就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【自由ヶ丘】子ども服やおもちゃ屋が多い街で買い物散歩

【自由ヶ丘】子ども服やおもちゃ屋が多い街で買い物散歩

住みたい街ランキングで常に上位に君臨する自由ヶ丘。今回テニテオスタッフが散歩をしてみたら、そこには多くの子ども用品店がありました。スイーツの街ではなく、子ども用品の街になってしまったのかと思うほど。今回はそんな自由ヶ丘で買い物や食事を楽しむ散歩コースをご紹介します。

子ども服やおもちゃ屋さんが多い自由ヶ丘

自由ヶ丘は子どもとのお散歩にぴったり

おしゃれでスイーツの美味しい街というイメージが強い自由ヶ丘エリア。実は子ども服やおもちゃ屋さんなど子ども用品を扱うお店がたくさんあるんですよ。

今回はそんな自由ヶ丘エリアを散歩したいと思います。お買い物をして美味しいものを食べて充実した1日にしましょう。

マリ・クレール通りを使うか緑道を使うか

南口には二つのお散歩道が

今回は自由ヶ丘駅の南口からスタートします。

南口にはお散歩にぴったりな道が二つあるんですよ。一つ目は出口目の前のマリ・クレールストリート。こちらは雑貨屋さんや食事のできるお店がたくさん並んでいます。雑貨などのお買い物をメインにしたい方はこちらの道を使うのがオススメです。

マリ・クレールストリートを一本挟んだところにあるのが九品仏緑道。こちらは並木道になっていて、たくさんのベンチが並べられています。

ベンチで休みながらゆったりと散歩

今回は九品仏緑道を使って、ゆっくりと自然を楽しみながら散歩をしたいと思います。

この日は残念ながら雨だったのですが、晴れていたら木陰で休めてとても気持ちいいですよ。散歩中の休憩や、お店で買ってきたものを食べるのにも最適です。

キッズスペース付きのおもちゃ屋さんへ行こう

このまま道を抜けて、早速買い物にいきたいと思います。今回行くのは「おもちゃと雑貨のお店 little tree」というお店。

緑道を抜けたら左へ曲がりそのまままっすぐ5分ほど歩くと上の方に案内の看板が見えてきます。見逃さないように注意してくださいね。右へ入り細い道を進んでください。のぼりとシャボン玉が目印です。

子どもの創造力を伸ばすおもちゃ

今回お邪魔したlittle treeは”子どもたちが遊びを通して創造力を伸ばす”ことができるおもちゃが取り揃えられています。木でできたおもちゃが多く、子どもが自分の手を使って遊ぶことで脳が活性化されるんだとか!

上の写真は「毛糸のコケ玉」これは毛糸と植物でできたものなんですが、お世話が簡単なので子どもが初めて何かを育てるのにはおすすめなんです。十日に一度お水をあげればOK。こんな珍しいものも売っているんですね!

子どもの遊び場リトルラボ

地下には子どもの遊び場があります。ここでは、1階で販売されているほとんどのおもちゃで遊ぶ事ができるんですよ。買う前に実際に使ってみることで、子どもが本当に気に入ったおもちゃを買うことができます。

子どもが壁に落書きできるところもありました。お家ではダメだけどここだったらOKです!

授乳室・おむつ・ミルク用品すべて完備

このお店の嬉しいところは授乳室やおむつシートが完備されているのはもちろん、おむつやミルク用の水やお湯が無料なんです。必要になったときは、スタッフさんに声をかけてくださいね。

おもちゃと雑貨のお店 little tree(おもちゃとざっかのおみせ リトルツリー)

東京都目黒区自由が丘1-3-22 自由が丘アッシュ103

03-6421-1302

11:00〜18:00

月曜日

0歳~

https://www.little-b-company.co.jp/

おむつ交換台、授乳室有り

ピーターラビットのいるカフェに行こう

さあ、買い物が済んだらそろそろお腹もすいてくる頃。ご飯はこのまま近くにあるカフェへ行きたいと思います。

「little tree」を出たらすぐ近くの線路を超えて熊野神社の方へ進みます。

熊野神社の目の前、レンガ風の道を入るとお目当のお店があります。

緑がたくさん、まるで絵本の世界

今回お昼ご飯に選んだのは「ピーターラビット™ガーデンカフェ自由が丘」。周りがたくさんの緑に囲まれていいて、まるで絵本の世界に迷い込んでしまったよう。中に入るとピーターラビットがお出迎えしてくれます。

絵本の世界を味わえるメニュー

ピーターラビット™ガーデンカフェは、オムライスで有名な「ラケル」が手がけるカフェレストラン。『ピーターラビットのおはなし』シリーズの世界観と英国の雰囲気を楽しめるお店になっています。

メニューは絵本に出てくるキャラクターや食材を使い、見た目もとってもかわいいです。お店の素敵な雰囲気と美味しいご飯に子どもも喜ぶこと間違いなし!

上の写真は今回注文した「リビーのコテージパイ」。ひき肉とマッシュポテトでできたイギリス伝統の家庭料理です。猫のリビーというキャラクターが上にあしらわれています。つぶらな瞳がかわいいですね。食べるのがもったいないくらいです。

写真奥にあるのは「ピーターラビットのラケルパン」。バター入りスプレッドがたっぷりのふかふかパンです。

お子様メニューもありますよ。オムライスにはピータラビットのケーキがついてきました。

お店の看板メニューでもあるオムライスは、身体にやさしい国産卵を使用ています。また、野菜や果物も全国の農家で作られた新鮮なものを厳選して使っているんです。子どもにも安心して食べさせられますね。

ピーターラビット™ガーデンカフェ自由が丘(ピーターラビットカフェじゆうがおか)

東京都目黒区自由が丘1-25-20自由が丘MYU 1F

03-3725-4118

11:00~21:00(LO 20:00)

無休

0歳~

メニューによる

http://www.peterrabbit-japan.com/cafe/

ベビーカー入場可

まとめ

自由ヶ丘はおしゃれな街というイメージがあったのですが、実際に歩いてみると親しみやすい雰囲気がありとても魅力的な街でした。

今回のお散歩コースは駅から10分と離れていないので、子どもが歩くのにもちょうどいいと思います。子連れに親切な街なので、きっと素敵なお散歩時間になりますよ。

皆さんもぜひ、美味しいご飯と買い物で充実した散歩を楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

金子 寧々

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018