就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【宮城】観光地で楽しむこけしの絵付け体験「みやぎ蔵王こけし館」

【宮城】観光地で楽しむこけしの絵付け体験「みやぎ蔵王こけし館」

家族で楽しめる観光スポットが複数ある宮城県の蔵王町。そのスポットのひとつ「みやぎ蔵王こけし館」では、世界一の本数を誇るこけしの展示や子どもと一緒にこけしの絵付け体験をすることができます。伝統こけしの工人さんのろくろ挽きも間近で見られる、こけしがいっぱいの施設を紹介します。

自然に囲まれた蔵王町にある魅力的なスポット

ファミリーでのお出かけやデートに最適

仙台中心部から車で約1時間の位置にある大自然に囲まれた蔵王町には、観光スポットが多数あります。昔は湯刈田とも呼ばれた温泉街「遠刈田温泉」、湖面がエメラルドグリーンと神秘的な蔵王五色岳にある火山湖の「御釜」など、子どもだけでなく大人にも魅力的なスポットがあります。

他には、子ども連れに人気の約100ヘクタールある牧場「蔵王ハートランド」があり、動物とのふれあいやチーズ、アイスクリームなどの手作り体験をファミリーで楽しめます。

また宮城蔵王エリアは、みやぎ伝統こけしの系統「遠刈田こけし」や「弥治郎こけし」の工人さんを多数輩出した地域になります。

展示本数5,500本は世界一

昭和59年のオープンから伝統こけしや木で作られた木地玩具が多数展示されている「みやぎ蔵王こけし館」。胴体に重ね菊や菊の変化した模様で、頭の部分が比較的大きく赤い放射状の飾りや、おかっぱ頭が特徴の遠刈田系こけしを中心に、大小さまざまな大きさのこけしが5,500本あり世界一の展示数を誇っています。また木地玩具や当時使っていたロクロの紹介なども行っています。

他にも作業風景を間近で見られる遠刈田系こけし工人の実演コーナーや親子で参加できる絵付けの体験コーナーもあります。

入館料は大人300円、子ども(小・中学生)150円、未就学児は無料となっています。また、施設内はフラットな作りで、ベビーカーの乗り入れも可能です。

工人さんが教えるこけしの絵付け

筆を使った本格的な体験ができます!

館内では、こけしの展示とともに絵付け体験ができます。体験は予約優先ですが当日受付もしています。体験時間は9:00〜11:00の午前の部と13:00〜16:00の午後の部となっており、長期休みには団体客の予約などが入る場合があるので、事前に電話予約をしておくことがオススメです。

体験は、施設内にある工人さんの実演を近くで見られる工房にて行います。基本的な形の約18センチの六寸こけしか、蔵王町観光PRキャラクター「ざおうさま」を形どったざおうさまこけしの2種類から選べ、どちらのこけしも体験料は1本750円となっています。

絵付けは、実演コーナーでこけし作りを行っている遠刈田系のこけし工人さんが、直接レクチャーをしてくれます。木地にしみこまない筆の使い方やコツを教えてもらいながら自由に白木に絵を描いていきます。

染料は伝統こけしの工人さんと同じように黒、赤、緑を使って筆で絵を描きます。子どもが間違って舐めてしまっても安全なものを使っているので、小さな子どもでも安心して参加ができますよ。

丸みのあるこけしは、子どもだけでなく大人も四苦八苦!いきなり筆で描き始めるのが不安な方は、鉛筆で下書きをしてから始めることもできます。また、筆を使うのが難しいという場合は、色ペンも用意してあるのでそちらを使って絵を描くことも可能です。

細かい作業がまだ難しい2、3歳の子どもとの場合は、胴体を大胆に子どもに塗ってもらい、ママやパパが細かいところを描いて家族で一つのこけしを作るファミリーもいます。

伝統こけしを真似して絵付けをする人の中には、1〜2時間をかけて丁寧に行う方もいるそうですが、思い切って筆を走らせるような子どもの場合、15分から30分くらいで絵付けを完成してしまいます。絵付けが終わったら工人さんが最後の仕上げとして、染料を乾かしてくれて、ロウで仕上げを行い完成となります。

また、仕上げの時間も5分程度で終わるので、完成したこけしはその日のうちに持って帰ることができます。伝統こけしとは違った良さのある世界に一つだけのオリジナルこけしは、旅行の思い出の品として作っていく方も多くいます。

絵付け体験をした方には、こけしの製作過程で出た木材を自由に持って帰ることができます。大小様々な形の木があり、おうちで色付けや加工をして積み木として遊ぶこともできるので子どもと一緒にお家でも木のおもちゃを作ってみてはいかがでしょうか。

子どもと楽しめる木地玩具やイベントも

こけしの絵付け体験以外にも子どもと楽しめるポイントがあります。輪投げやけん玉、大きなこまなどの木地玩具があり、今ではなかなか遊ぶ機会が少なくなった玩具を子どもと一緒に遊ぶこともできます。他にも館の入り口に設置してある、こけしとざおうさまの顔出しパネルでは、ファミリーやカップルなどが記念撮影をして楽しんでいます。

毎年9月には、全国伝統こけしろくろまつりが開催されており全国11系統のこけしの特別展示や即売会が行われます。工人さんによるろくろ挽きの実演やこけしの絵付け体験の他に、普段は体験できないろくろ回しに挑戦ができる年に一度のこけしのお祭りが同施設にて行われます。

また、同日は木や布を使った作家が集まる蔵王高原クラフトフェアも同時開催。キャンドル作りや木工体験などのワークショップやキッズが楽しめるコーナーなども用意され、親子で楽しめるイベントとなっています。

今年の全国伝統こけしろくろまつり×蔵王高原クラフトフェア情報は公式ホームページにて公開予定です。

みやぎ蔵王こけし館(みやぎざおうこけしかん)

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山36-135

0224-34-2385

9:00〜17:00(最終入館16:30、12月29日〜1月3日は最終入館15:00)

無休

3歳以上

大人300円、子ども150円(小・中学生)、未就学児0円

http://kokeshizao.com/

ベビーカー入場可、駐車場、バリアフリー設備あり(1F)

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

羽根田 圭司

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント