就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

レタスを長持ちさせるには?レタスの長期保存方法からレシピまで

レタスを長持ちさせるには?レタスの長期保存方法からレシピまで

買い物は週末にまとめてするという家庭もありますよね。しかし、レタスのように日持ちしない野菜をまとめ買いしたはよいものの、新鮮なうちに食べ切ることができないと困ってしまうママもいるのではないでしょうか?ここでは、レタスのおいしさを保ったまま長期保存する方法や、おすすめレシピをご紹介します。

意外と知られていないレタスの基本知識

レタスの種類は大きく分けて4種類

まずはレタスの基本知識を押さえていきましょう。レタスは大きく「玉レタス」「リーフレタス」「茎レタス・搔きレタス」「立ちレタス」の4種類に分けることができます。

玉レタスはキャベツのように葉が結球しているものを指します。少し形は異なりますが、サラダ菜も玉レタスに分類されます。

リーフレタスは葉が結球していないものを指します。サニーレタスやグリーンリーフなどがあります。

茎レタスはアスパラガスに似ており、茎の部分を乾燥させ漬物にして食べることが多いようです。掻きレタスは葉だけを掻き取って販売されているものが多く、サンチュが該当します。

立ちレタスは白菜のように半結球しているものを指します。代表的なものにロメインレタスがあります。

レタスは栄養バランスに優れた野菜

レタスの代表的な栄養素について知らないという方も多いのではないでしょうか?レタスは一つ一つの栄養素の含有量は少ないものの、栄養バランスには優れた野菜です。

特にレタスには葉酸が多く含まれており、妊娠中に十分量摂取すると、胎児の先天性の異常を予防する効果が期待されています。妊娠中のママには積極的に摂取してほしいものです。ほかにも、美肌効果のあるビタミンCやβカロテン、骨粗鬆症予防が期待できるカルシウムやマグネシウムなど、様々な栄養素を含んでいます。

どの栄養素もママにとっては嬉しいものばかりですよね。レタスの種類によって栄養価は異なります。それぞれ食感も違うので、料理に合わせて使い分けるのもよいですね。

レタスの産地と旬の時期について

レタスの原産地であるヨーロッパでは、春から初夏にかけて旬を迎えるようです。日本では出荷の時期によって生産地を変えたり、ハウス栽培したりしているので、通年入手することが可能で、いつが旬なのかわかりにくいですよね。

このように季節によって栽培場所を変えることを「産地リレー」といい、レタスは産地によって旬を迎える時期が異なります。レタスは高温に弱い野菜なので、夏から秋に空けての時期は比較的涼しい長野県で栽培が盛んに行われ、旬を迎えます。そして、寒さの厳しい真冬になると茨城県で主に栽培されます。

年間の生産量は長野県がトップで、次いで茨城県、群馬県と続きます。春と冬の生産量だけで見ると、茨城県がトップですよ。

レタスを長持ちさせる三つの方法

レタスの芯につまようじを刺して保存する

レタスはそのまま保存してもなかなか日持ちしないので、食べ切る前に傷んでしまった、食べ切れずに捨ててしまったという経験のあるママも少なくないのではないでしょうか?ですが、一工夫するだけで、シャキシャキ食感とおいしい状態を保ったまま長期保存することができます。

まず紹介するのはレタスの芯につまようじを3~4本ほど刺して保存する方法です。これはメディアでも取り上げられることが多く、ご存知の方もいるかもしれませんね。

実はレタスは収穫後も芯から成長し続けているといわれています。そのため、芯の細胞をつまようじで破壊することで成長を止め、鮮度を保つことができます。ものにもよりますが、1カ月近く持つこともあるようですよ。

水気をしっかり切って冷凍保存

意外と知られていませんが、レタスは冷凍保存をすることも可能です。冷凍する際には葉を食べやすい大きさにちぎって、よく洗い、水気をしっかり切ってからジッパー袋に入れて保存しましょう。

ここでのポイントは包丁で切るのではなく手でちぎることと、水気をしっかり切ることです。しかし、レタスはほとんどが水分でできているため、解凍するとべちゃっとした感じになってしまいます。シャキシャキ食感を残したまま保存したい方にはあまりおすすめできません。

また、冷凍したレタスはサラダや炒め物などには不向きです。使うときには解凍せずに、スープにしたり、蒸し野菜にしたりするとよいですよ。手軽に使える野菜としてストックしておく分には問題なしです。

驚きの保存方法!小麦粉を使って保存する

小麦粉を使った驚きの保存方法もあります。やり方はレタスの芯を切り落とし、そこに小麦粉をまぶし、ポリ袋に入れて芯の部分を下にして保存します。

こうすることで芯から水分が抜けるのを防ぐことができるので、長持ちするようです。レタスは水分が多く、それによってシャキシャキ食感が生まれます。この方法を利用すれば、だいたい3週間はシャキシャキ食感が続きますよ。

ここで紹介した方法は特別な下処理は不要で、今すぐにでも実践できるものばかりですよね。通常だと1週間ほどしか日持ちしませんが、一工夫するだけで1カ月近く保存することができます。使用する用途や冷蔵庫のスペースと相談しながら、自分に合った方法でレタスをおいしく長持ちさせましょう。

生だけでなく加熱もいけるレタスレシピ

レタスの食感が楽しいザーサイチャーハン

ここでは加熱してもおいしいレタスレシピを紹介します。まず紹介するのは「レタス入りザーサイチャーハン」です。

【材料(2人分)】
・ご飯 300g
・ ザーサイ(味つけ) 40g
・レタス 2~3枚
・ 卵 1個
・ ネギ  1/2本
・ 塩こしょう 少々
・醤油 小さじ2
・サラダ油 適量

【作り方】
1.ザーサイとネギを粗みじん切り、レタスは大きめに手でちぎる
2.フライパンにサラダ油を熱し、炒り卵を作り、取り出す
3.フライパンにサラダ油を追加し、ご飯とザーサイとネギを炒めます
5.全体がぱらっとしたら、炒り卵を加え、塩こしょう、醤油で味つける
6.最後にレタスを加え、軽く馴染ませたら完成
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC