就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【大阪】いろんな昆虫たちと出会える!「箕面公園昆虫館」

【大阪】いろんな昆虫たちと出会える!「箕面公園昆虫館」

近年、自然が失われつつあり、昆虫に苦手意識を持つ子どもが増加しているそうです。ですが、子どもが最も自然を身近に感じられるのが昆虫だと言われています。そこで今回は、自然に囲まれ子どもが興味を持って昆虫と触れ合える「箕面公園昆虫館」に取材に行ってきました!

子どもたちも興味深々になる「箕面公園昆虫館」

昆虫たちも過ごしやすい環境

平日もたくさんの観光客で賑わう箕面公園の一角に「箕面公園昆虫館」はあります。かつて箕面の森は「日本三大昆虫宝庫」と言われ、多くの研究者が調査を行う場所だったそうです。現在も緑豊かで空気の綺麗な空間が広がり、自然で生きる昆虫たちにとっても生きていく上で最適の環境です。

日本には約3万種、世界には約100万種もの昆虫が生息しています。この数字を見ると、私たちが知っている昆虫はほんの一部であることがわかります。この施設では、身近な昆虫や世界のめずらしい昆虫の標本や生体(生きた昆虫)が展示されています。

見るものすべてが驚きの連続

受付の緑を基調とした壁には蝶やカマキリの絵が描かれており、展示を見る前から子どもたちの心を掴んでくれそうです。中学生以下は無料、大人は270円というかなりリーズナブルに展示を楽しむことができます。

隣の展示スペースへ!

受付すぐ隣の部屋から展示を周っていきます。最初の展示室には触れる昆虫のオブジェやゲロウの顔はめパネルが設置されています。カゲロウの寿命はとても短く、長くても1週間程度しか生きられないと言われています。短くても一生懸命生きているカゲロウになって、親子で写真を撮ってみてください。

生体展示もされており、世界中からやってきた昆虫たちがどのような顔や体をしているのか間近で見ることができます。同じ種類でも、さまざまな色や形をした昆虫がたくさんいるんですね。

「のぞいてみよう」というコーナーでは、アメンボを下から見ることができます。都会ではあまり出会うことがなく、見たことがないという子どもたちもいるのではないでしょうか。忍者のように水に浮かぶアメンボを下から観察してみてくださいね!

「映像シアター」では、約7分間のオリジナルアニメーションを上映しています。さまざまな工夫をして暮らしている隠れ上手な昆虫たちを、子どもと一緒に探してあげてください。
53 件

ライター紹介

橋本 わかな

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC