就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児と一緒に飛行機!準備段階から機内までストレスフリーでいく方法

幼児と一緒に飛行機!準備段階から機内までストレスフリーでいく方法

実家への帰省や家族旅行などで、まだ幼いわが子と飛行機に乗ることになり不安を感じているママもいるかもしれません。そこで今回は、子連れにおすすめの座席と予約の仕方、機内で快適に過ごすためのコツや事前に知っておきたいことなどについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

一番気になる?おすすめの座席と予約の仕方

客室乗務員おすすめは後部座席の通路側!

飛行機に幼児と乗る場合、どこの座席が一番便利なのか気になりますよね。客室乗務員によると、小さい子連れの場合、後部座席の通路側がおすすめとのことです。

後部座席というと、機内に乗ってから一番奥まで歩かなくてはならないので一見不自由に感じてしまうかもしれません。しかし幼い子どもを連れた乗客は、優先的に先に機内へと案内してくれるのでさほど不便ではありませんよ。

飛行機を降りるときも、ほかの乗客が機内を出てからゆっくりと出ることができるので、狭い通路で後ろの人を気にしながら焦って降りるということもありません。また、機内後方のトイレへのアクセスがしやすいため、子どもがトイレに行きたがったときにも便利です。

アームレストが上がる座席は狙い目

子どもが体重約10kg未満の乳児の場合、前方スクリーン前の座席だとバシネットと呼ばれる赤ちゃん用ベッドを壁に取りつけてもらうことができるので、その座席を利用することが多いかもしれません。しかしそれ以上の年齢になると、ママの膝もしくは座席に座って機内で過ごすことになります。

このとき、スクリーン前の座席だとママやパパが足が伸ばせるのはありがたいのですが、アームレストが上がらないため、子どもが眠たくなってもママの膝枕で寝かせるということができないので注意しましょう。

アームレストが上がる座席なら、ママやパパの足元は狭くなってしまうものの、子どもが眠たくなったときにママの膝枕で眠ることができるので便利ですよ。

当日のカウンターで隣をブロックしてもらう

航空会社によっても規定は違いますが、国内線の場合、ほとんどの航空会社において3歳未満は無料となっています。この場合、基本的に座席利用はできず、ママもしくはパパの膝の上に座ることになります。

しかし座席の数に余裕がある場合は、離陸してから子どもを1人で座席に座らせることも可能です。そのためにも、できれば当日チェックインしたカウンターで隣の席をブロックしてもらうようにしましょう。

お願いするときは「うちの子どもが大泣きして暴れて、隣の人に迷惑をかけてしまうと申し訳ないので」など、丁重に低姿勢でお願いするようにしたいですね。機内に空席があれば、融通してくれることも多いですよ。ダメもとで当日のカウンターでお願いしてみましょう。

空港や機内で快適に過ごすためのコツ

搭乗前に子どもを思いっきり遊ばせよう

子どもが機内で元気いっぱいに騒いでしまうと、ほかの乗客への迷惑にもなってしまい、ママも困ってしまいますよね。そのためにも搭乗前に子どもを思いっきり遊ばせるようにしましょう。

空港には搭乗口付近にキッズスペースが設けられていることがあります。あらかじめ利用する空港内のどこにキッズスペースがあるのか、サイトなどでチェックするようにしましょう。

当日は余裕を持って空港に到着するようにし、早めに荷物検査も済ませてしまうことをおすすめします。そして搭乗ぎりぎりまで、キッズスペースで子どもを思いっきり遊ばせるようにしたいですね。

遊び疲れると機内で少し眠ってくれるかもしれません。くれぐれも搭乗前に昼寝をさせないようにしてくださいね。

耳抜き対策は、飲み物・飴・耳栓!

飛行機に乗っていると、気圧の変化で耳が痛くなってしまうことがよくあります。まだ言葉で耳の不調を伝えられない赤ちゃんの場合は、泣いてしまうでしょう。

離陸や着陸のタイミングで、できるだけ飲み物や飴、耳栓などで対策をとるようにしたいですね。赤ちゃんの場合はそのときにミルクを飲ませるのもよいですよ。幼児の場合は、ジュースを飲ませたり飴を食べさせてもよいですね。

もしくは気圧変動に対応した耳栓もおすすめです。Amazonなどの通販もしくは空港内の雑貨店、薬局などで購入することができます。子どもの耳の穴に合ったサイズのものを購入するように注意しましょう。

子どもは自分では上手に耳抜きができないので、ママが気をつけてあげるようにしたいですね。

機内の飲み物はママもフタ付コップが便利

機内で飲み物をもらうこともありますよね。プラスチックもしくは紙コップで飲み物を配ってくれますが、子どもがいると、ふとした拍子に手が当たってこぼしてしまうトラブルも頻繁に起こります。

その度に狭い座席で体を倒して拭き掃除をするのも困難です。機内の飲み物用に、子どもだけでなく、ママもフタ付きコップを用意すると便利ですよ。フタがついていれば、飲み残しがあってもうっかりこぼしてしまうという事故もありません。

またこぼす心配もなく、常に手元に飲み物を置いておくことができるため、いつ子どもが「喉乾いた」といってきても、飲み物を客室乗務員にお願いする必要がないので安心です。機内持ち込み荷物に、ママと子ども用のフタつきコップを用意しておくようにしましょう。

旅の計画や予約の際に知っておくとよいこと

国際線は2歳未満でもタダではない!

航空会社の規定によるものの、国内線では2歳未満の子どもは無料で飛行機に乗ることができますが、国際線の場合、たとえ2歳未満であってもタダではありません。2歳未満で、座席を利用しない場合であっても正規大人料金の約10%を支払うというのがルールになっています。

生後何日から飛行機に乗ることができるのかは、各航空会社規定によっても異なるので、問い合わせてみるようにしましょう。

2歳以上から12歳未満になると、正規大人料金の約75%を支払わなければなりません。この場合、大人向けの早割などを利用すると、子ども料金よりもお得に航空券を買うことができることもあるので、大人の早割と子ども料金のどちらが安いのか、しっかりと見比べてから購入するようにしたいですね。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事