就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃん連れでの冬場の外出!寒さ対策や出かける時間帯とは

赤ちゃん連れでの冬場の外出!寒さ対策や出かける時間帯とは

赤ちゃんを連れて、寒い冬の外出はなにかと不安な点があるのではないでしょうか。ここでは、ママの不安を解消し、赤ちゃんと外出するためのポイントを紹介します。寒い冬でも外の空気に触れ、太陽の光を浴びることは赤ちゃんやママの健康にもよいといわれているんですよ。準備を万端にして、お出かけを楽しみましょう。

赤ちゃんの冬場のお出かけのメリットは?

免疫をつけて元気な体をつくろう

気温・湿度が低くて寒い冬は、大人も赤ちゃんも免疫力が下がりがちです。風の強い寒い日は、赤ちゃんを連れて外出してよいのか迷ってしまいますよね。でも、冬の外出やお散歩にはメリットも多いんですよ。

冷たく乾燥した空気は、皮膚や粘膜の防御力を高めます。皮膚・粘膜から情報を受け取って、体温を一定に保つように自律神経が作動するのです。そのため低体温になりにくく、ウイルスや細菌に負けにくい体になっていくといわれています。

また、日光に当たると体内でビタミンDが作られます。ビタミンDが足りないと、カルシウムが十分に吸収されないため、成長によくありません。赤ちゃんがある程度の月齢になったら、短い時間でもよいので、積極的に日光浴をしてみてくださいね。

季節の変化を肌で感じることができる

赤ちゃんと一緒に外に出てゆっくりと歩いていると、普段気づくことができない季節の変化も肌で感じることができるでしょう。例えば、冬特有の冷たい空気に触れて息を吸い込んだり、木々の色の変化や芽吹きなど、ちょっとした季節の変化にも気づいたりすることができます。

生後2~3カ月頃からは、昼夜の区別がつくように生活リズムを整えるのも大切です。ずっと暖かい室内にいると、外との気温差や昼夜のメリハリがわかりにくくなってしまいます。日差しが弱く日照時間も短い冬だからこそ、外に出て生活リズムを整えることを意識しましょう。

寒い冬でも、外に出ることは赤ちゃんにとっては貴重な経験の一つです。冬の紫外線量は夏の1/3以下なので、紫外線の心配はいりません。

ママの気分転換にもなる

「冬の外は寒いから…」と家や室内にばかりいると、心も体もなんだか縮こまったりふさぎこんだりしてしまいます。そんなときには思い切って外に出て、日光を浴びましょう。日光を浴びると精神を安定させる「セロトニン」が分泌されますよ。

外で元気に体・手足を動かせば、血流もよくなって、体もぽかぽか温まってくるはず。冬のパリッと澄んだ空気の中を歩くこと、目に入る風景、木や自然、体で感じる風、匂い、音…。外界のあらゆるものが刺激になり、脳を覚醒させてくれます。五感をフルに活用して刺激を受けることは、ストレス発散にもなります。

散歩は、体とともに脳を刺激する運動でもあります。赤ちゃんも、ママもパパも、外をお散歩してリフレッシュしてみてくださいね。

冬場のお出かけの時間帯やタイミングは?

出かけるなら10~15時の間がおすすめ

冬に赤ちゃんと出かけるなら、10~15時の間がおすすめです。早めの時間帯や午前中であれば、外出中に何かトラブルがあった場合でも、病院で見てもらいやすいです。冬は感染症にも注意が必要ですが、ショッピングや買い物に行くときは、人が少なめの時間帯がよいでしょう。

お昼すぎの午後1~3時頃は、暖かくなりやすい時間帯です。ただ、ここで紹介する時間帯はあくまで目安。「この時間帯に行かなきゃ!」と無理に散歩や外出をするのは、控えましょう。その日の気候、赤ちゃんの体調などを考えて、授乳やお昼寝の時間を考慮しながら、適切な判断をしていってくださいね。

また、1回の散歩の時間を短めにして、午前と午後の2回に分けたりするのもよいですね。

授乳が終わってご機嫌なタイミングで

授乳が終わった後の、赤ちゃんがご機嫌なタイミングでの外出もおすすめです。

よいお出かけになるかどうかは、赤ちゃんの機嫌が左右するといっても、過言ではないでしょう。実際、赤ちゃんが機嫌のよいときに外出したい!と思っているママは多いですよね。授乳が済んだ後は、赤ちゃんは機嫌がよいことが多いはず。赤ちゃんがご機嫌であれば、ママもご機嫌で気持ちよく散歩ができますよね。

外出中は授乳できる場所を探すのが難しい場合があります。「散歩中にお腹がすいて、泣かれたらどうしよう」と心配しながら外出するよりも、授乳を済ませてからお出かけしたほうが、ママの気持ちも楽ですよね。

気持ちよくニコニコでお出かけできるように、授乳タイミングも意識してみてくださいね。

毎日必ず出かけなくても大丈夫

冬に赤ちゃんと一緒にお散歩や外出するのはおすすめですが、毎日必ず出かけなくても大丈夫です。

いざ外に出かけようとしたら雪が降ってきた…風が強くなってきた…なんてこともよくあります。ベビーカーで雪の中を移動するのは大変で危険ですし、抱っこひもなどを使っている場合は足元が見えにくく、滑りやすいので危ないです。

悪天候の中、無理に外に連れ出す必要はありません。ベランダや窓際で日光浴や外気浴をするだけでも、温度差を肌で感じられたり刺激になります。ドアを開けて外の空気を吸うだけでもよいのです。

「散歩は毎日しないと…」などと思い詰めるのは、ママの精神上よくありません。気負いすぎず、ママと赤ちゃんの負担にならない範囲で、楽しく散歩をしてくださいね。

赤ちゃんの防寒対策はどうする?

薄着の重ね着をして寒さ対策を

冬の外出で気になるのが、赤ちゃんの防寒対策ですよね。薄着の重ね着をして寒さ対策をする方法を紹介します。

シンプルな方法ですが、インナー・肌着を着るだけで防寒対策になります。小さな赤ちゃんは、動くとすぐに体が温まります。短肌着+コンビ肌着+カバーオールなど、薄着の重ね着で対応しましょう。汗が乾くと体が冷えるので、背中にガーゼを入れておき、動いた後などに汗を抜き取ることをおすすめします。足周りは、レッグウォーマーやスパッツで調節できますよ。

あんよができる赤ちゃんは、薄手のシャツの重ね着がおすすめです。温度調節や着替えがしやすく、動きやすいです。中は薄手の重ね着をして、アウターは風を通さない薄手のものがよいでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC