就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの寝る時間はどのくらい?月齢別の睡眠の特徴と対処法

赤ちゃんの寝る時間はどのくらい?月齢別の睡眠の特徴と対処法

赤ちゃんのスヤスヤ眠っている顔を見ていると幸せな気持ちになりますね。「寝る子は育つ」といいますが、赤ちゃんはどのくらい眠るものなのでしょうか。月齢別に眠る様子の特徴と、理想的な睡眠に近づける対処法をまとめてみました。月齢それぞれにあった睡眠ができるように、ママができることも紹介します。

生後1カ月頃までの赤ちゃんの睡眠の様子

昼と夜の区別が付かずバラバラ

生後1カ月頃までの赤ちゃんは新生児ともいい、生まれてから外の世界に慣れるための大切な時期です。まだ、お腹の中にいたときの状態が残っている時期ともいえますね。

お腹の中にいたときは、へその緒を通じて栄養や酸素など必要なものを送ってもらい、好きなときに眠って好きなときに起きていたでしょう。自分の好きなペースで過ごしていたわけですね。

外の世界に出たからといって、その生活のペースがすぐに変わることはありません。昼や夜も関係なく、好きなときに起きて眠るというリズムが残っているのです。

ですから、昼と夜の区別もないまま、眠ることと起きることを繰り返しているのです。昼と夜という概念もないでしょうから。

授乳間隔に合わせて3~4時間で起きる

自分のペースで過ごしている赤ちゃんですが、起きるタイミングとして多いのが、お腹が空いたときと、おむつが気持ち悪いときでしょう。不快に感じると泣いて知らせてくれますね。

新生児はまだ胃が小さく、おっぱいやミルクを飲むのもうまくないため、3~4時間たてばお腹が空いてしまいます。眠っていてもお腹が空いたら泣きながら知らせてくれますので、3~4時間おきぐらいで起きているのですね。

おしっこやうんちが出たときも同じです。この時期は、授乳やおむつ替え、お風呂のときなど以外は眠っていますから、1日に16~18時間は眠っているのです。ただし、5~6時間まとめて眠る子もいますので、睡眠リズムは個人差が大きいのです。

ママも赤ちゃんの寝る時間に合わせよう

赤ちゃんはそれぞれの睡眠リズムがありますし、日によって睡眠時間や、起きている時間は違ってきます。新生児では、昼や夜は関係なく時間が進んでいますが、ママはそうはいきませんよね。

食事の用意、洗濯、掃除と育児以外にもやることがたくさんです。新生児のペースに合わせて夜も起きていて眠れないと大変ですよね。睡眠不足から体調不良ということになったら、家族みんなが困ってしまいます。

ママも昼や夜に関係なく、赤ちゃんの眠っている時間に合わせて一緒に眠ってしまいましょう。それで家事ができなかったとしても、そこはパパにカバーしてもらえばよいのです。ママだけが無理することありません。ママの体も大事にしてくださいね。

生後2カ月~生後6カ月頃の睡眠の様子

哺乳量が増えることで夜中の授乳が減る

生後1カ月までは新生児のペースで過ごしてきましたが、少しずつ外の世界にも慣れ、体も成長してきます。おっぱいやミルクを飲むのもうまくなり、胃も大きくなりますから、哺乳量が増えてきます。

哺乳量が増えれば、お腹が減ったと泣く間隔も少しずつ空いてきます。間隔が空いた分だけ眠る時間が長くなり、ご機嫌で起きている時間も増えるでしょう。

3カ月頃から昼と夜の区別がつきはじめ、夜も授乳することが少なくなり、まとまって眠るようになってきます。夜にまとまって眠ってくれれば楽になりますね。

6カ月頃では1日3回の昼寝をして、夜にまとまって眠るようになりますから、睡眠時間は13~14時間になります。眠る時間と起きる時間を意識しはじめたい頃ですね。

体内時計が少しずつ発達しはじめる

4カ月頃から赤ちゃんの体内時計が少しずつ発達しはじめます。無理に早起きさせる必要はありませんが、少しずつ昼は起きて活動をして、夜は眠って休むことを意識できるようになるとよい頃です。

体内時計は何もしなければ25時間のサイクルで進んでしまいます。夜中に起きたり、なかなか眠れなかったりするのは体内時計が影響しているとも考えられています。

体内時計を1日24時間にしていくためには、朝日を決まった時間に浴びさせることが大事です。朝は6~7時に朝日を浴びて起きることで体内時計がリセットされて、24時間に修正されていくでしょう。

太陽の光には体内時計を動かす「メラトニン」を刺激する作用がありますので、太陽の光を積極的に浴びさせましょう。

生活にメリハリをつけてリズムを整えよう

朝起きてから太陽の光を浴びることが体内時計のリセットに大切なことは分かりましたが、生活のメリハリをつけるためにも大切です。

生活にメリハリをつけるために、朝は決まった時間に朝日を浴びて起こし、日中はできるだけ起きて活動をさせ、夜は決まった時間に眠らせましょう。決まった時間に眠るためには、夕方に昼寝をするのはやめる方がよいですね。

夜眠るときは日中過ごす部屋と別の部屋にして、部屋を暗くして入眠するための習慣を作って眠りを誘うのです。授乳の時間や、お風呂に入れる時間、お昼寝の時間もできるだけ同じ時間にするようにします。

ママが赤ちゃんの生活のリズムを作っていくのです。生活のリズムが整うことで睡眠のリズムも整っていくでしょう。

生後6カ月~1歳頃の赤ちゃんの睡眠の様子

昼は起きて夜は寝るというリズムが整う

体内時計が整いはじめた6カ月過ぎには、昼は起きて夜は眠るというリズムが少しずつ整ってきます。平均の睡眠時間は11~13時間となり、起きている時間が増えます。

7カ月になるとすでに寝返りもできて、お座りができる子も出てきます。運動量も増えて、1人遊びもするようになってきますので、日中の活動量も増えるでしょう。

この時期は午前1回、午後1回のお昼寝をしている子が多いですが、9カ月頃には午後1回のお昼寝になってくるでしょう。お昼寝も個人差がありますので、回数が違っても心配しなくて大丈夫ですよ。

夜は10時間程度眠ってくれるようになってきます。ハイハイ、つかまり立ち、伝い歩き、独歩など、活動量が増えますので、睡眠も深くなるのでしょう。

夜泣きや寝ぐずりすることが出てくる

少しずつ夜にまとまって眠るようになり安心していたところに、6、7カ月頃から夜泣きをしはじめる子が増えてきます。

眠っていて突然泣いたかと思ったら、何をしても泣き止まない、1時間近く泣きやっと眠ったと思ったらすぐに起きてしまう、など夜泣きが始まると大変です。夜泣きの原因は、乳歯の生えはじめに感じる違和感や、知能が発達するときの刺激やストレス、体内時計の未発達などが考えられていますが、はっきりしたことは分かっていません。

夜泣きの原因がはっきりと分かっていないのですから、対処の仕方も難しいですね。やはり個人差はありますが、だいたい1歳過ぎる頃にはおさまってくる子が多いようです。夜泣きはいずれおさまるものだと思って乗り切りましょう。

昼間はお散歩や室内遊びで運動をしよう

この時期の赤ちゃんは色々なことに興味を持ちはじめます。それと同時にハイハイや伝い歩き、歩行などの自分で移動する手段も身についてきます。

ですから、興味のあるもののそばに行くことや、ハイハイして回ること、ただただ歩いてみることなど遊び方も体力を使うことが多くなります。

室内では体を動かすのに不十分そうであれば、外にお散歩に行ってみましょう。外に出て見えてくる新鮮な景色に赤ちゃんも喜びますし、ママの気晴らしにもなりますよ。

室内での体を使った遊びやお散歩に行くことで、夢中で遊んで体力も使って疲れた分、夜はしっかりと眠ってくれるでしょう。でも遊び疲れてしまい、夕方まで昼寝をしてしまうことはできるだけ避けたいですね。夜眠らなくなりますよ。

まとめ

睡眠のリズムができていない状態で生まれてくる赤ちゃん。赤ちゃんが自分で睡眠リズムを作るのは難しいですから、ママが意識して生活にメリハリをつけて睡眠リズムを整えましょう。

新生児では昼夜関係なく眠っていますが、成長とともに夜にまとまって眠るようになってくるでしょう。6、7カ月頃から始まる夜泣きも大変ですが、1歳頃にはなんとかおさまってきます。

ママも産後は完全に体力が回復していませんから、赤ちゃんと同じリズムで眠って、体を壊さないようにしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018