就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】地元に生きる魚とかわいい動物に会える「ぎょぎょランド」

【愛知】地元に生きる魚とかわいい動物に会える「ぎょぎょランド」

「ぎょぎょランド」のゲートをくぐって最初に出会う生き物はアメリカザリガニです。ここは「ふれあいの池」と名付けられ、アメリカザリガニを触ることができます。想像通りハサミで挟まれる可能性が高いので、子どもが挟まれないように気をつけてください。

ここからが「ぎょぎょランド」の見どころです!
曲線を描きながら豊川(とよがわ)の下流から上流へと上っていくように、繋がっている巨大な水槽は迫力があってすごいの一言。入口付近の下流に展示されているのは大きなコイやフナなどおなじみの魚ですが、川を上っていくのが楽しくなる構造に心が躍ります!

途中には色んな種類のカメが甲羅干しをしている水槽や、珍しい色のウナギが身を潜める水槽などもあります。

なお、巨大な水槽が続く展示エリアはゆるやかな傾斜になっていますので、ベビーカーに子どもを乗せて進むには少し力が必要です。

家庭でもなじみ深い魚に出会う中流域

長い通路を折り返した付近からは中流から上流に棲む魚が泳いでいます。

この辺りにはニジマスやアユなど、馴染みのある魚がいっぱい。水質のきれいな川にしか生息できないアマゴやイワナもいて、東三河一帯に広がる豊川の水質の良さを実感しました。

2カ所のアクアギャラリーもチェック!

珍しい生き物も見ることができる

展示されている水槽は馴染みの生き物が多い豊川をモチーフにした巨大水槽だけではありません。途中には小さな水槽に珍しい生き物を展示したアクアギャラリーがあり、こちらでは珍しい生き物や、テーマに沿った展示がされています。

コースの最後にあるアクアギャラリーⅡでは、生物多様性をテーマに爬虫類や両生類、水棲の昆虫などを展示しており、東三河に生息するヘビやカエルやイモリのほか、世界初展示のミカワサンショウウオの姿もありました。

52 件

関連記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND