就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

気づくとできていた腕のシミ!ママが気になるシミの原因や対策とは

気づくとできていた腕のシミ!ママが気になるシミの原因や対策とは

知らぬ間にできている腕のシミ、見つけてしまうと気になります。そもそもどうして腕にシミができるのでしょうか?シミができる原因を知り、的確な対策をしたいですね。ママにおすすめの簡単にできるシミ対策もご紹介していきます。腕にできるシミ問題からサヨナラしましょう。

腕にシミができる原因や症状を知ろう

紫外線によって細胞が破壊されるため

気温が高くなる時期には半袖やノースリーブなどを着るようになり、腕に浴びる日光量が増えますね。日光には、肌に悪影響を与えるとされる「紫外線」が含まれています。

紫外線を浴びると、皮膚の保湿やハリを保つコラーゲンやエラスチンなどの成分を含む細胞が破壊されます。しかし、皮膚は細胞がダメージを受けるのを防ぐため、健康な細胞を守る盾の役割をするメラニン色素をメラノサイトという細胞から生成します。

生成されたメラニン色素はターンオーバー(新陳代謝)によって排出されますが、大量に紫外線を浴びるとメラニン色素も大量に生成され、排出が間に合いません。また、加齢などでターンオーバーが低下すると、メラニン色素が留まり続けシミとして残るのです。

紫外線が蓄積されシミの代表老人性色素斑に

一般的に「シミ」と呼ばれるもののほとんどは「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」というものです。「老人性」という言葉の響きに抵抗を感じるママもいるかもしれませんが、これは年齢とともに性別関係なく誰でも1~2個はできるとされます。

老人性色素斑は、肌の奥に蓄積された紫外線によるダメージが、徐々に表皮に浮かび上がってくる症状のことをいいます。なお、老人性色素斑は濃くハッキリとしたシミですが、左右対称に薄くモヤッとしたシミは「肝斑(かんぱん)」というものです。

老人性色素斑は、顔をはじめとして腕や手の甲、デコルテなど、紫外線によるダメージを多く受ける場所によく見られ、屋外で過ごす時間が長い人や色白の人ほどシミが現れやすいです。

30~40代にかけて発症しやすい

シミは、肌が長年にわたり紫外線によるダメージを蓄積することでできます。そのため、加齢によって発症しやすいとされ、特に30~40代にかけて発症するケースが多いです。

年齢が進むほどダメージも蓄積されていくため、60代以降では太陽の光に当たりにくいお腹や太ももなどの部位にも現れることがあります。反対に20歳前後など、年齢が若くてもダメージの蓄積が多ければ、発症することがあるようです。

なお、シミには種類があり老人性色素斑以外にも、肝斑や雀卵斑(ソバカス)、いぼ状に盛り上がった脂漏性角化症、遅発性両側性太田母斑などがあります。素人には見極めが難しいため、気になるシミがある場合は専門医に診断してもらうのがよいでしょう。

ママが気になるシミを消すための条件とは

紫外線によるメラニンの生成を抑える

シミの正体は、紫外線を浴びることで過剰に生成されるメラニン色素です。つまり、シミを消したり予防したりするためには、メラニンが生成されるのを抑えることが重要といえます。

そのため、もっとも大切なのが紫外線対策です。外出する際には、日焼け止めを塗ったり帽子や日傘を活用したり、できるだけ日陰を歩いたりするなどを心がけましょう。

肌が浴びてしまう紫外線の量を減らすことで、メラノサイトからメラニン色素が生成されるのを抑えるのです。なお、紫外線は窓ガラスなどを透過するため、室内にいてもその影響を受けます。日光が差し込む窓際には座らないようにするなど、生活習慣を少し注意するだけでも肌が浴びる紫外線量は減らせますよ。

腕にもしっかり美白成分を浸透させる

できてしまったシミを少しでも薄くしたいなら、美白基礎化粧品によるお手入れも欠かせません。基礎化粧品に配合されている美白成分を、スキンケアで肌の奥にしっかりと浸透させましょう。

美白基礎化粧品をつけるときに、もっとも効率よい効果を期待できるのは、お風呂上がりのタイミングです。入浴後は一日の汚れが落とされているので、美白成分が肌へ浸透するのを遮るものがなく、成分が奥まで届きやすいのです。

蒸気によって毛穴が開き、体内に成分がより浸透しやすい状態でもあります。入浴後に水滴と汗を拭き取ったら、肌が乾燥する前に美白成分をたっぷり浸透させましょう。

これは、顔へのおすすめの美白スキンケアですが、腕のシミ対策としても同様に推奨できる方法ですよ。

ターンオーバーの促進方法を実践する

本来肌にできるシミは、表皮の新陳代謝であるターンオーバーによって排出されていきます。しかし、ターンオーバーは加齢やストレスなど様々な要因で乱れやすく、正常にターンオーバーしないとメラニン色素が肌に残り続けてシミになるのです。

シミを改善するためには、ターンオーバーの促進方法を実践しましょう。まず大切なのは、たっぷりと睡眠をとることです。睡眠中に成長ホルモンの分泌が増え、ターンオーバーが活発化するためです。

また、健やかな肌を作るためにビタミンやミネラルなど栄養バランスのよい食事も必要です。肌細胞にしっかりと栄養を届けることで、遅れがちになっているターンオーバーが促進され、正常化するでしょう。

シミを防ぐママでも簡単にできる対策3選

子どもとのお出かけにはアームカバーを使用

ベビーカーを押したり、子どもを乗せて自転車に乗ったりなど、子どもとお出かけをするママの腕は紫外線を浴びる機会が多いといえます。車を運転するママの中には、窓側の腕だけ日焼けしてしまうのが気になる人もいるでしょう。

そういった腕の紫外線対策としておすすめのアイテムが「アームカバー」です。装着するだけで、気になる紫外線を防ぐことができます。手の甲までカバーできるものなら、より安心ですね。

アームカバーは、日焼け止めのべたつく感じが苦手というママにも人気のアイテムです。アームカバー自体はかさばるようなものではないので、マザーズバッグに入れておけば日差しの気になるときに、さっと取り出してすぐに対処できますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC