就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】ゴーカートに乗れて一日遊べる「刈谷市交通児童遊園」

【愛知】ゴーカートに乗れて一日遊べる「刈谷市交通児童遊園」

愛知県でゴーカートに乗れるスポットを探していると、まずヒットしたのがここ「刈谷市交通児童遊園」。三河エリアにお住まいの方ならご存知の方も多いかもしれませんね。園内にはゴーカートをはじめキッズコースターなどがあり、さながら遊園地のよう。入園無料で楽しめる三河の穴場スポットへ、いざ、レッツゴー!

普段使いできる「遊園地」はママの強い味方

ワンコインでたっぷり遊べる!

園内に入るとまず出迎えてくれるのが「キッズコースター」。子どもなら開口一番、「のりたい!」ってなりますね。1人1回50円で、一人で乗る場合は5歳以上、それ以下は大人の付き添いが必要です。

さらに奥に進むと、大型の乗り物や、メリーゴーランドまで、充実ぶりがうかがえます。その数なんと10種類以上!しかもパターゴルフ以外は1人1回50円という良心的な料金設定。これは嬉しい!

たくさん乗りたい時は、回数利用券がお得。園内のチケット売り場にて、11枚綴り500円で購入できます。ワンコインでたっぷり遊べるなんて、子どもはもちろん、ママの懐にも嬉しい!

ベンチや木陰もたくさんあります

いくら乗り物がたくさんあっても休憩できるスペースがなければ、暑い日は大変。どちらかというと、ママにとってはそこが重要なポイントですよね。そのあたりはどうなのでしょうか。

園内を見渡すと、ベンチや木陰が幾つか確認できました。ベンチは随所に設置され、場所によっては日差しが入るところに簡易テントを設けられていました。これからの季節、こうした配慮は嬉しい!

メリーゴーランド付近には自動販売機のある東屋もあります。たっぷり遊んだ後は、こうした場所で休憩しましょう。アイスクリームの自動販売機もあるので、特に暑い日は重宝しそうです。

身体を動かして遊べる場所も!

格安で遊べる有料遊具も魅力ですが、園内には身体を存分に使って遊べる場所もあります。3歳の娘を持つ筆者のオススメは「人口芝生滑り台」です。

一般的な滑り台よりも大きくてダイナミックに遊べますし、お友達同士楽しく滑ることもできます。動きが活発になり始める3歳児にはぴったりでしょうね。

滑り台の着地場所も人口芝が敷かれているので、ケガの心配も少ないです。大きな木の下にあり、ちょうど木陰ができるので、日差しもそこまで気にならない。乗り物に飽きたらここですね。

レトロな電車を横目に、疾走感が味わえるゴーカート

ゴーカートと遂にご対面

さてさて、いよいよ今回の企画テーマであるゴーカートとのご対面。乗り物エリアから少し離れ、歩道橋を渡った先に見えてくるのがゴーカートのあるエリアです。

ここのゴーカートは、1人1回50円(3歳未満は無料)で乗ることができます。本来、大人1人で乗ることはできませんが、今回特別に1人で乗せていただくことに。

向かって左側が実際に操作できるハンドル。向かって右側は操作性のない模造ハンドル。小学生以下は保護者の同伴が必要となっていて、左側の席で実際に運転できるのは小学3年生以上です。

いよいよ、緊張のスタート

シートベルトをしっかり締めて、いよいよスタートです。アクセルをゆっくりと踏むと、徐々に前へ。ゴーカートに乗るなんて何年ぶりだろう?確か幼い頃、母と二人で地元の遊園地に行った時以来だと思う。あの時もこんな感じだったのだろうか?

そんなウン十年前の記憶がうっすらと蘇る中、最初のカーブへと差し掛かる。さほど難しさを感じることなく、難なく曲がると、今度は長い直線。実はすぐ隣は一般道路。この非日常的な感じも大人にはたまりませんね。ここで一気にスピードを上げていきます!

次のカーブを曲がると、見えてきたのは園内に展示されたレトロな電車。電車好きにはたまらない光景ですね。ここを過ぎるとカーブがあって、少しハンドルテクニックが必要。これぞゴーカートの醍醐味!

ほどなくしてゴール!気持ち良かった〜!

楽しくて何度でも乗りたくなる!

ウン十年前に母と乗った頃の記憶を思い出し、ノスタルジックな感傷に浸りつつ、気づくとその魅力にどっぷりハマってしまいました。ふと、もっとテクニックを磨きたい衝動に駆られました。

それはさておき、ゴーカートの感想ですが、距離はさほど長くないのですが、直線あり、左右のカーブありと随所に楽しめるポイントがあって、なかなかよいです。

車幅より少し広い程度の道幅なので、走行中は大きくコースアウトすることもないですし、他の車両とも接触しないので何より運転に集中できます。3歳以下の子どもと一緒でも安心して乗れるでしょうね。気持ち良かった〜!

カメラを向けると、ピ〜ス!お兄ちゃん、楽しそう!!

赤ちゃん連れがゆっくりできるエリアもあり!

おむつ替えもしっかり完備!

乗り物メインのスポットと聞くと「赤ちゃんと一緒だと楽しめないかも…」と心配になりますが、とんでもない!赤ちゃん連れで、のんびり過ごせるエリアもありますよ。

ゴーカートのあるエリアなのですが、ここには大きな屋根付きの人口芝生スペースがあって、晴れた日は気軽にピクニックを楽しめちゃいます。エリア内にはおむつ替えできる多目的トイレもありますよ。

屋根付きのスペース以外にもベンチや木陰がたくさんあるので、のんびり過ごすことができます。自動販売機も近くにあるため、暑い日も安心!

噴水の出る水遊び場も完備!

さらにこのエリアには、これからの季節、目玉となる噴水の出る水遊び場「じゃぶじゃぶ池」があります。時間の経過ごとに噴水の噴射の仕方が変わるので、子どもも楽しい!

取材時は4月中旬ということで、さすがに誰も遊んでいなかったのですが、暑い日などは多くの水遊びをする子どもたちで賑わいそう。

そんな「じゃぶじゃぶ池」のすぐ近くに屋根付きスペースがあるため、ここを拠点にしながらのんびり過ごすことができますよ。

お兄ちゃんやお姉ちゃんも遊べる!

ここには、大きなふわふわ遊具があって、身体をたくさん動かすことができます。ふわふわ遊具って、どこに行っても子どもたちに大人気ですよね。

そして、そんな遊ぶ子どもたちを見守るように展示されているのが「D51」と「名古屋市電」です。近くで間近に見ることができるので、乗り物好きの子は大興奮でしょうね。市電は実際に乗ることもできますよ。

上の子も下もしっかり遊べるエリアなので、兄弟のいるご家庭には特にもおすすめです。動物モチーフの幼児向け遊具も表情がなんとも可愛らしい。思わず写真を撮っちゃいました。

まとめ

ゴーカートと聞くと小学生をイメージしていて、未就学の子は難しいかな、なんて思っていたのですが、とんだ思い違いでした。大人と一緒なら安全ですし、そんなに怖くない!これなら幼児でも安心して乗せることができそうです。ゴーカートをはじめ、ここにはいろんな乗り物があるので、ぜひチャレンジしてみてください。

刈谷市交通児童遊園(かりやしこうつうじどうゆうえん)

愛知県刈谷市神田町3-47-1

0566-22-9371

9:00~16:30(一部施設により異なる)

水(祝日の場合は翌平日)、年末年始

0~6歳

無料

https://www.city.kariya.lg.jp/smph/shisetsu/bunkashiminkouryu/kotsujidoyuen/index.html

【備考】ベビーカー入園可、おむつ交換有、授乳室有、弁当持込有、自動販売機有

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

久保田 拓磨

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018