就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期から日記を始めてみよう!書き方のコツや日記帳のご紹介

幼児期から日記を始めてみよう!書き方のコツや日記帳のご紹介

今や、小学校入学前に文字をマスターする子どもも少なくない時代ですが、小学1年生の夏の課題「夏休みの日記」には困ってしまう親子が多いようです。日記を書くメリットは記憶力・継続力のアップだけではなく、親子のコミュニケーションツールの一つとしても効果的です。幼児期から気軽に日記を始めてみませんか?

幼児期から日記をはじめてみよう!

日記をはじめるメリットとは?

誰でも簡単にはじめることができる日記は、脳を活性化し老化を防ぐといわれ、認知症の予防に取り入れる人が増えています。日記を毎日続けることは継続力の向上につながり、日記に書くために1日をふりかえることは記憶力のアップが期待できるでしょう。

子どもにとって日記をつける最大のメリットは、何といっても文字の練習になるということです。自然にひらがなや漢字を練習することになり、小さな子どもには難しい、同じ大きさで文字を書くコツをつかむことができます。

さらに自分の気持ちを文章にする練習になるので、語彙も増え、次第に文章力も豊かになります。ほかの人の気持を考える機会も増えるため、思いやりの心も育つでしょう。

日記をつけている子どもは頭がよい?

日記をつけるということは、その日にあったことを思い描き自分の言葉で文章にまとめることです。それは物語を読んで感想を述べたり、主人公の気持ちを考えたりするのによい練習にもなるため、国語力が強化されます。

また、自分の考えを言葉にすることからコミュニケーション能力も磨かれ、幼児期によくみられる自分中心の話し方から早く卒業することもできるでしょう。何よりも文字を書くことは、ひらがな・カタカナだけではなく、漢字にも興味を持ち、正しい文字や言葉をマスターするよい機会になります。

日記をつけているから頭がよい、と乱暴なことはいえませんが、自分を表現する力がつくことでほかの子どもたちより抜きんでて見える場合が多いようです。

小学校から日記の宿題が増える?

小学生になると、幼児期の遊びの延長のような体験学習から、鉛筆を握りしっかりと机に向かう学習の時間が増えます。予想とは違っていた小学校生活に戸惑う子どもたちも少なくありません。

今までの遊び中心の毎日を大きく変えるものの一つに学校の宿題があります。特に夏休みにはたくさんの宿題が出され小学1年生のママたちも頭を悩ませるでしょう。中でもほとんどの学校で宿題として出される夏休みの絵日記や一行日記は、自由研究と並んで頭の痛い課題です。

小学2年生になると簡単な日記を毎日提出させる学校もあるそうで、小学生には「日記」が手軽な文章作成課題として登場するようになります。文章を書いたことがない子どもには苦手な宿題となりそうです。

日記のはじめ方と書き方のコツ!

親子の会話から1日をふりかえってみる

たいていの子どもたちは日記に何を書けばよいかわかりません。「どこへ行った」「楽しかった」という似たような言葉を、毎回並べてしまうことがほとんどです。まずは日記に何を書いたらよいか、日記のネタになるできごとを親子で一緒に探しましょう。

それは普段と同じ、ママやパパと子どもたちとの何気ない会話で構いません。「今日は何をしたの?」「誰と遊んだの?」という、よくある日常の話題からはじめ、親子で1日をふりかえるのです。

次に「そのときはどう思った?」「どうしたらよかったのかな?」などと、そのときの気持ちを思い出すように促します。日記のネタになるような事柄を見つけるための対話なので、次々に「それで?」と子どもを追い詰める質問は避けましょう。

日記の書き方のコツは?

1日をふりかえり日記のネタが見つかったら、その内容とそのときにどう思ったか、ということを書いていきます。まだ慣れないうちは「誰が」「どこで」「どうした」という主語・述語が抜けていることが多いので、一度書いた日記を声に出して読ませると文章の間違いに気づきやすくなるでしょう。

語彙が乏しい小さな子どもでは、なんでも「楽しかった」「おもしろかった」と同じ表現にしてしまうでしょう。このような場合は、子どもの気持ちを一歩掘り下げるための質問をしてあげるとよいですね。

文字を書くことに慣れていない子どもに、いきなり長い文章を要求することはストレスにもなりかねません。週に数回の絵日記からはじめると、子どもたちも楽しんで続けられるでしょう。

日記を書く習慣をつけよう!

日記を書くことに興味を持ち始めたら、毎日続ける習慣を身につけさせたいものです。何か一つのことを途中でやめずにやり遂げることは、子どもの継続力・忍耐力を養い、達成感へ導きます。

物事を毎日の習慣にするためには、決まった時間に行うことが基本です。大人の場合は夜眠る前に1日をふりかえって日記をつける人が多いそうですが、子どもたちは疲れて早く寝てしまう場合もあるので、夕食の前や後の少しの時間で習慣にさせるとよいのではないでしょうか。

家族団らんの中で日記を書くと、家族との会話が日記のネタ探しを助けます。それに、人目があるので怠けるわけにもいきません。

日記を毎日継続できるようになったら、子どもを信頼して好きなときに書かせてあげましょう。

子どもに合う日記帳をみつけよう

定番、おすすめの日記帳は?

毎日続けたい日記ですから、子どもにとって使いやすく、書くことが苦痛をともなう義務にならないような日記帳を見つけましょう。

ひらがなに興味を持ち始める5歳くらいの子どもであれば、文字よりもお絵かきのスペースが広い絵日記がおすすめです。スケッチブックや自由帳でも代用できます。

継続して日記を書くことが初めの目標ですから、お気に入りのキャラクターや気に入ったデザインのノートを使うと、子ども心もワクワクして飽きずに続けられるかもしれません。

ひらがなを覚えてきたら、太い罫線や十字のマスがあるノートが便利です。一つ一つの文字や文字列のバランスがよくなる効果もあるので、小学校の授業でノートを上手にとる練習にもなりますよ。

日記帳のダウンロード版も!

日記をつけることに慣れてきたら、こだわりの日記帳を探すとよいでしょう。キャラクターやデザインに特徴があるものや、秘密を打ち明けることにピッタリな鍵付きの日記帳など種類も豊富です。自分だけの一冊を見つけることができれば特別感が増し、さらに日記を続けることができるでしょう。

気に入った日記帳がない、今すぐ日記をスタートさせたい、という場合には、無料でダウンロードができる日記や絵日記のテンプレートがおすすめです。小学校低学年までの子どもたちには、ほとんどの学校でB~2Bの濃い鉛筆を推奨していて筆圧の強い子もいるので、消しゴムできれいに消せない場合にも書き直しが可能なダウンロード版の印刷が便利かもしれません。

親子の交換日記も楽しい!

幼児期から日記をはじめる理由は、正しい言葉遣いや語彙を身に着けさせ、国語力・継続力をアップさせることが本来の目的です。それには子どもの自主性も大事ですが、ママやパパが日記を確認し、言い回しや文字の誤りを教えてあげることが重要になってきます。

幼児であれば素直に日記を見せてくれますが、小学生になり、誤字を指摘されることがあると、なかなか日記を見せてくれなくなります。日記が習慣付けされたとしても、親に干渉されたくないのです。

そんなときには、親子のコミュニケーションツールとして交換日記もよいものです。子どもが書いた日記にママがコメントを付けてあげたり、ママの1日を簡単に書き記したりすることで、子どもとママの気持ちがますます寄り添うでしょう。

まとめ

小学生になって日記の宿題が増えたときに慌てないため、また文字の読み書きや語彙を豊かにさせるためにも、幼児期から日記を書くことはとても効果があるでしょう。特に、ママやパパが日記に感想を述べたり、コメントを付けてあげたりして、交換日記という形でお互いの1日を紹介しあうことは、親子の絆も深めます。

様々な種類の日記帳が売られていますし、手軽なダウンロード版もありますから、今日から気軽な日記を始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018