就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

小枝や割りばしで作るおしゃれな壁飾り。星型オブジェと吊るし飾り

小枝や割りばしで作るおしゃれな壁飾り。星型オブジェと吊るし飾り

子どもと公園や散歩へ出かけると、しゃがみこんで枝を拾い集めることもよくありますよね。その場で捨てようとすると、「持って帰る」と家に持ち帰り、気がつけばどんどんたまっていきます。我が家も例に漏れず、娘が集めた木の枝が窓辺に並べてあります。そこで今回は、木の枝で作る星形オブジェと吊るし飾りをご紹介します。

木の枝や割りばしでオリジナルの壁飾り

星形の壁飾りの作り方

手ごろな木の枝がない場合は割りばしを使って飾り作りを楽しんでみましょう。星形の飾りを作るには以下の材料を揃えましょう。

所要時間:30分

【材料】
・木の枝もしくは割りばし・・・5本(木の枝の場合、多少のずれは合ってもよいですが、似たような長さ。割りばしの場合、すでに割ったものを5本つまり2膳半)
・毛糸もしくは荷造り用紐・・・適当な長さ(細い裁縫用の糸だと使いにくく切れやすいので太い紐がおすすめ)
・絵の具
・ハサミ

【作り方】
①まず拾った木の枝を使う場合、枝をきれいに洗って乾かします。乾いたら同じような長さに切り揃えましょう。1~2cm程度の誤差ならそのままでも、少しいびつで面白い星形になります。

②枝の先が少し交差するようにして毛糸を巻きつけ固定します。横方向に巻きつけてから縦方向のクロスした部分に巻きつけるとしっかり固定できますよ。

③Vの字のようになりますよね。これを2組用意してください。

④Vの形になった箸を重ねて、交差した部分に毛糸を巻いて固定します。

⑤欠けている部分に残りの1本を足して毛糸で固定します。交差しているところに箸がずれないよう毛糸を巻きましょう。これで星の形は完成です。尖っている箇所に輪にした毛糸をつけたら、好きなところにぶら下げられますよ。

⑥出来上がった星型に、子どもが絵の具で色を塗るのもよいですね。

40 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版