就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの寝る時間はどのくらい?月齢別の睡眠の特徴と対処法

赤ちゃんの寝る時間はどのくらい?月齢別の睡眠の特徴と対処法

夜泣きや寝ぐずりすることが出てくる

少しずつ夜にまとまって眠るようになり安心していたところに、6、7カ月頃から夜泣きをしはじめる子が増えてきます。

眠っていて突然泣いたかと思ったら、何をしても泣き止まない、1時間近く泣きやっと眠ったと思ったらすぐに起きてしまう、など夜泣きが始まると大変です。夜泣きの原因は、乳歯の生えはじめに感じる違和感や、知能が発達するときの刺激やストレス、体内時計の未発達などが考えられていますが、はっきりしたことは分かっていません。

夜泣きの原因がはっきりと分かっていないのですから、対処の仕方も難しいですね。やはり個人差はありますが、だいたい1歳過ぎる頃にはおさまってくる子が多いようです。夜泣きはいずれおさまるものだと思って乗り切りましょう。

昼間はお散歩や室内遊びで運動をしよう

この時期の赤ちゃんは色々なことに興味を持ちはじめます。それと同時にハイハイや伝い歩き、歩行などの自分で移動する手段も身についてきます。

ですから、興味のあるもののそばに行くことや、ハイハイして回ること、ただただ歩いてみることなど遊び方も体力を使うことが多くなります。

室内では体を動かすのに不十分そうであれば、外にお散歩に行ってみましょう。外に出て見えてくる新鮮な景色に赤ちゃんも喜びますし、ママの気晴らしにもなりますよ。

室内での体を使った遊びやお散歩に行くことで、夢中で遊んで体力も使って疲れた分、夜はしっかりと眠ってくれるでしょう。でも遊び疲れてしまい、夕方まで昼寝をしてしまうことはできるだけ避けたいですね。夜眠らなくなりますよ。

まとめ

睡眠のリズムができていない状態で生まれてくる赤ちゃん。赤ちゃんが自分で睡眠リズムを作るのは難しいですから、ママが意識して生活にメリハリをつけて睡眠リズムを整えましょう。

新生児では昼夜関係なく眠っていますが、成長とともに夜にまとまって眠るようになってくるでしょう。6、7カ月頃から始まる夜泣きも大変ですが、1歳頃にはなんとかおさまってきます。

ママも産後は完全に体力が回復していませんから、赤ちゃんと同じリズムで眠って、体を壊さないようにしてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC