就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】気分はまるでF1レーサー?ゴーカートに乗れるスポット5選

【愛知】気分はまるでF1レーサー?ゴーカートに乗れるスポット5選

ゴーカートといえば、幼い頃、誰もが一度は乗ったことがあるのではないでしょうか。乗り物が大好きだった僕もそうでした。遊園地へ行けば、親にねだり必ずと言っていいほど乗っていましたね。あれから数十年が経ち、今では普通に車を運転していますが、ゴーカートは今でも憧れの存在。まるでF1レーサーにでもなったかのような臨場感は大人も子どももクセになりますよ!

まるで遊園地!遊具がたくさんある大規模施設が盛りだくさん!

1.愛知こどもの国・西尾市

愛知県西尾市東幡豆町にある県立の児童遊園地。愛知県政100周年を記念して、「子どもと自然との対話、子どもと子どもとの対話、子どもと親との対話」をテーマに1974年に完成しました。

園内は管理棟のある「中央広場」をはさみ、東側の「あさひが丘」と西側の「ゆうひが丘」に分かれていて、ワークショップやキャンプなど、自然を生かした様々なアクティビティを始め、蒸気機関車やゴーカート・ミニカーに乗れるなど、乗り物も充実しています。

ゴーカートは園内西側のゆうひが丘にあります。自然豊かな園内にあるので、ゴーカートに乗りながら自然を感じることができます。森の中を駆け抜ける爽快感はクセになりますよ。

ゴーカートの利用料金は、1台につき1回200円。小学2年生以下は保護者の同乗が条件です。1周約500mなので、だいたい3分ほどでしょうか。めまぐるしく景観が変わるので、感覚的にはあっという間。子どもはもちろん、大人も十分楽しめますよ。

愛知こどもの国(あいちこどものくに)

愛知県西尾市東幡豆町南越田3

0563-62-4151

9:00〜17:00

無休

https://www.kodomo-aichi.jp

2. とだがわこどもランド・名古屋市

子どもたちが日常生活のなかでふれる機会が少なくなった水、緑、土、そんな自然を太陽のもとで感じ、のびのびと遊ぶために、名古屋市唯一の大型児童センターとして誕生した「とだがわこどもランド」。

屋外施設の充実ぶりが特徴的で、木製大型遊具と屋内プレイハウスがあり、その数なんと60種類以上の遊具で遊べます。遊具エリアでは夏場は人口の小川が流れ、水遊びも楽しめますよ。

ゴーカートは、一般的な電動タイプではなく「足踏み式タイプ」です。基本的に1人乗りなので、0〜2歳くらいの子は難しいかもしれません。

身長115cm以上の子を対象とした大きめのゴーカートと、身長100cm以上の子を対象とした小さめのゴーカートがあり、それぞれ8台ずつあります。1回10分50円となっていて上手な子だと10周くらい回るそう。電動タイプと違って体力を使うので、子どもにとってはとてもいい運動になりますよ。

とだがわこどもランド(とだがわこどもらんど)

愛知県名古屋市港区春田野1-3616

052-304-1500

9:00〜18:00(4/1〜9/30)、9:00〜17:00(10/1〜3/31)

月(祝日の場合は翌平日)、12/29〜1/3

http://www.todagawa.jp

3. 刈谷市交通児童遊園・刈谷市

園内にはゴーカートをはじめキッズコースターなどがあり、さながら遊園地のよう。キッズコースターやメリーゴーランド、観覧車などもあります。入場無料、乗り物は1回50円と、まさに三河の穴場スポットと言えます。

園内にはベンチや木陰が設置されていて、場所によっては日差しが入るところには簡易テントを設けられています。夏場はこうした配慮、嬉しいですよね。

ゴーカートは、1人1回50円(3歳未満は無料)で乗ることができます。小学生以下は保護者の同伴が必要で、運転できるのは小学3年生以上。操作性のない模造ハンドルが付いていて、未就学児でも運転気分を味わうことができますよ。

コースは、直線あり、左右のカーブありと随所に楽しめるポイントがあります。車幅より少し広い程度の道幅なので、走行中は大きくコースアウトすることもないですし、他の車両とも接触しないので何より運転に集中できますよ。

刈谷市交通児童遊園(かりやしこうつうじどうゆうえん)

愛知県刈谷市神田町3-47-1

0566-22-9371

9:00~16:30(一部施設により異なる)

水(祝日の場合は翌平日)、年末年始

yuuen@toshikyo.jp

4.豊田市交通安全学習センター・豊田市

安全と交通について体験しながら学べる「豊田市交通安全学習センター」。屋外は「市街地ゾーン」「広場ゾーン」「遊園ゾーン」の3つに分かれています。

「市街地ゾーン」は一般の市街地を模擬し、信号機や模擬コンビニ、住宅棟などが設けられていて、家族で楽しく交通ルールを学ぶことができます。「広場ゾーン」は乗り物をモチーフにした様々な遊具で遊べます。

「遊園ゾーン」には、ミニSLやおもしろ自転車、のんびり自転車に乗ることができます。ミニSLは1人50円(3歳以下は無料)、自転車は無料で乗れますよ。

ゴーカートは2人乗りで1台1周50円。運転は小学4年生、身長130cm以上が条件となっています。操作性のないハンドルがついていて、未就学児でも運転気分を味わえます。

コースの至るところにタイヤをクッションにした防御が付いていて、カート自体にバンパーが付いているから、コースに接触しても驚くほど衝撃が少ないので、安心して乗ることができますよ。

豊田市交通安全学習センター(とよたしこうつうあんぜんがくしゅうせんたー)

愛知県豊田市池田町小山田494-24

0565-88-5055

9:00〜17:00

http://www.kotsuanzen.jp/index.html

5.碧南市明石公園・碧南市

「碧南市明石公園」では、様々な乗り物に乗ることができます。観覧車をはじめメリーゴーランド、飛行機型の大型電動遊具、メロディペットやバッテリーカー。その数実に10種類以上!

これら全て1人100円で乗ることができます。3歳以下は無料(バッテリーカー・メロディペット・パターゴルフは除く)となっているので、1,000円あれば1日たっぷり遊べますよ。

ゴーカートは赤、青、黄色に加え、かっこいいツートンカラーも!子ども受け良さそうなビジュアルが揃っています。

コースは園をぐるりと一周できるようになっているので、運がよければ公園の名物「おとぎ列車 あかしのポッポちゃん」のすぐ下を走行できます。

料金は、2人乗り・1人乗りどちらも1人1周100円(3歳以下は無料)ですが、2人乗りは小学3年生以上及び保護者が同乗する小学2年生以下、1人乗りは小学3年生と、単独で乗れる条件が異なるのでご注意を。

碧南市明石公園(へきなんしあかしこうえん)

愛知県碧南市明石町6-11

0566-48-1722

9:00〜17:00(3〜10月)、9:00〜16:00(11〜2月)

月(祝日の場合は翌平日)

http://www.city.hekinan.aichi.jp/akashipark/index.html

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

久保田 拓磨

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018