就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳の手形を記念に残そう!いろいろな取り方やグッズを紹介

1歳の手形を記念に残そう!いろいろな取り方やグッズを紹介

子どもは日々成長していきます。今、この瞬間を残したいと写真やビデオをたくさん撮って残したいママは多いことでしょう。子どもの成長を映像で残すのも素敵ですが、手形という形で残すのも記念になりますよ。1歳という貴重な年齢の記念に手形を残してみましょう。手形のとり方や手形グッズをまとめてご紹介します。

記念に1歳の可愛い手形を残そう

なぜ1歳の手形をとるの?

赤ちゃんは瞬く間に成長していきますよね。赤ちゃんの「今」を大切にしたくて、写真やビデオに撮って残している人は多いと思います。

映像もよいのですが、映像で実際の赤ちゃんの大きさを残すのは難しいですよね。実際にどのぐらいの大きさだったかを残す方法の一つとして、手形を残す方法があります。

手形は、赤ちゃんの手の大きさを簡単に残すことができ、成長してから手を手形に重ねてみることで、「大きくなったね」と実際にどのくらい大きくなっているのかすぐにわかるのもうれしいですよね。

記念すべき1歳の手形は、かけがえのない思い出になりそうです。赤ちゃんの小さな手を見て「小さくて愛おしいな」と感激した思いも一緒に残せますよ。

手形のとり方と注意点

1歳の赤ちゃんにじっとしてもらうのはなかなか大変です。すばやくすませることが大事ですから、準備をきちんとしてから取りかかりましょう。

まずは、手形をとるためのインクや粘土、手形を押す紙を用意します。手形を押した後すぐにインクを洗うためにタオルやお風呂の準備もしておくと安心です。

インクや粘土が爪の中に入らないように、赤ちゃんの爪が伸びていないかも確認しておきましょう。周りが汚れても大丈夫なように新聞紙をしいておけばより安心してできますね。

パパにも協力してもらって、1人が赤ちゃんを抱っこして、もう1人がインクをつけて紙に押しつけましょう。心配な場合は、赤ちゃんが眠っているときにこっそりすると確実にできるかもしれませんね。

安全性を確認して行う

赤ちゃんがインクのついた手をうっかりなめてしまったり、手がインクにかぶれてしまったりすると大変です。1歳児は口で色々なものを確認しますから、ママも心配ですよね。

手につけるインクや絵の具は安全性を確認してから使いましょう。おしりふきで拭いたらすぐにとれ、体に害のないインクも売られています。絵の具にも有害化学物質を一切使っていないものがありますので、体に安全なものを準備しましょう。

赤ちゃんの手形を押しているときも、手形を押していないもう一方の手がいたずらしないようにみておきましょう。手形をとることにママとパパの注意がいってしまい、見ていない間に危なくないように周囲を片付けることも大事ですね。

失敗も味?綺麗に手形をとるコツとは

優しい声かけで恐怖心をなくす

一発勝負の手形の場合、ママもパパもつい真剣になって赤ちゃんのことを緊張させてしまうかもしれません。ママとパパのいつもと違う表情に機嫌が悪くなったり泣き出してしまったりすれば、手形どころではありませんよね。

また、手形を取る際はどうしても腕まくりをして赤ちゃんの手首を少し強くつかむことになりがちです。そうすると、赤ちゃんは「注射でも打つの?」とびっくり、怖がって泣いてしまうかもしれません。

赤ちゃんが起きているときに手形をとるなら、優しい声かけといつもの雰囲気を大切にして緊張を抱かせないように工夫しましょう。もしも赤ちゃんが怖がって泣いてしまったら「また別の日に再挑戦すればよい」という余裕も大事です。

準備を整え短時間で済ます

物理的な準備を整えること、素早く手形を押すことが手形押しを成功させるために重要でしたね。さらに手形押し作業をスピーディーに執り行うため、実行する人たちのイメージトレーニングをしておきましょう。

手形押し作業は2人以上で行うのが望ましいため、パパとママの連係プレーが大事です。ママが赤ちゃんをあやしている間にパパが道具と場所を準備する、赤ちゃんの手を確保する人と手を開いてもらうために赤ちゃんに魅力的なものを見せる人、手を開いた瞬間にスタンプ台に押しつける、持ち上げて素早く紙にペタ!っと頭の中で流れを作り、パパとママで共有しておくことが成功への近道です。

焦ると赤ちゃんにもその焦りが伝わりますので、あらかじめ予行練習などしておくとよいでしょう。

手形をとる時間も楽しもう

赤ちゃんとの日々は小さなハプニングの連続ですよね。手形をとるにしても「あのときこうだったよね」という微笑ましいエピソードが生まれるかもしれません。

手形を綺麗に残すことは重要でそれが目的ではありますが、これから手形をとるなら、ぜひその時間も記念に残してみてください。ビデオを撮影してみたり、誰かに写真を撮ってもらったりもよいですね。

少しくらい手形がにじんで失敗してしまっても、何度も取り直す姿や機嫌を悪くする赤ちゃんの姿とともに記念に残せば、成功したのと同じくらいかけがえのない思い出になるのではないでしょうか。

結果として「手形」という形あるものが残りますが、手形をとる時間を楽しむことこそが素晴らしい思い出にするために大切ですね。

手形をどんな形で残したらよい?

絵の具で手形を取り手形アートを作成

色紙やメモリアルカードに手形を残すのも素敵ですが、画用紙に手形を押してから手を加えて手形アートを作ってみるのも面白いですね。

押した手形に絵を加えたり、シールを貼ったりして、絵にするのです。黒い手形を押して、目玉をつけ加えて「まっくろくろすけ」にしてみたり、灰色の手形を押して目と耳を足して「象」にしたり。アイデア次第でどんな絵にもなります。

絵をつけ加えるだけでなく、レースやリボンを貼って手形を飾りつけることもできますね。赤ちゃんの写真と手形で一枚の絵にすることもできます。

アートですから、こうしなくてはいけないとか、こうしたらよいなどという正解はありません。ママとパパの想像力で素敵な手形アートを作ってくださいね。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事