの抱っこができたり、ウサギやモルモットなどの小動物と触れ合ったりすることができます。あの大きなサイの角に触るチャレンジもできますよ。

もちろん「餌やり体験」もあって、体長2mものホワイトタイガーやライオンへの餌やりは迫力満点です。ゆっくりした動きのキリンへの餌やりは病みつきになりそうですね。メリーゴーランドや恐竜が棲む森のある「プレーゾーン」も見逃せませんよ。

お財布にも優しい入場無料の動物園ならここ

29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版