就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

嫌なカビへの対策は予防と除去!家族をカビから守るためのコツ

嫌なカビへの対策は予防と除去!家族をカビから守るためのコツ

うっかりすると生えてくるカビは、家事や育児で忙しいママの天敵だといえるでしょう。こまめに掃除をしていても、気づいたときにはカビが繁殖していることもありますよね。カビの繁殖を抑えるには予防と除去が大切です。カビに対する正しい知識を得て、家族をカビから守りましょう。

カビ対策をする前に知っておきたいこと

カビの原因と発生する条件とは

ママになると育児だけではなく家事もこなす必要があり、毎日忙しいですよね。こまめに掃除をしていても、カビが発生して驚くこともあるでしょう。カビは赤ちゃんや小さな子どもに悪い影響を与える場合がありますので、注意が必要です。

そもそもカビの原因や発生する条件についてご存知でしょうか。カビは菌類に属する微生物であり、普段は空気中で漂っています。条件が揃うことで徐々に繁殖し、目で分かるくらいまでカビ菌が増えたのがいわゆる「カビが生えた」という状態だといえるでしょう。

カビが発生する条件は「60%以上の湿度」「20~30度の気温」「食べカスや埃など栄養分」です。これらの条件が揃うと、カビが発生しやすくなるそうですよ。

カビが発生しやすい場所を把握しよう

「赤ちゃんがいる家はカビが生えやすい」と聞いたことがあるママもいますよね。赤ちゃんが直接カビの原因になるわけではありませんが、赤ちゃんに適した部屋の環境はカビの条件が揃いやすいそうですよ。

住んでいる地域や季節によって若干異なりますが、一般的に赤ちゃんにとって最適な室温は20~25度、湿度は60%前後だといわれています。これはカビが発生する条件と一致していますので、どうしてもカビが繁殖しやすい環境であるといえるでしょう。

ほかにも「トイレや浴室、キッチンなどの水回り」「クローゼットや押し入れなどの収納」「マットレスや敷布団など寝具の裏側」にカビが発生しやすいです。風通しが悪くじめじめした場所が多いですね。

カビをそのままにしておくといけない理由

カビをそのままにしておくと、赤ちゃんの身体にどのような影響があるかご存知でしょうか。カビにはいくつか種類があり、条件に適した場所にそれぞれ異なるカビが生えます。

例えば浴室や天井などで発生しやすい黒カビは、気管支喘息などのアレルギー症状や呼吸器疾患などの原因の一つだと考えられています。またすす状に黒く広く増殖するアルテルナリアは、空気中に散りやすくアレルギー性鼻炎の原因になるそうです。

ほかにもカビを餌とするダニが家中で増えてしまうと、シックハウス症候群になる可能性があります。シックハウス症候群とは住宅が原因で起きる健康被害のことを指します。カビを餌にするダニの死がいや糞が原因で、アレルギー症状が起きることもありますので、気をつけましょう。

発生してしまったカビへの対処法

カビを取り除くときに注意すること

カビを取り除くときに注意しておきたいことが三つあります。

一つ目は乾いた雑巾で乾拭きしないことです。乾いた雑巾でカビを拭くと、カビの根から除去することができません。カビを撒き散らしてしまい、今までカビがなかった所にまで生えることもあるそうですよ。

二つ目は濡れた雑巾でも拭かないことです。カビに水気を与えてしまい、カビの繁殖が進んでしまいます。本棚のカビを取り除こうとして濡れた雑巾で拭いたところ、拭き取ったときはきれいになっていても、後からさらにカビが広がってしまったという経験があるママも実際にいます。

三つ目は掃除機でカビを吸わないようにすることです。掃除機が原因で、吸い取ったはずのカビを撒き散らしてしまう可能性がありますよ。

赤ちゃんや子どもにも安心な自然素材を使う

カビを取り除く場合に、どのような洗剤を使えばよいのか悩むママもいますよね。カビキラーなどの塩素系漂白剤を使用するご家庭もあるかと思いますが、小さな子どもがいると身体に影響がないか気になるママもいるでしょう。

そんなときは、重曹とクエン酸の使用がおすすめです。どちらも自然由来の成分でできていますので、赤ちゃんがいても安心して使うことができますよ。まずは水1カップにクエン酸を小さじ1の割合で溶かし、スプレー容器に入れます。

クエン酸水をスポンジにスプレーし、そこに重曹を降りかけます。反対の性質を持つクエン酸と重曹の中和反応が起きてシュワシュワと発砲しますので、そのまま気になる部分を磨いて水で洗い流しましょう。

チャイルドシートについたカビの落とし方

ゴミや子どもの汗がついて、知らず知らずのうちにチャイルドシートにカビが生えていることもあるでしょう。

チャイルドシートのカビを取り除く場合は、まずは取り外せるパーツであるかどうかを確認しましょう。取り外せる場合は、酸素系漂白剤を使用するとよいですよ。約50度の湯に酸素系漂泊剤を加えて、カビが生えている部分を1時間ほど漬け置きします。カビが取れていなければ歯ブラシなどで擦り落とします。その後洗濯機で洗い、よく乾燥させましょう。

取り外せない場合は、消毒用のアルコールスプレーがおすすめです。雑巾に消毒用アルコールを染み込ませ、カビの部分を叩くように拭きます。拭き取ったあとは、風通しのよいところで完全に乾燥するまで待ちましょう。

カビが生えやすい場所ごとの予防法

押し入れやクローゼットに最適な予防とは

押し入れやクローゼットは湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすい場所です。カビの発生を予防するには、できるだけ空気の流れを作ることが大切です。ぎゅうぎゅう詰めに服や物を収納していると、空気の流れが悪くなります。ある程度の隙間を作るように心がけましょう。

また扉を閉めたままにせず、30分程度開けて換気をするとよいでしょう。ただし、小さな子どもが押し入れに入って悪戯をしたり、赤ちゃんのお世話で忙しかったりして、開けっ放しでいることが難しい場合もありますよね。

そんなときは「ハイパワーバイオ 押入れのカビきれい」がおすすめです。つり下げフックつきなので、押し入れでもクローゼットでも使用可能です。貼るだけで手軽にカビを予防することができますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC