就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものそばデビューはいつから?食べさせ方とアレルギーのこと

子どものそばデビューはいつから?食べさせ方とアレルギーのこと

子どもは成長とともにいろんな食べ物を食べるようになっていきますが、これって食べさせても大丈夫なのかな?と不安になる食材も出てきますよね。そこで今回は、子どもにいつから「そば」を食べさせてもいいのか、初めて食べさせる時の注意点、そばアレルギーについてまとめました。

そばは何歳になったら食べさせるの?

食べさせるなら離乳食完了期以降に

一般的に言われているのは、離乳食完了期(1歳〜1歳6カ月頃)からそばを与えることができるとされています。

ですが、離乳食完了期の子どもの体はまだまだ強くありません。消化器官が未発達な状態の場合が多いので、体の状態をよく見極めて慎重に与える必要があります。

また、そばは食物アレルギーを引き起こす可能性がある食材です。乳幼児にアレルギーが出やすい食材は、小麦、卵、乳製品、ピーナッツなどがあげられます。これらの中でもそばは、全身にアレルギー症状が出て命の危険を伴う「アナフィラキシーショック」を引き起こす可能性があるため、特に慎重になる必要があります。

そばに限らず、どの食材も子どもの体の状態を気にしながら食べさせてあげたいですね。

実際は3歳からそばデビューする子が多数!

1歳を過ぎたらそばデビューOKとされていますが、もしアレルギーがあった場合にアナフィラキシーショックになってしまったらどうしようと心配になりますよね。

実際、アレルギーを気にしてそばを食べさせるのは3歳になるまで待ったというママも少なくありません。

乳幼児は消化器官が未熟なので食物アレルギーを引き起こしやすいです。消化器官の働きが大人と同じくらいになるのは3歳前後と言われています。そのため、初めてそばを食べさせるのは3歳になってからがいいかもしれませんね。

とは言っても、1歳半からそばを与えても特に問題なく食べることができたという子もいるので、そばを食べられる年齢には個人差があるようです。

授乳中のママはそばを食べてもいいの?

母乳育児をしているママなら、そばを食べて子どもに影響はないのか気になりますよね。

ママやパパ、親族に深刻なアレルギーがある場合は避けた方が無難ですが、そうでなければ母乳を介して赤ちゃんにアレルギー症状が出る可能性は少ないので、授乳中でもママがそばを食べることに問題はないでしょう。

ママが食べたもののうち母乳になるのは0.5~1.5%と言われており、全てが母乳として出るわけではありません。そのため、そばを食べすぎたり、毎日食べるようなことをしなければそれほど神経質になる必要はないかと思います。

もし気になるようであれば、お医者さんに相談したり、アレルギーテストを受けることをオススメします。

子どもにそばを食べさせる時の注意点は?

初めての食べ物は「少量から」が鉄則!

そばに限らずですが、初めて食べさせる食材は「少量から与える」、これは離乳食時からの鉄則です。

離乳食完了期の子どもだけでなく、幼児食になっている2歳〜3歳頃の子にも、そばを初めて食べさせる時は、表示通りにゆでたそばを子どもが食べやすい長さ(そば1本を1口サイズ)に切り分けて食べさせます。

食べさせた後はアレルギー反応を起こさないか様子を見ます。そばアレルギーは数分から数時間で症状が出るので、その日はそば1口くらいにしておき、他の食事を与えましょう。

食べさせ方だけでなく、初めてそばを与える日時も気にしておくといいですよ。万が一のことを考え、医療機関が受診できる平日の昼間に食べさせることをオススメします。

異変がないか子どもをしっかり観察する

そばアレルギーがある場合、食べた量にかかわらず比較的早い段階で症状が現れます。

早ければ食べてから10分程度で湿疹が出てきたり、ピリピリと口の中が痛むなど、体に異変が起こります。そばを食べさせた時は子どもの様子をしっかり観察することが重要です。

また、食事中になにもなくても、食べてから1時間経ってから急に症状が現れることもあるので、食後2時間は様子を見てあげてください。

初めてそばを食べさせたその日に、体調になにも異常がなければ、次の日から少しずつそばの量を増やし食べさせてあげるのもいいですよ。

そばは他のアレルギーとは違い、重度のアレルギー反応が出やすい食材なので、焦らずじっくり慎重に与えるようにしましょう。

先輩ママの初そば体験エピソード

ここでは、先輩ママたちが経験した、子どものそばデビューについてご紹介します。

【大丈夫だった!】
「子どもと蕎麦屋さんに出かけてうどんを食べさせてみたら大丈夫だったので、それから蕎麦デビュー。(デビュー3歳ママ)」

「子どもとパパが2人で出掛けた時にそばを食べて帰ってきてビックリ。けど大丈夫だった!(デビュー2歳ママ)」

【大変だった…】
「そばを初めて食べさせた時、吐いて、全身蕁麻疹が出ました。2回目は死の危険もあるから気をつけてとお医者さんに言われました。(デビュー3歳ママ)」

当たり前ですが、そばを食べて問題ない子もいればアレルギー症状が出てしまう子もいます。アレルギーが出てしまった時の対処法についても考えたいですね。

そばアレルギーってどんなもの?

下痢や嘔吐などそばアレルギーの症状は様々

そばアレルギーとは、そばの実を挽いたそば粉に含まれる「そばアレルゲン」というたんぱく質が原因で起こるアレルギーを言います。そばを食べて数時間程度で症状が出やすいのが特徴です。

症状としては、下痢、嘔吐、腹痛、喉のかゆみやイガイガ、蕁麻疹、唇の腫れ・ただれなどがあります。
咳が出るなどの呼吸器にも症状が現れることがあり、ひどくなると呼吸困難に陥る場合も。アナフィラキシーショックになることもあり、全身にアレルギー症状が現れ、命の危険もあります。

食物アレルギーの中でも、そばアレルギーはアナフィラキシーショックを引き起こしやすいと言われているので、アレルギーと診断されたら十分に注意してください。

家でそばアレルギーが発症した時の対応方法

もし家でそばアレルギーの症状が出た場合の対応方法をご紹介します。

1、吐かせる
胃の中のものを全て吐かせましょう。子どもの頭を低くし、喉の奥に指を入れて、舌の奥を押すようにして吐かせます。もし意識が薄くなり始めたり、呼吸がしにくくなっている場合は、吐かずに急いで病院に行きます。

2、大量の水を飲ませる
吐かせてまだ胃にアレルゲンが残っている可能性があるので、吐かせた後に大量の水を飲ませて、できるだけそばの濃度を薄くします。

3.病院に行く
症状が軽い場合でも、そばアレルギーは早い段階でどんどん重くなります。出ている症状が重い・軽いに関わらず、アレルギー症状が出たら必ず病院に行きましょう。

そばアレルギーは治る?親のは遺伝する?

現在、そばアレルギーの効果的な治療法はないそうです。微量でもアレルギー症状を発症してしまい、命が危険な状態になってしまう可能性もあるので、そばを少しずつ食べさせて体を慣らそうというのは難しいです。

乳幼児は食物アレルギーになりやすいので、そばアレルギーに限らず、アレルギー症状が出たらすぐに医療機関を受診してください。

親のアレルギー遺伝については、親がそばアレルギーでも子どもがそばアレルギーになるとは限りません。親のアレルギーそのものが遺伝するというよりは、アレルギーを起こしやすい体質が遺伝されると言われています。

ですが、アレルギー発症の原因は、以外にも、環境や食事など様々な素因があることを頭に入れておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?そばアレルギーは他の食物アレルギーより怖い部分もありますので、子どもが小さいうちは無理して食べさせる必要もないかと思います。
うどんで代用したり、心配ならアレルギー検査を受けてからトライしてみてもいいでしょう。

そばはうどんと同様、麺が柔らかくて食べさせやすく、栄養も豊富なので、幼児食メニューに加えてみたいですが、そばアレルギーの心配もあるので、子どもの年齢や体の様子なども見ながら、慎重に進めていきたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

野々山 恭江

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018