就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

親陸会の会話が続かないママ必見!人見知りママでも乗り切る対処法

親陸会の会話が続かないママ必見!人見知りママでも乗り切る対処法

幼稚園の親睦会があるけど、どんな雰囲気なのだろう?どんな会話をしたらよいの?と不安に思うママは多いことでしょう。初対面の人と会話をするのは緊張しますよね。そんなママのために、親睦会の流れや会話のコツ、注意したいポイントなどをご紹介します。ぜひ役立ててくださいね。

幼稚園の親睦会ってどういう内容のもの?

ママ同士の交流を深めるために定期的に開催

ママ同士の交流を深めるために、定期的に親睦会を開催する幼稚園が多くあります。親睦会にまだ参加したことがなく、どんなことをするのか不安だというママのために、親睦会の流れをざっとご紹介しますね。

親睦会はそのクラスによって内容が変わるようですが、一般的には下記のような流れが多いようです。

・くじ引きなどで席決め
・ママの自己紹介
・ランチをしながら歓談
・お迎えや送迎バスの時間に合わせて解散

親睦会は年に1~2回、1回が2時間程度で開催されることが多く、仕事をしているママにも配慮して、最低限の回数に絞っている幼稚園が増えています。会場はファミリーレストランやカジュアルレストランで、下の子を連れていけるよう、考えられていることが多いようです。

自己紹介やゲームでママ同士も顔見知りに

親睦会でほぼ毎回行われる自己紹介は、話す内容に困らないように、あらかじめ話す内容が指定されていたり、自己紹介で話す内容をくじやサイコロで決めてゲーム感覚でおこなったりすることもあります。ただし、話す内容が指定されていない場合はなにを話したらよいか、迷ってしまいますよね。

そのようなときのために、あらかじめ自己紹介で話せるネタを考えておくと安心ですよ。ネタはその後の話題になりそうなものがおすすめです。

例えば「この辺りのスーパーのお買い得情報を教えてください!」「チョコレートが大好きです。最近美味しかったのはこれ!」といった、親しみやすいものがよいですよ。上手に話そうと思うと緊張しやすいので、楽な気持ちで自己紹介をしてみてくださいね。

人見知りママもママ友を作るチャンス!

幼稚園の懇親会というと、人見知りのママにとってはちょっと気が重い…と感じてしまうこともありますよね。はじめて参加する場合は特に、どんな話をしたらよいのだろう?嫌われたらどうしよう?などと、不安に感じてしまうこともあるでしょう。

ですが、幼稚園の懇親会は、気が合うママ友と出会うチャンスでもあります。前向きにとらえて、楽しい気持ちで参加してみましょう。

懇親会では、自己紹介やゲームなどのプログラムが用意されていることが多いので、終始1人きりでポツン…と寂しく過ごすことはありません。心配しすぎないようにしましょう。

人と会話するのが不安だという場合は、初対面の人とでも話しやすい話題を何個か決めておくと、気持ちも落ち着きますよ。

話題に困ったときの会話の仕方は?

答えやすい天気や近所の話題をしよう

話題に困ったときのために、何個か会話のきっかけになるものを用意しておくと安心です。おすすめは、初対面の人とでも気軽に話しやすい、天気や近所の話題です。

天気の話題は、ちょっと道ですれ違う人とも気軽に話せるような万能な話題ですよね。「今日は暖かくて過ごしやすいですね」「どんどん寒くなってきましたね。そろそろコートを出さないといけないですよね」といったように、明るく話しかけてみましょう。

近所の話題であれば「うちは〇〇あたりに住んでいるのですが、お住まいはこの辺ですか?」「普段どのあたりで買い物していますか?」といったように、住んでいる地域を何気なく聞くところからはじめて、近所のお店の話などを持ちかけると、スムーズに会話が進みますよ。

園や学校の行事についての話題

同じ園に通う子どもがいるママ同士なので、園や学校の行事についての話題は話しやすくてよいですよ。「この前のお遊戯会、子どもたちかわいかったですよね」「次の遠足は〇〇に決まったみたいですね」といったように、行事の話題を振ってみましょう。

また、行事の話題から幼稚園での生活のことについて、話を膨らませてみるのも自然でよいですよ。「幼稚園にはバスで通っているのですか?」「〇〇の遊びは男の子に人気がありますよね」といったように、会話の糸口にしてみましょう。

園や学校の行事や生活については関心があるママが多いので、会話も続きやすいでしょう。共通の話題でもあるため、大人数で話すときにもおすすめの話題です。

子どもの習いごとについて聞いてみよう

話題に困ったら、子どもの習いごとについて聞いてみるのもおすすめです。「そろそろ習いごとをさせようかなと考えているのですが、子どもになにか習いごとはさせていますか?」と話しかけてみましょう。

注意点は、自分から「うちはこんな習いごとをさせています!」と、自分の子どもの話をしないこと。人によっては自慢に聞こえてしまうこともあるので、習いごとの話題は、相手の話を聞くことをメインにすすめていくとよいですよ。

まだ習いごとをさせていない時期であれば、まわりのママたちがどんな習いごとをさせているのか、聞けることで参考になることも多いでしょう。会話がはずめば、その習いごとの月謝や先生の人柄、習いごとの効果などについても聞けることがありますよ。

注意した方がよい会話のポイントとは

年齢の話は仲よくなってから

ママ友と早く仲よくなりたい!という気持ちから、相手のプライベートを思わず聞いてしまうような質問は、はじめは避けた方が無難です。年齢の話などは、気にする人にとってはとてもデリケートな部分ですので、話をするとしたら仲よくなってからにしましょう。

とても若く見えて綺麗なので、自分よりも年下のママだと思って年齢の話を振ったところ、実は自分よりも年上だった、というパターンや「もう、おばさんだから~」と年上のママの前でついうっかりいってしまう…といったパターンなど、年齢関係の話は思わぬ落とし穴が多いもの。

初対面の人が多いときや、まだ数回しか話したことがない間柄のママとの会話では、年齢の話は避けましょう。

パパの職業は気にする人が多い

パパの職業についても注意した方がよいでしょう。何気なく聞いたら、就職活動中だった…ということもありえます。

また、パパの職業を聞かれることで収入を探られている、と感じてしまうママや、どんな風に思われるかわからないからわざわざ職業についていいたくない、と思うママもいるようです。自分からパパの職業について聞くのは、避けた方がよいでしょう。

パパの職業については、話したい人は自分から話してくるものです。相手から職業について話してきたら、会話に繋げていくとよいですよ。

また、ママが昔していた仕事についても、話題にしたくない人はいるので注意しましょう。職業についての話題は、ママ友との信頼関係ができて、相手が嫌がらない話題だな、とわかってからにしましょう。

悪口や陰口はNGワード

悪口や陰口はNGワードです。自分からいうのはもちろん、同調するのもやめましょう。

共通の知り合いのうわさ話はつい盛り上がりやすいため、自分ではいわなくても誰かがいった悪口に対して「私もそう思っていた!」「あの人、こんなこともするのよ!」と同調してしまい、つい悪口が活気づいてしまうことがあります。

悪口や陰口はいっているだけでネガティブな印象を持たれやすく、感じが悪い人だと思われやすくなりますので、注意が必要です。悪口はいわない、同調しない、という姿勢を保つようにしましょう。

また、会うたびにほかの人の悪口をいうママ友が周りにいる場合は、お付き合い自体を避けた方が無難です。悪口が多い人とはなるべく接点を持たず、巻き込まれないようにしましょう。

まとめ

親睦会がある、と聞いただけで、どんな会話をしたらよいのだろう?と悩んでしまったり、あまり気が進まないなと感じてしまったりするママも多いことでしょう。どんな雰囲気なのかも気になりますよね。

親睦会への参加が不安な場合は、初対面の人とでも当たり障りなくできる会話を数個用意して参加すると、少し気が楽になりますよ。また、うまく立ち振る舞おうとせず、自然体でいる方が、相手からも話しかけてもらいやすくなります。

親睦会は気が合うママ友と出会えるチャンスでもあります。気楽に親睦会に参加してみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018