就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

換気扇掃除の最適なやり方とは?準備から作業中の注意点のご紹介

換気扇掃除の最適なやり方とは?準備から作業中の注意点のご紹介

塗装の剥がれや換気扇の材質に注意する

換気扇の汚れは、頑固な油汚れが多く、強い洗剤を使ったり、強い力で掃除をしなければならなかったりします。そこで気をつけたいのが、強く掃除をしすぎて換気扇の塗装や、材質を傷めてしまうことです。

換気扇の塗装は、汚れ・熱・経年劣化の影響などではがれやすくなっています。洗剤を使う前に目立たない箇所で試すなど、長時間放置して塗装をはがさないように注意しましょう。

また、換気扇にはいろいろな材質が使われています。メーカーそれぞれで注意点が異なるので、取扱説明書も読んでおくと安心です。せっかくのお掃除で換気扇を傷めてしまわないよう、気をつけて掃除をしてみてくださいね。

強力な洗剤で手肌を傷めないように、ゴム手袋の着用をおすすめします。

お湯でつけ置きするのはやめよう

油汚れは水よりもお湯のほうがよく取れますよね。しかし、お湯を使う場合はいくつか注意点や、お湯の使い方のコツがあるので、見ていきましょう。

1.熱湯をかけて油汚れを落とす
新聞紙などで換気扇に付いた汚れを拭き取った後、換気扇に熱湯をかけます。お湯の温度は、お風呂に入るくらいの40℃前後でもよいですが、熱湯の方が効果的です。熱湯を使うときは火傷に注意しましょう。

2.つけ置きはNG
頑固な油汚れは、お湯につけ置きすると効果的だと思いがちですが、お湯が冷めるとまた汚れが固まってしまう、というデメリットもあるのです。もちろんつけ置きで完全に落とせればよいのですが、お湯は「つける」よりも「かける」方をおすすめします。

まとめ

換気扇の掃除方法や注意点を紹介してきましたが、いかがでしたか。

換気扇は掃除したくない、というママも多いと思います。べったり付いた油汚れは見るだけで嫌になりますし、取り外しなどの面倒な作業もあり、ついつい後回しにしてしまいがちな場所です。

しかし、油汚れがひどくなればひどくなるほど、掃除も大変になります。汚れが軽ければつけ置き洗いだけでも簡単に落とせるので、頻繁に掃除をした方がよいのかもしれませんね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND