就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【名古屋】東山動植物園内にあるボート乗り場「東山ボート」

【名古屋】東山動植物園内にあるボート乗り場「東山ボート」

「東山動植物園」には遊びに行ったことはあるけど、ボートには乗ったことがないという方は結構おられるのではないでしょうか。実は僕もその一人。ボートの存在は知っていましたが、独身時代はなかなか乗る機会に恵まれず。結婚後、子どもができて同スポットを訪れたのは確か真冬で、ボートの営業期間外でした。時は流れ、ついにその全貌を知る時がやってきました。まさかこんな形で体験できるとは思いませんでしたが…

東山動植物園ってどんなところ?

東海エリアを代表する人気の動植物園

東山動植物園は、東海エリアを代表する人気の動植物園です。この地域にお住まいの方なら一度は訪れことがあるのではないでしょうか。

コアラやキリンなどの人気の動物のほか、大きなゾウから小さなメダカまで約500種類の動物たちに出会うことができます。

正門から入るとまず迎えてくれる「アジアゾウ」。こちらのアジアゾウ舎はなんと日本最大級!

のんびり食事をする「インドサイ」

つぶらな瞳が可愛い「アクシスジカ」

アートを感じさせる一角。遊びに行った時に見つけてみてね!

「アミメキリン」をとりあえず指に乗せてみる

東山動植物園へのアクセス方法は?

東山動植物園へのアクセス方法ですが、車の場合は、東名高速「名古屋IC」より県道60号線を西へ約15分です。名古屋高速を利用する場合は「四谷」出口より一般道を東へ約10分。

公共交通機関の場合は、地下鉄東山線「東山公園駅」3番出口より徒歩3分、もしくは地下鉄東山線「星ヶ丘駅」6番出口より徒歩7分です。植物園に行く場合は「星ヶ丘駅」が便利です。

なお専用駐車場は1,600台完備されていますが、春まつり、秋まつり期間中の土日祝などは、周辺駐車場が午前中の早い時間に満車になるため注意が必要です。

ホームページにて駐車場の空き情報がリアルタイムで閲覧できるので、気になる方は事前にチェックしてみてください。

動物たちを堪能したらボートに乗ろう!

ボート乗り場はどこにある?

今回取材させていただく「東山ボート」は、東山動植物園内にあります。正門からまっすぐ進み、フードコートを通り過ぎた先にあります。

最も近い駐車場は「上池駐車場」になります。ここに停めて東へ進み、植物園門から入るルートが最も近くて便利です。

当然ですが、ボートを利用するには東山動植物園の入園料(大人1人500円、中学生以下無料)を払う必要があります。
79 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版