就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

卒乳後フォローアップミルクは必要?基礎知識や飲ませ方とミルク3選

卒乳後フォローアップミルクは必要?基礎知識や飲ませ方とミルク3選

カルシウムたくさん「ぐんぐん」

平成24年度、国民健康・栄養調査によると1~2歳児は鉄やカルシウムが食事摂取基準の推奨量を満たしていない結果になっています。これを挙げて、和光堂のフォローアップミルク「ぐんぐん」は鉄分だけでなくカルシウム強化にも力を入れています。

また、牛乳では不足をしがちなビタミンC、ビタミンD、ビタミンEなど栄養素もバランスよく含み、16種類のビタミンやミネラルを配合しています。

水に溶けやすく、甘みが少なくあっさりとした味が特徴でミルクや母乳からの切り替えもスムーズだとママの評価も高いようですよ。甘味が少ないほうが、子どもがミルクだけを好まず離乳食を食べてくれやすいので食事と一緒に飲むときはおすすめです。

母乳成分のヌクレオチド配合「アイクレオ」

グリコの「アイクレオ」は鉄分やカルシウム、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが配合されたミルクです。

そして、「アイクレオ」の魅力は母乳成分であるヌクレオチドを配合しているところです。母乳に含まれる成分のうちの主要な5種類を国内メーカーで初めて粉ミルクに配合したそうです。ここまで母乳に近づけた量のヌクレオチドの配合は「アイクレオ」だけです。

そのほか、ビフィズス菌を増やし母乳にも含まれるガラクトオリゴ糖や、DHAに変わるα-リノレン酸を含むエゴマ油を配合しています。

アイクレオの社内の栄養士は200人以上で子育てアドバイザーの資格を持っています。栄養相談などもおこなっているので心強いですね。

まとめ

卒乳後のフォローアップミルクは必ずしも必要なわけではありませんが、生後9カ月から3歳ごろまでは心身の発達が著しく栄養も不足をしがちになります。様子を見てママが必要と感じたときに利用しましょう。また、栄養補助食ということを忘れず、離乳食をしっかりと食べられるように見守ってくださいね。

フォローアップミルクはたくさんの種類があって迷いますが、試してみて子どもに合うものを使う方法もあります。健やかな成長のためにもぜひ利用してみてください。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND