就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがチャイルドシートでぐずる問題!原因と対策、便利アイテム

赤ちゃんがチャイルドシートでぐずる問題!原因と対策、便利アイテム

チャイルドシートに乗せるたびに赤ちゃんがぐずってしまい、大変な思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。チャイルドシートを嫌がる原因には色々な要因が考えられます。考えられる原因を探り、改善策を見つけましょう。家族みんなが楽しく車中で過ごせるヒントをご紹介します。

チャイルドシートでぐずる原因と体験談

チャイルドシートが不安、不快である

赤ちゃんにとってチャイルドシートに乗ることが不安だったり、不快だったりした場合、ぐずってしまうケースがあります。その原因として、ママが見えないことや抱っこしてもらえないこと、チャイルドシートに乗ることに慣れておらず不安になってしまう可能性が考えられます。

ほかにも、ベルトの調整が合っておらず不快に感じたり、体勢が窮屈に感じたりして抜け出そうとしてしまうことも。乗り心地が不快なケースも多いので、赤ちゃんの体に合ったチャイルドシートを選ぶことも大切です。

車内の温度や臭いなどによって機嫌が悪くなることも考えられます。赤ちゃんにとって快適な車内環境を整えることにも配慮してあげるようにしましょう。

チャイルドシートの時間が退屈である

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がってぐずってしまう原因には「退屈」ということも考えられます。特に、赤ちゃんの月齢が低いうちは、チャイルドシートも後ろを向いていたり、ベッドのようにフラットに近い状態になったりするため、ママやパパの顔が見えないだけでなく、外の景色も見えづらい状態になります。

天井しか見えず、同じ景色がずっと続くので退屈に感じてしまう子も少なくありません。また、チャイルドシートに固定されて、自由に動けないことで不機嫌になるケースもあります。

6カ月を過ぎた赤ちゃんは、ハイハイで自由に動き回って遊べる子も多く、自我が芽生え出すため、なお固定されるのを嫌がる傾向が強いことも考えられます。

先輩ママたちの体験談

チャイルドシートを嫌がる赤ちゃんは、乗せるときにぐずるだけでなく、走行中も泣き続けてしまうケースも多いです。ある先輩ママは、心配で運転に集中できなかったと話してくれました。

車に乗る機会の多い先輩ママの家庭では、慣れてもらわないと困ってしまいます。そのため、慣れてもらうことを優先して心を鬼にして過ごしたようです。

乗せるたびに泣きわめくのを見ると、ママも赤ちゃんを降ろしてあげたくなりますが、これを繰り返していると、赤ちゃんは泣けば降ろしてもらえると認識してしまい、ますますチャイルドシートを嫌がることに。

ほかにもおもちゃやDVDなどを活用した先輩ママも多いです。少しの間ママも赤ちゃんも我慢をして慣れるようにしましょう。

チャイルドシートでぐずるときの対策とは

手を握ったり声をかけて不安を取り除こう

後ろ向きに乗せる月齢の赤ちゃんの場合、ママの顔が見えるミラーを取り付けて安心感を与えているママも多いです。赤ちゃんにとって、ミラーは興味をひかれるものの一つでもあるので、ママの顔が見えるだけでなく、自分の顔を写して遊ぶこともできるアイテムです。

特に後ろ向きにチャイルドシートをセットしている月齢の頃は、ママの顔が見えない不安が大きいです。優しい声で名前を呼んだり、声かけをしたりすることで、不安感を取り除いてあげましょう。

同じ車内にママやパパもいることをしっかりと分からせてあげることが大切です。また法律違反にもなるため、チャイルドシートにきちんと乗るまでは出発しないといった約束ごとなどを決めておくこともおすすめです。

普段使っている毛布やタオルを持たせてみる

お気に入りの毛布やタオルなどがある場合は、車内にも持ち込むことで安心することができます。ただし、4カ月頃までの赤ちゃんは、顔にかかったタオルを自分で取り除くことができないので、注意が必要です。

ぐずってしまう原因として、眠たいのに動きが制限されたり、慣れない雰囲気で眠れなかったりして泣いてしまう可能性も考えられます。お昼寝などで使っている布団やぬいぐるみなどのグッズを持ち込むことで、入眠をサポートしてあげる方法も効果的です。

ママが見えないことで不安に感じ泣いてしまう赤ちゃんには、ママの匂いのついたものを持たせてあげるとよいでしょう。赤ちゃんがママのものだと認識できるものを持ち込んで様子を見てみるのもおすすめです。

退屈しないように玩具や絵本を用意しよう

チャイルドシートに乗ると楽しいことがあると認識させるためにも、おもちゃや絵本、音楽などで退屈しないよう工夫してみましょう。おもちゃは遊んでいるうちに下に落とす可能性もあるので、チャイルドシートか車に吸盤などでくっつけて使用するものがおすすめです。

おもちゃや絵本は家にある見慣れたものだと、すぐに飽きてしまう可能性があります。あらかじめ赤ちゃんが興味をもちそうなものを用意しておいて、車に乗ったら渡してあげるなど、渡し方にも工夫をすると喜んで遊んで過ごしてくれることでしょう。

月齢の小さな赤ちゃんでも音には敏感。音の出るおもちゃや、音楽などで慣れない車内にいる不安を紛らわせてあげられるものを用意することがポイントです。

チャイルドシートでのぐずりに役立つグッズ

ミラー付き「フットファントカートイ」

赤ちゃん用品メーカーで知られている海外ブランド「カトージ」の車の座席に取り付けて使用するおもちゃになります。チャイルドシートに乗ったまま、遊んで過ごすことができるよう、さまざまなおもちゃが付いています。

つま先で回せるローラーや音の鳴るぬいぐるみ、ミラーなど、赤ちゃんが興味を持つたくさんのおもちゃが付いているので、長時間でも飽きることなく遊んでくれます。ぬいぐるみは、異なる2種類の音を楽しむことができます。

色もカラフルなので、見た目にも楽しさがあふれ出ているおもちゃ。触り心地も優しい素材の知育玩具で0カ月からの赤ちゃんが対象年齢のおもちゃなので、生まれる前から準備しておきたいおもちゃの一つといえるでしょう。

オーリンクで落下防止「オーボール」

おもちゃを握り始める赤ちゃんにぴったりなのがオーボール。オーリンクと併用して、チャイルドシートに取り付けて持ち運ぶことができます。

赤ちゃんの手元からオーボールが離れてしまっても、オーリンクがつかみやすい形状になっているので、転がって落下することなく自分で引き寄せることができ、安心です。車のシートやドア、天井など、色々なところに取り付けやすく使いやすい点も人気のポイントといえるでしょう。

オーボールには、所々にビーズのようなものが配置されており音が鳴るタイプと、音が鳴らないタイプの2種類あります。月齢の低い赤ちゃんには、音が鳴るタイプがおすすめで、自分で振ってカシャカシャという音を楽しむことができます。

「みてみてばぁ!おでかけアンパンマン」

昔から人気キャラクターとして定評のあるアンパンマンのおもちゃは、音が鳴る、噛むことができるなど、赤ちゃんの好きな要素の詰まったおもちゃです。3カ月頃からの赤ちゃんのおもちゃとしておすすめです。

アンパンマンは振るとリンリンという音が鳴り、足の部分は歯固めとして使用できます。マントからはパリパリという音が出ますよ。

アンパンマンの腕から出ているタグも立派な遊び道具として使えます。アンパンマンのお腹をグッと押すと、いないいないばあをしてくれる点が最大の魅力。

大好きなアンパンマンがいないいないばあをしながら自分と一緒に遊んでくれるので、チャイルドシートで機嫌が悪かった赤ちゃんでもご機嫌になってくれることでしょう。

まとめ

チャイルドシートを苦手とする赤ちゃんは少なくありません。しかし、親としてはご機嫌で乗ってくれないと、運転中も気がかりで危険がともないます。

まずは赤ちゃんが不機嫌になる原因を探り、解消できるよう対策をしてあげることから始めてみましょう。市販されているグッズや、家にあるおもちゃや音楽などを活用するのもよいでしょう。

車に乗ることを楽しみにしてくれるような工夫をしてあげることが大切です。ママもパパ赤ちゃんもみんなが楽しく車中で過ごすことができるよう色々と試してみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018