就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】海賊ごっこが楽しめる「安城市総合運動公園・タコ公園」

【愛知】海賊ごっこが楽しめる「安城市総合運動公園・タコ公園」

今回は、安城市総合運動公園の中にある、通称「タコ公園」を紹介します。こちらの公園には、海をモチーフにした遊具が揃っており、海賊ごっこができる帆船や海の生き物の遊具などで遊ぶことができます。小さな子のいる家族に人気の楽しい公園です。

モチーフ遊具が豊富な人気の公園

いったいどんな公園なの?

「安城市総合運動公園」は、名鉄西尾線の線路を挟んだ東西に広がる公園で、体育館やスポーツセンター、グラウンドなどのスポーツに関わる様々な施設を備えています。
海賊船の遊具があるのは、公園の西端に位置する遊具のある広場、通称「タコ公園」と呼ばれている公園です。道を挟んだ向かい側に総合公園の駐車場があり、自動車でも利用がしやすくなっています。

公園の西側にある「タコ公園」へ行こう!

この公園がなぜ「タコ公園」と呼ばれているのかというと、理由はこれ!

公園の真ん中に設置された、ハチマキをした大きなタコの遊具です。
タコの足が滑り台やトンネルになっていて、滑り台はコンクリートが固められており、小さい子も滑りやすいタイプ。

足の形によって、短い台、急な滑り台、長い滑り台といろんなタイプの滑り台が一つにまとまっており、何回滑っても楽しめると小さな子どもたちに大人気!

多少塗装が剥げているところもありますが、綺麗に整備されているので、安全に利用ができます。

タコの遊具以外にも発見!

同じ広場内には、あと2つのモチーフ遊具があります。

1つ目は、ドクロマークの付いた帆がかかった、大きな海賊船をモチーフにした複合遊具。

半分地面に埋もれていて、沈没船のような姿をしているこの遊具。ネットや滑り台などが付いており、アスレチック要素が多く含まれています。

難易度は高くなく、全体的に優しい作りになっているので、小さい子どもでもしっかり楽しむことができますよ。

海賊船には欠かせないドクロがついたマストも海賊気分を盛り上げてくれること間違いなし!

船首の部分に上がってみると、遠くを見ることができる望遠鏡が設置されています。

実際に覗くことができるので、船の行先が安全かどうかチェックするなど、海賊気分を味わうこともできますよ!

望遠鏡を覗いた先には一体何が見えるのか?ぜひ、のぞいてみてね。

隣には、海賊の顔をしたブランコも設置されており、より気分を味わうことができます。
そして、タコの遊具の向こう側には大きなクジラの遊具があります。

口の中が大きな滑り台になっていて、緩やかな傾斜ということもあり、ゆったりしたスピードで滑ることができます。
胴体の部分がデコボコした床になっていたり、尻尾側にはトンネルや見晴し台もついていたりします。階段には手すりがついており、遊具自体の高さもあまりないため、小さな子どもが一人で遊べるような遊具です。
これらの遊具の他にも、小さい子に人気の砂場や動物のオブジェも設置されていたりして、楽しい雰囲気の中で遊ぶことができます。

タコ公園の奥にも遊具のある広場があり、こちらには海とは関係ないものの、ちょっとしたごっこ遊びができる遊具があります。

電車モチーフの遊具、ロング滑り台も!

クジラの遊具から道なりに公園の奥へと進んでいくと、健康遊具のある広場に到着します。ここには、電車好きの子にオススメの汽車の遊具があります。

真っ赤な車体の電車には、ハンドルのある運転席と座席がついている車両があり、運転席ではハンドルをくるくる回しながら、車掌さんごっこが楽しめます。

後ろの車両にはパパやママが座って乗ることもできます。ぜひ、子どもを運転手にして、お客さん役として、一緒に楽しんでみてね!

階段の段差を利用したロング滑り台もあります。こちらはローラー式の距離の長いタイプの滑り台で、小さい子なら大人が後ろについて滑るようにすると安心です。

土・日・祝日は混雑状況もチェックして!

土・日・祝日の場合、スポーツイベントなどが開催していることもあり、駐車場をはじめ、公園が混雑しているケースもあります。

駐車場が広く利用しやすいこともあって、多くの親子が利用しているタコ公園。平日の午前中であれば、比較的混雑も少なく過ごすことができるようです。

公園内には、ちょっとした木陰をはじめ、休憩できるベンチも多く設置されており、お弁当を持ちこむなどピクニック気分で、ゆっくり過ごすことができます。

タコ公園内にトイレが設置されているほか、隣接している中部公民館内に「中部児童センター」が併設されているため、屋内の遊び場としても利用することもできます。開館日が決まっているので、利用を検討している場合は事前にHPをチェックしていきましょう。休館日は月。館内ではおむつ交換や授乳も可能です。

いろんな施設が楽しめる公園

蒸気機関車の展示なども楽しめる!

タコ公園の奥、中部公民館の裏手には、C1269号蒸気機関車の実物展示がされています。

フェンスに囲まれていますが、団体のみ事前に公民館事務所に申し込めば、中に入っての見学も可能です。電車の遊具で遊ぶのとあわせて、本物の蒸気機関車を見て楽しむのもおすすめです。

公園の東側の広場にも遊具あり

モチーフ遊具はありませんが、公園の東側にも大きなネット遊具やターザンロープなどの少し年齢層が大きめの子ども向けの遊具広場があります。

上の子がいる時は、公園の東側にも足を運んでみてもいいですね。地下通路で行き来ができるようになっています。

安城市総合運動公園・タコ公園(あんじょうしそうごううんどうこうえん・たここうえん)

愛知県安城市新田町池田上1

0566-71-2244 (公園緑地課)

24時間(公園)※施設により異なる

無休

0〜6歳

無料

https://www.city.anjo.aichi.jp/tanoshimu/koen/sougou.html

ベビーカー入場可、おむつ交換台あり、弁当持込可

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

南 朝子

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018