就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生後6カ月に秋を迎える赤ちゃんに!寒暖差を快適に過ごす服の選び方

生後6カ月に秋を迎える赤ちゃんに!寒暖差を快適に過ごす服の選び方

ベストなど薄手の服の重ね着で体温調節を

秋は寒暖の差がありますので、体温調節をしやすいために、薄手の服を重ね着して調節したいですね。厚手の服を一枚着せてしまうと、調節するのはむずかしいですから。

また、重ね着をすることで服と服の間に空気が入り、保温性を高めてくれる利点もあるのです。暑いと思ったら一枚脱がし、寒いと思ったら一枚着せて調整しましょう。

秋は長袖の下着が主流になりますが、上に着せるものによっては、半袖の肌着でも大丈夫ですよ。肌着は1年を通じて半そでを着せているママも多くいます。

赤ちゃんが上手に体温調節ができない分、汗をかいていないか、顔が赤くないか、顔色が悪くないか、などママが赤ちゃんをよく見ましょう。その様子によって着せるか脱がせるかを決めるのです。

アウターは脱がせやすいポンチョがおすすめ

秋は外へ散歩しに行くのも気持ちよい時期です。ママも、赤ちゃんに紅葉を見せたり、さわやかな空気を感じさせてあげたいでしょう。外は室内のように気温や湿度を保つことができませんので、服で体温調節しなくてはなりません。

室内で過ごしていた服装にプラスして、アウターと靴下、帽子、レッグウォーマーなども着せて調節しましょう。アウターには、サイズがフリーで脱ぎ着がしやすく、温かいポンチョがおすすめです。ポンチョを着た赤ちゃんは、見た目にも可愛いですから、ママもうれしいですね。

外出時にプラスするものは、簡単に脱ぎ着させやすいものが楽ですね。寒暖差を感じやすい秋の気温に応じて調節しましょう。むずかしく考えることはありませんよ。

まとめ

生後6カ月は、寝返りができ、お座りもでき始める子が出てくる時期です。赤ちゃんの動きの特性と、秋という寒暖の差が激しい時期ということも考えて、赤ちゃんが快適に過ごすための服を選びたいですね。

秋に適した服は、保温性があり、赤ちゃんの体に合ったサイズで、重ね着ができるようなものがおすすめです。暑い時期には、なかなか外に出られませんでしたが、過ごしやすい気候の秋には、赤ちゃんをベビーカーに乗せて季節を感じながらお散歩できるとよいですね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版