就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】流れのないせせらぎと噴水で遊べる「野方三ツ池公園」

【愛知】流れのないせせらぎと噴水で遊べる「野方三ツ池公園」

日進市の水遊びスポットとして欠かせないのがこちらの「野方三ツ池公園」です。水遊びができる公園は、それはそれで嬉しいのですが、クールダウンできる屋内施設もあると嬉しいなというのがママの本音ではないでしょうか。そう、この公園内には屋内で休憩できる施設も完備されています。

せせらぎと噴水で思いっきり遊べる!

子どもの足首くらいの深さだから安心

今回ご紹介する「野方三ツ池公園」には、「水の館」と呼ばれる噴水があり、公園西側の入口から噴水に向かってせせらぎが続いています。深さは子どもの足首くらいなので、安心して遊ぶことができますよ。

この日は晴れていて気温の高かったため、午前中から多くの親子連れで賑わっていました。

公園のシンボル的存在の「水の館」

せせらぎの先にあるのがこちらの「水の館」と呼ばれる噴水です。噴水の周りはじゃぶじゃぶ池になっていて、流れもなく落ち着いて遊ぶことができます。ここも子どもの足首くらいの深さです。

この噴水の醍醐味が流れるシャワー。取材時には、このシャワーに向かってたくさんの子どもたちがはしゃいでいました。

また噴水を取り囲むよう地面にはこうした穴があって、ここから噴水が出る仕組みになっています。

9:30から16:30まで1時間おきに飛び出します。1回あたり20分程だそうです。

ちなみに水遊びはおむつを着用した子は利用することができないのでご注意を。必ず水遊び用のパンツを着用しましょう。

屋内施設の「交流館」も注目ポイントです

子どもが靴を脱いで遊べます

冒頭でも触れたように、同園の魅力は屋内施設があるということです。それがこの「交流館」。ここには0~3歳まで遊べる「子育ててひろば」と、 有料で集会をするスペースがあります(月曜日は休館)。中に入るとすぐにモリゾーが出迎えてくれます。

「子育てひろば」は大きなクッション素材の積み木があって、靴を脱いで遊ぶことができます。周囲には見守り用のベンチがあるので、子どもが遊ぶ様子を見守ることもできますよ。

集会スペースは集会の予約が入ってなければ、そこでお弁当を食べることもできますよ。食事をした後に出たゴミは持ち帰りになります。ジュースの自動販売機とトイレ(多目的トイレにおむつ交換台有)もあります。水遊びをした子は身体をちゃんと拭いて利用するようにしましょう。

ちなみにこちらの施設は空調が効いているので涼しく快適に過ごすことができます。遊び疲れたら、ここでクールダウンしてみてはいかがでしょうか。

集会施設部分は約8m四方のホールとなっていて、園芸を始めとする様々な講習会や子ども会のイベントなど、幅広く利用できるそう(有料)。市内、市外の方を問わず利用できるそうなので、気になる方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

遊具も充実していてたっぷり遊べる!

身体をたくさん動かしたい子にぴったり

公園の魅力は水場や屋内施設だけではありません。公園と言えば忘れてはいけないのが遊具です。交流館の前には、こんな立派な複合遊具があります。らせん状のすべり台、小さいすべり台、ローラーすべり台といった3つのすべり台や、ゆらゆら橋、トンネルなどがあり、子どもたちでかなり賑わう複合遊具です。

すべり台はローラータイプになっています。気温の高い日はローラー部分が熱くなっている可能性があるので、十分気をつけて利用しましょう。

すべり台はもうひとつあって(すみません、写真を撮り忘れてしまいました)、着地部分一帯が大きな砂場になっています。小さなテーブルが2つ。ごっこ遊びなども楽しめそうです。

なお公園内には東屋や木陰がありますが、さほど多くはありません。日除け対策を十分行って遊びに行きましょう。

「野方三ツ池公園」へのアクセス方法は?

「野方三ツ池公園」は、名鉄「日進駅」から車で約10分の場所に位置しています。県道221号線から57号線、58号線へと移動し、 しばらく走ると、「マスプロ電工」と書かれた大きな工場が見えてくるので、そのすぐ横の細い道に入ったところにあります。

駐車場は東側と西側で36台程停めることができます。遊具に近い西側の駐車場は競争率が高めとなっているようです。

まとめ

公園北側には三ツ池があり、自然に囲まれた「野方三ツ池公園」。たくさんの遊具に室内施設があり、なおかつ水遊びもできるのがうれしい。

水場はせせらぎと噴水という2つのエリアがあるので、子どもの興味に合わせて遊ばせましょう。筆者のおすすめはやはり噴水。1時間おきに下から飛び出る噴水に子どもは興奮して夢中になって遊んでしまうのではと思います。

そして、水場に飽きたら交流館でクールダウン。空調も効いているので快適に過ごすことができます。ここでは飲食もできるので、お弁当を持参して食べるのもいいですね。

こんな風に夏のお出かけにぴったりの「野方三ツ池公園」なので、ぜひ、一度足を運んでみて頂きたいと思います!

野方三ツ池公園(のかたみついけこうえん)

愛知県日進市折戸町定納189-1

0561・73・3297(都市計画課公園緑地係)

交流館は月・年末年始・祝日の場合は翌平日

9:00〜17:00

0~6歳

無料

http://www.city.nisshin.lg.jp/shisetsu/koen/nokatamituikekouenn.html

ベビーカー入園可、おむつ交換、弁当持込可、自動販売機

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

久保田 拓磨

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018