就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ベビーカーで赤ちゃんとお出かけ!月齢や季節で外出時間を考えよう

ベビーカーで赤ちゃんとお出かけ!月齢や季節で外出時間を考えよう

出産前に、ベビーカーを準備しているパパやママは多いですよね。しかし、実際に赤ちゃんが誕生すると、「赤ちゃんとのお出かけが不安で、まだベビーカーを使えていない」という方はいませんか?ここでは、月齢や季節ごとの最適な外出時間や、ベビーカーでお出かけするときに気をつけることなどをご紹介します。

月齢によって外出時間を考えよう

生後1~2カ月は5分間の外出から始めよう

赤ちゃんは誕生した産婦人科から退院し家に帰ると、生後1カ月の健診までの間は外に出ず家のなかで過ごすことがほとんどですよね。生後1カ月健診で何も異常がなければ、少しずつお出かけできるようになります。

生後1~2カ月頃は、体温調節を自分ですることが難しいだけでなく抵抗力も弱いので、長時間の外出は赤ちゃんの体に負担がかかってしまいます。また、皮膚が薄く紫外線にも弱いため、赤ちゃんと外に出るときは5分くらいのお出かけから始めてみましょう。

5分くらいだとすぐに帰らなくてはいけないので、生後1~2カ月頃は赤ちゃんと一緒にベランダに出て外の空気にふれる、窓際に行き風を感じる、ベビーカーで家の近所をお散歩するなど、短時間のお出かけから始めるとよいですよ。

生後3~4カ月から積極的に外出しよう

生後3~4カ月頃になると赤ちゃんの体が成長し、体幹がしっかりするため抱っこがしやすくなりますよね。また、首がすわる、寝返りするなど、できるようになることも増え、新生児の頃に比べると活発に手足を動かす赤ちゃんも多いでしょう。

この時期の赤ちゃんは、さまざまなことに興味を持ち始めます。たくさん刺激を受けることで脳が発達するので、お天気のよい日は積極的にベビーカーでお出かけするとよいですよ。

生後3~4カ月になると、少しずつお出かけする時間を長くしてみましょう。近くの公園に行ってお花や葉っぱ、遊んでいる子どもを見るのもよいですし、スーパーに買い物に行くのもよいでしょう。ベビーカーがあると、いろいろな場所に赤ちゃんと行ける楽しみが増えますね。

生後5カ月以降は長距離外出も可能に

生後5カ月頃を過ぎると体がしっかりしてくるので、お出かけの時間も少しずつ伸ばしていけそうですよね。また、授乳の間隔も少しずつ空いてくる子が多く、長距離のお出かけもしやすくなるでしょう。

先輩ママの話では、生後5カ月頃を過ぎると車で旅行に行ったり、遠出をしたりすることが増えたといいます。離乳食を始めて授乳の間隔が空くと、電車やバスなどの公共交通機関を使いやすくなるので、いろいろな場所に赤ちゃんとお出かけを楽しんでいるそうですよ。

生後5カ月頃からは、生活リズムが整ってきて日中に起きている時間が長くなるので、赤ちゃんと一緒に楽しめそうな場所にお出かけしているそうです。長距離移動のときは赤ちゃんに負担がかからないように、こまめに休憩するとよいですね。

季節によって外出に最適な時間帯ってある?

夏は日差しの強い時間帯を避ける

夏場は気温が高く蒸し暑いだけでなく、日差しがとても強いですよね。ベビーカーは背が低く、パパやママと比べるとアスファルトに近い場所に赤ちゃんがいる状態です。

アスファルトに日差しが当たると照り返しがあるため、赤ちゃんがいる位置はパパやママの顔の位置が感じる温度よりも、5℃くらい熱くなっているそうですよ。パパやママが「暑いけれどまだ大丈夫かな」と我慢できる温度でも、赤ちゃんが熱中症になる恐れがあります。日中の日差しが強い時間は、なるべくお出かけしないように注意しましょう。

ベビーカーでお出かけする場合は、朝早くか夕方に行くとよいですよ。朝早くや夕方にお出かけするときも帽子をかぶる、ベビー用の日焼け止めクリームを塗るなど、紫外線対策が大切です。

冬はお日様が出ている時間帯がベスト

冬場は気温が低く、寒い日が続きますよね。冬にベビーカーでお出かけしたいときは、お日様が出ている時間帯にお出かけするとよいでしょう。

冬場は夕方の5時頃になると、日が落ちて暗くなってきます。日が落ちると急に温度が下がるので、ベビーカーでお出かけするときは帰宅時間を早めたほうが安心ですね。

赤ちゃんは大人と比べると抵抗力が弱く、体温調節が上手にできません。ベビーカーで長時間寒い場所にいると風邪をひいたり、体調を崩したりする可能性があるため、気温が低い日のお散歩は短時間がおすすめですよ。ベビーカーでお出かけするときは、ニット帽や手袋、ネックウォーマーなど防寒対策をして、赤ちゃんの体が冷えないように気をつけましょう。

春と秋は日中の時間帯に外出しよう

春と秋は日差しが心地よく、過ごしやすい日が続きますよね。春と秋は、日中にお散歩やお出かけをたくさん楽しめる季節でしょう。

春は梅や桜など、きれいなお花がたくさん咲く季節です。自然とふれると五感が刺激されて、感性が豊かになるといわれているので、公園にお花見に行くのもよいですね。気候がよいと遠出もしやすいので、赤ちゃんをベビーカーに乗せて動物園や大きな公園など、いろいろな場所に行ってみましょう。小さな頃からさまざまな経験をし、すくすく育ってほしいですよね。

また、秋は紅葉がきれいな季節なので、赤ちゃんと紅葉を楽しむのもよいですね。春と秋は四季をたくさん感じられるので、赤ちゃんとのお出かけがさらに楽しくなるでしょう。

ベビーカーで外出するときに気をつけること

外出は授乳後20~30分後がベスト

赤ちゃんは母乳やミルクを飲むため「授乳の時間が気になるし、どのようなタイミングでお出かけしてよいのか分からない」というママは多いのではないでしょうか。赤ちゃんとのお出かけは授乳してから20~30分経って、赤ちゃんが落ち着いた頃に出発するとよいですよ。

避けたほうがよいのは、赤ちゃんが空腹のままお出かけしてしまうことです。「そろそろ授乳の時間だけれど、赤ちゃんが寝ているし出発しちゃおう」とお出かけするママも多いですが、途中で赤ちゃんが起きると空腹でぐずるため授乳する場所を探したり、赤ちゃんをあやしたりと、ママが大変になってしまいます。

授乳してからしばらくすると赤ちゃんはお腹がいっぱいで眠くなるため、寝ている間にスムーズに移動できることが理想ですね。

雨が降りそうな日は短距離でも雨具の準備を

赤ちゃんとベビーカーでお出かけするときは、天気予報を見てから出発するとよいでしょう。家を出たときは晴れていても帰りに雨が降ってしまうと、ベビーカーだけではなく赤ちゃんが濡れてしまう可能性がありますよね。

雨が降りそうなときは、近場のお出かけでも雨具の準備が大切です。ママはベビーカーを押すと両手が塞がるので、カッパを持っておくと安心ですよ。ベビーカーには、ベビーカー専用のレインカバーを着けましょう。レインカバーをつけるとベビーカー全体を覆うことができるため、赤ちゃんが濡れる心配がありません。

雨具の準備がないと急に雨が降ったときにママが焦って、事故に遭う危険性も考えられます。心に余裕を持って行動できるように、事前にしっかり準備することが大切ですね。

ラッシュ時の公共交通機関の利用は慎重に

赤ちゃんとベビーカーでお出かけをするときに、電車やバスなど、公共交通機関を利用するママもいますよね。平日にお出かけするときは、通勤や通学の人が多く利用するラッシュ時の利用は避けたほうがよいでしょう。

ラッシュ時は電車やバスのなかが、たくさんの人で混み合うため大人でも辛いと感じますよね。ベビーカーに乗っている赤ちゃんは大人の太ももくらいの位置にいるため、混雑している場所で過ごすと体調を崩すことがあります。また、ママが自由に身動きが取れないと、赤ちゃんに何かあったときに守れないので、なるべく空いている時間に利用することをおすすめします。

ラッシュ時にどうしても利用しなくてはいけないときは、周りの人に気を配りながら慎重に行動しましょう。

まとめ

赤ちゃんとベビーカーでお出かけするときは、月齢や季節によってお出かけする時間を工夫することが大切です。お出かけに慣れるまでは無理をして遠出せず、近所の公園やスーパーなどにベビーカーで行ってみましょう。

ベビーカーでお出かけしているときは、「お花がきれいに咲いているね」「わんわんがいるよ。可愛いね」など、たくさん話しかけて赤ちゃんとコミュニケーションをとるとよいですよ。会話ができなくてもいろいろな反応をしてくれる赤ちゃんを見ると、パパやママは癒やされますよね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR