就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦はぜひ活用してほしい腹巻き!腹帯との違いや選び方のコツを紹介

妊婦はぜひ活用してほしい腹巻き!腹帯との違いや選び方のコツを紹介

季節や体質に合わせて素材を選ぼう

直接肌につけることの多い腹巻きなので、肌が敏感になっている妊娠中は素材選びも需要です。化学繊維が肌に長時間触れていると、かゆみやかぶれなどを引き起こしてしまうことがあるので注意しましょう。腹巻きは試着ができないことが多いので、素材を確かめて購入するようにしたいですね。

ナチュラルな素材ではコットンやシルクの腹巻きがあります。オーガニックコットン100%で作られた腹巻きならより安心ですね。

また、季節によっても素材を変えた方が快適かもしれません。夏場はエアコンの冷気からお腹を守ることも必要ですが、汗もかきやすいので吸湿性のよいシルクや薄手の腹巻きがおすすめです。何枚か用意して、その日の気温や過ごし方によって使い分けるとよいでしょう。

ハイテク繊維の腹巻きも登場している

スマホやパソコンから出る電磁波の影響について考えたことはあるでしょうか?まだはっきりと証明されたわけではありませんが、電化製品などから発生する電磁波を浴び続けることでの健康被害を懸念する声もあり、それが胎児にも影響するのではと不安になる人がいるかもしれません。

そんな妊婦さんには、電磁波を99.999%防いでくれる純銀のハイテク繊維が織り込まれた腹巻きはいかがでしょうか。どんな影響があるか分からない今だからこそ、用心に越したことはありませんね。

また、遠赤外線効果でより温かさが感じられる腹巻きもあります。「電磁波は防ぐのに遠赤外線は大丈夫なの?」と不安になるかもしれませんが、腹巻き以外のマタニティグッズにも使われているので安心してくださいね。

まとめ

「妊婦には腹帯」というイメージがありますが、日本だけの文化というのは驚きですね。海外でもサポーターやガードルとして妊娠帯を見かけることがあるかもしれませんが、日本のような宗教的な意味はありません。

現代では多くの妊婦さんは腹帯はイベントとして用意するものの、実際に使うのは腹巻きである場合が多いようです。それでも少数派ではありながら、昔ながらのさらしタイプの腹帯が好きという妊婦さんもいますので、自分に合ったものを探して使うようにしてみましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC