就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児期の手作りおもちゃを作ろう!成長に合わせた作り方とポイント

乳児期の手作りおもちゃを作ろう!成長に合わせた作り方とポイント

手作りのものはあたたかさを感じられることに加え、好きなようにアレンジが楽しめるのでよいですよね。赤ちゃんが遊ぶおもちゃは、身近なものを使って簡単に作ることができます。この記事では、おもちゃを手作りするときのポイントや注意点、月齢別の赤ちゃんに合ったおもちゃの作り方を紹介します。

乳児期のおもちゃを手作りするときの心得

簡単!手作りおもちゃの作り方ポイント

赤ちゃんのおもちゃを作るときのポイントは、肌触りのよいものを使うことです。赤ちゃんは安心で心地よいと感じたとき、ご機嫌になり笑いかけてくれますね。やわらかいフェルトやタオル地は肌触りがよく、入手も簡単で使いやすい素材です。

おもちゃをカラフルな色に仕上げることも、赤ちゃんが興味を示してくれるポイントです。はっきりとした明るく鮮やかな色は赤ちゃんが好むだけでなく、脳の発達に効果的といわれています。赤、青、黄色などを組み合わせて、かわいい配色のおもちゃを作ると喜んでくれるでしょう。

音が鳴るおもちゃにすることもポイントの一つです。赤ちゃんの耳は生まれる前からママの心臓の音や話し声などを聞いています。はっきりとした音が鳴るおもちゃなら、音の振動を感じて赤ちゃんが反応してくれたり、音の鳴るほうへ向いて笑ってくれたりするでしょう。赤ちゃんとコミュニケーションがとれるので楽しいですね。

ペットボトルやプリンの小さな容器などは、アイデア次第でいろいろなおもちゃに変身させることができます。身近な材料で手軽に作ることができるのも手作りの魅力ですね。

おもちゃを手作りする注意点とは?

赤ちゃんのおもちゃを手作りするときには、赤ちゃんが誤飲やけがをしないよう安全性に配慮することが大切です。おもちゃ作りの作業中も思わぬ危険への注意が必要です。

ねんね期の赤ちゃんなら、ママの都合に合わせていつでも作ることができるかもしれませんが、ハイハイやあんよ期になると、気づかないうちにはさみを持っていたり、部品を口に入れてしまうことがあるので、なるべく寝ている間や手の届かない机の上で作業するようにしましょう。

素材は赤ちゃんが舐めてもよいもので、喉に詰まる心配がない大きさのものを選んでください。噛んで壊れないように、しっかりと固定させてくださいね。衛生面を考えて洗える素材を使うようにしましょう。赤ちゃんが舐めてよだれでベトベトになっても清潔で安心ですね。

切り口が鋭くとがっている場合は、丸く削ったりビニールテープで覆うように心がけましょう。子どもは、大人が想像もしないことを思いつくものです。少しでも、危険性を感じる作り方はやめたほうが無難です。赤ちゃんに喜んでもらうために作るおもちゃなので、安全面に気をつけて作りましょう。

ねんね期・おすわり期の手作りおもちゃ

ねんね期(0~4カ月)に楽しいガラガラ

生まれてはじめて手にするおもちゃを記念に作ってあげたい、と手作りおもちゃのアイデアを探しているママもいるかもしれませんね。ねんね期の赤ちゃんには、小さくて音の鳴るおもちゃがぴったりでしょう。

小さめのペットボトルに砂やビーズを入れれば、簡単にガラガラを作ることができます。ねんね期の赤ちゃんはてのひらも小さいので、ヤクルトの空容器やペットボトルの蓋に音の鳴るものを入れてつなぎ合わせてもよいですね。蓋は小さいので、飲み込まないような長さになるよう棒状に何個かつなぎ合わせてくださいね。

砂やビーズが小さく誤飲が心配な場合は、大豆やマカロニなど食品を使うのも方法です。いろいろなものを入れて、赤ちゃんがどの音に反応するか試してみるのもよいですね。

おすわり期(5~8カ月)は無限ティッシュ

赤ちゃんは繰り返しの遊びが大好きです。ティッシュペーパーは抜き取るたびに同じものが出てくるため、赤ちゃんには面白いおもちゃになってしまうようです。新しいティッシュ箱を置くごとに、全部引き出されては困ってしまいますね。

そのため繰り返し遊びが大好きなおすわり期に作りたいのが、無限ティッシュのおもちゃです。作り方は簡単です。まず、ティッシュペーパーの空き箱とハンカチや布を用意します。材料が揃ったら、布が大きい場合はティッシュペーパーの大きさにカットし、箱に詰めていくだけです。

手作りの無限ティッシュはつながって出てこないので、赤ちゃんが手を入れて取り出しやすい大きさに箱の口を開けておくとよいでしょう。

おすわり期(5~8カ月)はポンポン落とし

おすわり期のころは、物が落ちるのをじーっと見ている子もいますね。また、離乳食のおかずやスプーンをわざと落として遊んでいる子もいるでしょう。物が落ちることに興味が出てきたころに作ってあげたいのが「ポンポン落とし」です。

まず、次の物を準備します。
・蓋ができる箱やプラスティック容器
・筒状のもの(ラップの芯やトイレットペーパーの芯)
・ポンポン(100均で手に入ることもある)
・飾り用の折り紙やマーカー
・テープとカッター

作り方は、蓋ができる透明の箱やプラスティック容器の蓋部分に、筒がぴったり入る大きさの穴をあけ、筒を通します。筒をテープで貼りつけると安定します。カラフルに飾りつけすると完成、ポンポンを筒から落として遊びましよう。

ハイハイ・たっち期の手作りおもちゃ

たっち期(9~12カ月)はボール転がし

たっち期は、興味があるところに自分で行くことができるようになりますね。小さいものをつかんで、ほかの場所に移動させることも得意になってきます。物が動くことに興味をもつ子も多いでしょう。

ボール転がしは、たっち期に作りたいおもちゃです。スタート地点にボールを置くと、徐々にスピードを上げて動き出します。ボールの動きを追いかけることが脳の発達や集中力アップにもつながるでしょう。

牛乳パックを縦半分に切り、段ボールの板にスロープになるように、何段かに分けて方向転換もできるように貼りつけていきます。牛乳パックのスロープなら大きめのボールが転がせるので、誤飲の危険もなく安心です。最後に落ちる場所に空き缶を置いておくと、響く音がして面白いですね。

たっち期(9~12カ月)はヒモ通し

やわらかい素材を使いたい、手先が器用になるおもちゃで遊ばせたいと思うママは、ヒモ通しのおもちゃを作ってみてはいかがでしょうか?指先を使うおもちゃは脳の発達にも効果的です。

フェルトとひもを準備します。フェルトをドーナツ形に切り取ります。形はどんなものでも大丈夫、赤ちゃんの好きな色のお菓子や果物などデザインは自由です。穴は少し大きめに開けておくことをおすすめします。

上手にヒモ通しができた!という達成感から、次もやってみよう!という前向きな気持ちが育っていくものです。簡単すぎるかな?と感じるほうが喜んでくれるでしょう。

薄ければ何枚か重ねて縫うと厚みができてしっかりしますね。2枚重ねて中に綿を入れると立体的になってよいですね。

ダンボールで大きいおもちゃを作ろう

自分で好き場所に行けるようになると、なぜか部屋の隅やクローゼットの中の狭い場所で遊んでいるという子もいますよね。ママのお腹の中にいたときを思い出して、狭い場所が落ち着くのかもしれません。

引越しやネットショッピングで大きい段ボールがあれば、屋根や窓をつけて家を作ってあげると喜んで遊ぶでしょう。壁にキャラクターの紙を貼ったり好きな絵を描くのもよいですね。ままごとのためのカウンターをつけるなど、アイデア次第で遊びの幅が広がります。

段ボールの底を開けて貼り合わせてればトンネルができ、何枚も重ねてテーブルや滑り台を作ることもできます。段ボールは簡単に切ったり貼ったりできるので、部屋の形に合わせて大型おもちゃを作ることができるので便利です。

まとめ

赤ちゃんの手作りおもちゃについて紹介してきましたがいかがでしたか?おもちゃを手作りするときは、肌触りのよいカラフルな素材を使うとよいですね。生まれたばかりの赤ちゃんは、音の鳴るおもちゃが大好きです。コミュニケーションとしても楽しめますよ。

おすわり期は、無限ティッシュやポンポン落としなど何度でも納得するまで遊べるおもちゃを作ってあげたいですね。たっち期には、動きのあるおもちゃを喜んでくれるでしょう。

安全面に十分配慮しながら、親子で遊べるおもちゃを作ってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018