就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦の悩み空腹の原因は?時期による異なる理由と摂取したい栄養素

妊婦の悩み空腹の原因は?時期による異なる理由と摂取したい栄養素

炭酸水を飲んで空腹と便秘の解消

辛い空腹感を解消する方法として、炭酸水を飲むのが手軽でおすすめですよ。刺激のある飲み物で少し心配に思うかもしれませんが、適量であれば妊娠中に飲んでも問題ありません。つわりの辛い時期でもさっぱりと飲みやすく、水分補給で便秘解消も期待できます。

ただし、気をつけたいのは「炭酸飲料」を飲み過ぎてしまうことです。「炭酸水」は水と炭酸だけでできているのに対し、「炭酸飲料」は水と炭酸にプラスして、甘味料や香料などが含まれています。

炭酸水は味がないため、飲みにくいと感じるかもしれません。つい味のある炭酸飲料を飲みたくなりますが、糖分の摂り過ぎは禁物です。炭酸水にレモンや蜂蜜を入れると飲みやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

低カロリーのおやつを選ぶ

食事と食事の間の空腹感を埋めるため、どうしても手が伸びてしまう「おやつ」ですが、糖分や塩分、脂肪分を摂り過ぎる危険性があるため注意が必要です。「少しだけ…」と思いつつも、一度口に入れると手が止まらなくなるのが、妊娠中の空腹感の怖いところです。

まずは食べるおやつを厳選しておきましょう。妊娠中のおやつは1日100kcal程度がよいとされています。市販のスナック菓子やチョコレートなどではあっという間に食べ終わってしまう量ですね。

低カロリーのおやつとしておすすめなのは、ナッツ類、果物、寒天ゼリー、こんにゃくゼリーなどです。また、自分好みの味のゼリーを手作りするというのも、よいかもしれませんね。

まとめ

妊娠中の空腹感に悩まされるママは多くいます。しかもその辛さは千差万別で、それぞれのママにしか分からない辛さがあるものです。人に理解してもらいにくい分、悩みもなかなか解決できませんね。

自分に合った食べ物や、食べ方を見つけることで、空腹による辛さは軽減できます。また、この辛い空腹感も出産とともになくなります。産後は母乳を出すことで、また違った空腹感があるかもしれませんね。いずれにしても、辛い時期は短期間と思って、ストレスを溜めないように美味しく食事してくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND