就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳の手形を記念に残そう!いろいろな取り方やグッズを紹介

1歳の手形を記念に残そう!いろいろな取り方やグッズを紹介

子どもは日々成長していきます。今、この瞬間を残したいと写真やビデオをたくさん撮っていませんか?子どもの成長を映像で残すのも素敵ですが、手形という形で残すのも記念になりますよ。1歳という貴重な年齢の記念に手形を残してみましょう。手形のとり方や手形グッズをまとめて紹介します。

記念に1歳の可愛い手形を残そう

なぜ1歳の手形をとるの?

赤ちゃんはすごい勢いで成長していますよね。赤ちゃんの「今」を大切にしたくて、写真やビデオに撮って残している人は多いと思います。

映像もよいのですが、映像で実際の赤ちゃんの大きさを残すのは難しいですよね。実際にどのぐらいの大きさだったかを残す方法の一つとして、手形がおすすめです。

手形は、赤ちゃんの手の大きさを簡単に残すことができ、成長してから手を手形に重ねてみることで、「大きくなったね」と実際にどのくらい大きくなっているのかすぐにわかるのもうれしいですよね。

記念すべき1歳の手形は、かけがえのない思い出になりそうです。赤ちゃんの小さな手をみて「小さくて愛おしいな」と感激した思いも一緒に残せますよ。

手形のとり方と注意点

1歳の赤ちゃんにじっとしてもらうのはなかなか大変です。すばやくすませることが大事ですから、準備をきちんとしてから取りかかりましょう。

まずは、手形をとるためのインクや粘土、手形を押す紙を用意します。手形を押した後すぐにインクを洗うためにタオルやお風呂の準備もしておくと安心です。

インクや粘土が爪の中に入らないように、赤ちゃんの爪が伸びていないかも確認しておきましょう。周りが汚れても大丈夫なように新聞紙をしいておけばより安心してできますね。

パパにも協力してもらって、1人が赤ちゃんを抱っこして、もう1人がインクをつけて紙に押し付けましょう。心配な場合は、赤ちゃんが眠っているときにこっそりすると確実にできるかもしれませんね。

安全性を確認して行う

赤ちゃんがインクの付いた手をうっかりなめてしまったり、手がインクにかぶれてしまったら大変です。1歳児は口で色々なものを確認しますから、ママも心配ですよね。

手に付けるインクや絵の具は安全性を確認してから使いましょう。シャチハタからおしりふきで拭いたらすぐに取れて、体に害のないインクが売られています。絵の具にも有害化学物質を一切使っていないものもありますので、体に安全なものを準備しましょう。

赤ちゃんの手形を押しているときも、手形を押していないもう一方の手がいたずらしないようにみておきましょう。手形をとることにママとパパの注意がいってしまい、みていない間に危なくないように周囲を片付けることも大事ですね。

手形をどんな形で残したらいい?

絵の具で手形を取り手形アートを作成

色紙やメモリアルカードに手形を残すのも素敵ですが、画用紙に手形を押してから手を加えて手形アートを作ってみるのも面白いですね。

押した手形に絵を加えたり、シールを貼ったりして、絵にするのです。黒い手形を押して、目玉を付け加えて「まっくろくろすけ」にしてみたり、灰色の手形を押して目と耳を足して「象」にしたり。アイデア次第でどんな絵にもなりますね。

絵を付け加えるだけでなく、レースやリボンを貼って手形を飾りつけることもできますね。赤ちゃんの写真と手形で一枚の絵にすることもできます。

アートですから、こうしなくてはいけないとか、こうしたらよいなどという正解はありません。ママとパパの想像力で素敵な手形アートを作ってくださいね。

粘土タイプで手形を取る

粘土で手形をとるのは手や周りが汚れにくいので、インクの手形より少し楽かもしれません。粘土は紙粘土が扱いやすく、100円均一のお店でも売っていますので、準備も簡単でおすすめです。

作り方としては、紙粘土が柔らかくなるようによく練りましょう。粘土が硬いと赤ちゃんが手を押しても、手形が付かないことがあります。

柔らかくなった粘土は保存しておく容器にいれ、平らに伸ばします。そのまま、赤ちゃんの手を押し付けて手形をつけ、乾燥すれば完成です。

紙粘土は色も塗れますし、周りに飾りをつけることもできますので、世界に一つの手形作品を作ってあげましょう。紙粘土は落としたら割れてしまいますから、落とさないように気をつけましょう。

石膏タイプで手形を取る

今まで紹介してきたのは、平面で赤ちゃんの手形を残す方法でしたが、石膏タイプを利用すると立体的に赤ちゃんの手形を残すことができます。石膏となると準備も大変ですので、簡単にできるキットがおすすめです。

「立体コピー材 モデリアル」は1,000円台で買うことができ、形を作る粘土と石膏がセットになって作り方も書いてあり、キットがあれば作れるのも魅力です。型取りにつかう粘土は、食品添加物で作られていますので、もし赤ちゃんが口に入れてしまったとしても安心です。

デメリットとしては、ほかの方法よりも工程が多く、時間がかかりますので、失敗する可能性が高くなってしまいます。1歳というじっとしていない時期にする場合は、少し難しいかもしれません。

いろいろなアイディアで素敵な作品にしよう

手形をキーホルダーに

赤ちゃんの手形を飾っておくだけでは物足りないというママには、キーホルダーにしていつも身近につけておく方法はどうでしょう?「プラバン」で簡単に作れますよ。

まずは、プラバンとインク、ハサミを用意しましょう。プラバンに赤ちゃんの手形を押します。手形の周りに模様をつけたければ、油性マジックやポスカなどを利用して書きましょう。

書き終わったら、手形の周りを好きな形に切ります。この時点で金具をつける穴を忘れずに開けておきましょう。手形を押したプラバンをアルミホイルに乗せてオーブントースターで焼きます。

熱が加わると約1/4に縮みますので、プラバンが平らになったら外に出しましょう。上から抑えてきれいに平らになったら完成です。簡単ですね。

いろいろな手形グッズがたくさん

赤ちゃんの1歳の記念に手形を残したいけど、忙しくてなかなか準備できないし、少し手の込んだ記念にして残したいし…。と思うママには、いろいろな手形グッズがありますので、そこから選んでみてはどうでしょう。

赤ちゃんの手形を押したら可愛い動物やキャラクターになるアートキットや、手形を押した横に1歳の記念の写真を飾れる写真立て、数年間の成長ごとに手形をとって成長した軌跡を残すアルバム、など簡単にできるものがたくさんあります。

どんな形で手形を残したいのかを考えて、選ぶのも楽しいですね。1,000円~3,000円ほどで買えるものばかりですし、赤ちゃんに安全な材料ですぐに作ることができますので便利です。

自信がないなら専門業者を利用する方法も

育児で忙しいし、お金をかけてでもきれいなものを残しておきたい、というママには専門業者に頼んで作ってもらう方法もあります。

赤ちゃんの手形をとって業者におくると、レーザーを使ってガラスのプレートに手形を刻んだり、特殊なジェルで手形をとり、樹脂を流して立体的な手形をとってくれる業者などがあります。家庭では無理なもので作ってくれますし、完成度の高い記念品として残しておけます。

赤ちゃんの手形をとるのがむずかしいと思っているママには、赤ちゃんの手のひらを写真にとって業者に送るだけで、キーホルダーやメモリアルボードにしてくれる業者もありますよ。

手のひらの写真をとるだけで完成させてくれるので、失敗がなくて安心です。

まとめ

赤ちゃんの成長は早く、大切な思い出を形にして残しておくのに手形はよい記念になりそうです。手形の残し方も手形アートやキーホルダーなど色々な形で残せるので、どの形で残すかママとパパで相談して決めるのも楽しそうですね。

1歳というかけがえのないときに手形を残そうとママとパパが協力することで、楽しい思い出がさらに加わりそうです。いつかその手形をみて「こんなに小さい手をしていたんだね」と思い出話ができる日を楽しみに、記念日ごとに手形を残していっても素敵ですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018