就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

姑が子育てに干渉してくる!ストレスを溜めない対処法を紹介

姑が子育てに干渉してくる!ストレスを溜めない対処法を紹介

子どもが生まれる前は姑と程よい距離を保てていたとしても、子どもが生まれたら干渉されるようになったというママもいるようです。姑はどうして子育てに干渉してくるのでしょうか?その理由を知って、姑の干渉に対するストレスを溜めない対処法をご紹介します。程よい距離で関われるとよいですね。

なぜ姑は子育てに干渉してくるのか?

姑は経験に基づいて善意でいっているつもり

姑は今よりももっと不便な時代に育児をしてきた子育ての先輩です。そして、子育てのことはよく分かっているという自負もあるでしょう。

自分の方がいろいろな経験をしてきて知っていることもたくさんあるのだから、初めて育児をするママが困らないようにと善意でアドバイスをしているのでしょう。姑の育児の知識は、経験で得たものが中心で、時代背景の違いまでは考えられていません。

自分が経験してきた育児方法をママに伝えることで、ママとパパを助けてあげたいと考えているのでしょう。ママにとったら無視できない相手だけにいろいろといわれるとストレスになりますし、善意と分かるだけに反論もしにくいですよね。子育てで疲れているときには辛いですね。

昔と今の育児の違いを知らない

育児法は時代によって違います。赤ちゃんとママの研究も年々進み、育児に関する情報や環境はどんどん変化しているのです。

姑とママでは育児に関する情報も情報収集の仕方もかなり違ってきます。ママはインターネットや育児本から情報を集め、子どもにとってよいとされている方法で関わっていますよね。

けれど、姑はその時代によいといわれていた育児法をして、自分の経験から育児法を理解し対応していたのでしょう。育児の知識は必要なければ調べないでしょうから、育児法も昔のままで止まっているのですね。

自分とは違うというだけで、ママが間違っていると判断してしまうのかもしれません。昔と今の育児の違いを知らず、間違ったことを正すつもりで干渉してくるのでしょう。

孫への愛情が高く自分も子育てに参加したい

孫は子どもよりも可愛く思えるといわれています。姑にとって孫はただただ可愛く、自分の可愛い息子の子どもなのですから、自分が育児中に忙しくてできなかったことを孫にはしてあげたいと思うこともあるのでしょう。

それに、孫は可愛いですから気に入られたくて、物を買い与えたり、必要以上に甘やかしたり、ママにとってはしてほしくないことをしてしまうこともありますね。姑にとっては愛情表現かもしれませんが、ママはイライラする原因でしょう。

自分が寂しくてすることもないから、可愛い孫に依存していることもあるかもしれません。孫への愛情が高いあまり、自分も子育てに参加したいという思いから、ママの気持ちはお構いなしにどんどん関わってくるのでしょう。

姑から子育てに干渉されたときの対処法

同居の場合は外出してリフレッシュ

姑から子どものことをいろいろといわれると、ストレスが溜まりますよね。ママや子どもに影響が出てはいけませんから、ストレス発散をすることが大事です。

特に姑と同居しているママはずっと一緒にいると気が休まるときがありませんね。姑との距離をとるためにも子どもを連れて外出しましょう。

「子どもには日光浴が必要ですから」「子どもの集まりにいってきます」などと子どもを理由にあげれば外出しやすいですね。ママはママで自分の居場所を自宅以外で見つけられるとリフレッシュできるでしょう。

ママにとって自分がリフレッシュできる場所が見つけられたら、程よくストレス発散ができて姑に対してのイライラも解消されるかもしれませんね。

別居の場合は「孫日記メール」で安心させる

姑と別居しているママは突然の訪問や連絡にドキドキ、イライラさせられていませんか?姑が関わってくる前に、ママのタイミングで関わるという方法もあります。

直接会うといろいろといわれることもありますから、ママから姑宛に「孫日記メール」を送ってみてはいかがでしょうか。毎日送るのは大変ですから、子どもの成長を感じ取れたときに送ってみましょう。

例えば、初めて立てたとき、苦手な食べ物が食べられたとき、初めて三輪車に乗ったとき、などなんでもよいのです。姑に孫が成長していると感じられる写真と文章を送ってみましょう。

姑は可愛い孫を見られますし、自分も育児に参加している気になれて、干渉する気持ちにならないかもしれませんよ。

ある程度は聞き流してOK

姑がよかれと思っていろいろといってくることを、すべて受け止めようとするのは大変です。的外れなこともありますし、嫌味をいわれることもあるでしょう。

本当に聞き入れなくては困ることはきちんと聞く方がよいでしょうが、受け止めきれないものは聞き流すことも大切ですよ。ママが辛くなってしまっては、子どものためにもなりませんからね。

嫌味をいわれてムカッとしたことや、育児法のダメ出しをされてイラッとしたことは、なかなか忘れることができないかもしれませんが、うまく聞き流してできるだけ忘れてしまいましょう。「この姑はこういう人だ」と少しあきらめると受け止めすぎなくて済むかもしれませんね。姑の話を聞き流す勇気を持ちましょう。

姑とうまく付き合っていくために

今の子育てを知ってもらう

姑にいわれた子育ての方法が今と違っていて困ったことはありませんか?今の子育てと姑の時代の子育ては違っていることもありますから、今の子育てをきちんと知ってもらいましょう。

ただし「お義母さんの方法は間違っていますよ」という言葉は使わない方がよいですね。姑は正しいと思っている育児方法ですから、否定をされたらショックを受けてしまうかもしれません。

それよりも、今いわれている子育ての方法を育児本や雑誌を見せて説明してみましょう。どうして以前と変化したのかの理由も一緒に説明すれば姑も納得してくれますよ。

ママがいっていることが本当とわかってもらえるでしょう。今の子育ての仕方を姑にも体験してもらって、よさを実感してもらうのもよいですね。

連絡はできるだけ事後報告で済ます

孫に関することを何も知らされずに、後から違うルートで聞かされたら姑もよい気はしませんね。「私だけ知らされてなかった」と感じさせないようにするためにも、孫に関することはこまめに連絡をしておきましょう。

ただし、事前に連絡をすると「私も行きたい」と行事に一緒に行きたいといいだしたり、「もっと別の場所にお参りに行った方がよいわよ」とママたちが考えたことを変更させようとしたりするかもしれません。

ママとパパで相談したことを優先してくれる姑ならよいですが、そうでなければ困りますよね。困ると分かっているのであれば、事後報告で済ます方がよいですね。まったく連絡がないのは姑も寂しいでしょうが、まめに教えていれば角が立たないでしょう。

パパを緩衝材に適度な距離を保って

パパにとって姑は実の母親ですし、ママは自分が選んで結婚した人ですから、パパとしては姑とママのどちらかだけの肩を持つのは気が引けるでしょう。どちらかの味方をしてもらうというよりは、パパに緩衝材になってもらってママと姑が適度な距離を保てるように対応してもらいましょう。

姑へいいたいことがあったらパパから伝えてもらいましょう。ママがパパに話をするときも姑の悪口になってはダメですよ。パパも実の親の悪口をいわれたら悲しいですよね。

ママの意見として姑に伝えてもらうのではなく、夫婦の意見として話してもらうのがママと姑の関係性を悪化させないことにもなるでしょう。程よい距離を保てたらストレスを感じずにお付き合いできるかもしれませんね。

まとめ

育児で忙しくて大変なときに姑にいろいろと干渉されるとママも大変ですね。はっきりといい返したくてもなかなか思うようにいえなくてストレスも溜まるでしょう。

姑としては、自分の育児体験をよかれと思ってママに話し、最近の育児方法は知らないうえで干渉してくるのです。姑は悪気がないと思って、外出してリフレッシュすることや、メールで近況報告して事前に干渉されるストレスを感じないようにするのもよいですね。

パパにも協力してもらって、みんなが程よい距離感で接し、ストレスを溜めない関わりをしたいものです。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj