就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんは秋も 「あせも対策」が必要。できやすい理由と予防法

赤ちゃんは秋も 「あせも対策」が必要。できやすい理由と予防法

肌がデリケートでたくさん汗をかく赤ちゃんは、あせもに悩まされることも多いですね。あせもといえば、夏によく見られる疾患ですが、実は、秋にもできやすいことをご存知ですか?涼しいはずの秋にどうしてあせもができるのか、その原因と対処法、予防法を今回の記事で一緒に見ていきましょう。

秋にもあせもができる理由とあせもの種類

秋もあせもができやすい理由とできる原因

皮膚には汗を出す「汗腺」という腺があり、この汗腺に、汗やほこり、垢などが詰まってしまうと出口を失った汗によって汗腺に炎症が起きます。これがあせもの原因です。

あせもは大人よりも子どもに多く見られる症状です。それは、大人に比べて子どもの方が汗腺の活動が活発であるからと考えられています。特に夏場は汗をかく機会が多いので、あせもになりやすいですが、あせもは季節に関係なくできるものです。

秋は夏場よりも気温が下がり涼しくなるので、「肌寒いから」と子どもに重ね着をさせがちですが、子どもにとっては暑すぎという場合もあります。結果的に汗をかきやすくなってしまい、それが原因であせもになってしまう、ということも少なくありません。

あせもの種類を知って早めに治そう

あせもには主に三つの種類があります。

・水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)
透明で小さな水泡状のあせもです。汗の出口の浅い場所が詰まって、角質の中に汗がたまることで発症します。比較的治りは早く、ほとんどは数日で治まります。

・紅色汗疹(こうしょくかんしん)
皮膚の少し深い場所の汗管が詰まってできるあせもで、発疹には赤みがあります。かゆみや痛みをともなうこともあり、場合によっては膿を持つこともあるでしょう。

・深在性汗疹(しんざいせいかんしん)
赤みやかゆみはほとんどなく、白っぽく扁平に隆起します。体内に熱がこもり熱中症を引き起こすこともあります。熱帯地方や高温になる環境のもとで数カ月間働いた人に起こるとされ、あまり見られない種類のあせもです。

あせもと間違えやすい湿疹や病気

あせもと間違えやすい湿疹や病気には次のようなものがあります。判断が難しい場合もあるので、症状が現れたら早めに病院へ相談しましょう。

・乳児湿疹
新生児ニキビや脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)などの総称です。ママからもらったホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になることで起こります。生後3カ月頃までの赤ちゃんに多く見られます。

・突発性発疹
発熱し、熱が下がってくると同時に体に赤い発疹が現れます。発熱後に発疹が出た場合は、突発性発疹の可能性が考えられます。

・接触性湿疹
動物や金属、植物など原因となる物質が皮膚に触れたことで、その部分が赤くかぶれた状態です。

・アトピー性皮膚炎
アレルギー疾患の一つで、強いかゆみをともなう湿疹です。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

秋にあせもができたときのの対処法

シャワーできないときはこまめに着替える

あせもにとって一番よくないのは、汗をかいたときにそのまま放置してしまうことです。

びっしょりと汗をかいたら、シャワーで洗い流して清潔を保つことがベストです。洗浄料を使うと肌の乾燥を招くので、ぬるま湯で流すだけで十分ですよ。

ですが、外出先などで、それがむずかしい場合もありますね。そうしたときは、着替えを用意しておいて、こまめに着替えるようにしましょう。

頭に汗をかいたら、タオルやハンカチでできるだけ拭いてあげるのもよいですね。ウエットティッシュや濡らしたガーゼなどで拭いてあげるとさっぱりします。

一日の終わりには洗浄料を使って、力強くこするのではなく、泡で優しく丁寧に洗ってあげてください。

汗をかきすぎないようにエアコンで温度調節

小さな子どもほど、体温調節機能が未熟です。そのため、あせもの原因となる汗をかく前に、大人がエアコンなどで温度調整してあげることも大切です。

外にいる場合には仕方がありませんが、室内で過ごせるのであれば、エアコンで23~25℃の室温を保てると汗のかきすぎを防げます。

寝ている間にも汗をかくので、できれば夜間もクーラーで快適な室温をキープしたいですね。扇風機を併用すると、クーラーからの冷気を循環させることができます。

特に、西日が当たる部屋は秋になっても気温が上がりやすいので、あらかじめ室温の調整をしておきたいですね。

子どもは汗っかきなので、大人が快適な室温でも汗をかいていることがあります。こまめにチェックしてあげましょう。

治りにくいときは薬を使うか早めに病院へ

あせもを治すには、肌を清潔に保つことがなによりも大切です。正しくケアをすることで、多くの場合は2週間程度で治るといわれています。

「こまめに着替える」「汗をたくさんかいたらシャワーを浴びる」「汗をかきすぎないように調整する」などに気をつけていてもあせもが治らない場合は、あせもが悪化する前に、薬の使用や病院で受診することも考えましょう。

あせもなどの皮膚の炎症には、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン剤が用いられます。病院で処方してもらえますし、薬局・ドラッグストアにもあせも用の塗り薬は市販されています。

市販品を購入する場合、効果の強さや値段などもさまざまなので、店頭にいる薬剤師に相談すると安心ですよ。

秋も暑がりな赤ちゃんのあせもの予防法

暑がりなので秋は着せすぎに注意する

大人よりも平均体温が高い赤ちゃんは、基本的に暑がりです。ですが、暑いからといって赤ちゃんが自分で着ている服を脱いで体温調節する、ということは当然ながらできません。

そのため、ママが赤ちゃんの洋服の着せすぎに気をつけてあげるとよいでしょう。

秋になると、日中もだんだんと過ごしやすい気温になります。朝晩に涼しい風が吹くと、少し肌寒いと感じるママもいるかもしれません。

けれど、寒いからといって赤ちゃんに洋服を着せすぎると、びっしょりと汗をかいてしまうことがあります。
見た目は問題なく見えても、実は背中やおしりが蒸れてしまっている、なんていうことも。赤ちゃんの洋服の着せ方には気をつけてあげましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事