就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

入院生活に最適な靴やスリッパの選び!出産準備のために選ぶコツとは

入院生活に最適な靴やスリッパの選び!出産準備のために選ぶコツとは

靴やスリッパを選ぶときのポイント

脱ぎ履きのしやすいものを選ぶ

入院中のママの体調と履物を使うシーンを考えると、靴やスリッパは脱ぎ履きがしやすいものを選ぶことがポイントですね。靴は退院時に赤ちゃんを抱っこしていても脱ぎ履きやしやすい靴であれば楽でしょう。

病院の中では、スリッパの脱ぎ履きがしやすいという条件を満たしていて、水にも強い素材でできているクロックスのような形と素材のものは履きやすいかもしれません。しっかりと履きたいときは足の後ろを引っかけることもできますから便利です。

脱ぎ履きがしやすいものということは、手を使わずに脱ぎ履きができるということにもなります。産後で体が痛いときにかがんだり、手先を足元に伸ばしたりする動きをしないだけでも体に負担がかからなくてすむでしょう。

底に厚みのあるものがベター

出産後のママの体のことを考えると体にやさしい履き心地のものがよいですよね。歩くときは足からの衝撃が体に響くことがあります。

ですからできるだけ足から衝撃が伝わらないスリッパを履きましょう。スリッパの底に厚みがあると少し衝撃が和らぎますよ。体への負担を楽にするためにも底に厚みのある履物がよいですね。

また、出産するのが冬の場合、足元が寒い場合があります。病院ですからどこでも温かいとは思いますが、売店にいくこともあるでしょうし、寒さを防ぐためにも底が厚いものがよいですね。

厚い底のものに滑り止めがついていたらなおさら安心です。ママが履いてみて心地よいクッションが感じられたら体にもやさしい履物になりそうです。

余裕があればママのお気に入りをチョイス

出産の入院中はお見舞いに来る人が多いですし、常に医療スタッフの人に囲まれ、同じ時期に出産したママとも交流することがあるでしょう。パジャマも周りの人に見られますが、スリッパや靴も同じように見られる機会が多いですよね。

もし、使い古しの汚れた履物を履いていたら、周りの人に見られることを気にしてストレスになるかもしれません。ただでさえ精神的にも余裕のないときですから、できるだけ周りを気にしなくても大丈夫なものを持っていくとよいですね。

ママもお気に入りの履物があったら、それを持っていくと、履物を見るたびに気持ちが癒されるかもしれませんよ。気持ちも辛くなりやすいときですから、お気に入りのものが身の回りにあると心が安らぐでしょう。

まとめ

出産後の入院生活は出産という大変なことを終えた後ですから、体に痛いところが多く、出産の影響から体が思うように動かないことも多くなるでしょう。赤ちゃんのお世話とママの体の休息をするためにも、ママが快適に履けるものを選びたいですね。

入院中は赤ちゃんのお世話やお見舞いの対応で忙しく動き回るでしょうから、脱ぎ履きがしやすく、底が厚く、水にぬれても大丈夫な素材のものを選んで持っていくとよいでしょう。入院中に体力を少しでも回復して、退院後の育児も頑張りましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版