就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3人目を迎える準備は完璧?新たに購入が必要なものを紹介

3人目を迎える準備は完璧?新たに購入が必要なものを紹介

3人目の出産ではお下がりがあるので、準備するものが少ないこともありますよね。全部お下がりで済ましてしまえたら、家計は大助かりです。けれども、生まれてきた赤ちゃんのために、新品を用意してあげたいのが親心ではないでしょうか。新たに購入したほうがよいものを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ママたちの生の声を参考にしてみよう

持っているけど買ったほうがよいものもある!

ガーゼや肌着などの消耗品

ガーゼや肌着などの消耗品は、上の子たちのお下がりが残っていれば活用もできますが、足りなくなってくるので事前購入をおすすめします。

布製品は繰り返し使用することで、肌触りや吸水性がよくなることがあります。お下がりでそれなりの量があるかと思いますが、状態を見て汚れたり伸びたりしているものは、処分してしまいましょう。不足しそうであれば、新品を買い足してあげてくださいね。

ベビーシャンプーやベビーローションなどは、上の子のときに買ってはみたけど残っている、ということがあると思います。開封済みのものは、雑菌が繁殖していることもあるので思い切って処分しましょう。未開封なら使用期限の記載があれば確認してくださいね。

哺乳瓶の乳首やおしゃぶり

ガラスの哺乳瓶は劣化しにくいですが、プラスチックの哺乳瓶や乳首、おしゃぶりは樹脂製なので、あまり使っていなくても経年劣化します。べたついたり、もろくなったりするので、赤ちゃんが使ってくれそうであれば、新たに購入をおすすめします。

哺乳瓶の乳首は、上の子が使っていたからといって、次の子が同じメーカーのものを使ってくれる保証はありません。赤ちゃんによって乳首の好みが違い、乳首を嫌う子もいます。メーカーによっては2個入りなどがあるので、未使用の乳首があるなら試しに使ってみるのもよいでしょう。

おしゃぶりも赤ちゃんによって好みがあります。哺乳瓶の乳首が嫌いな子は、おしゃぶりも使わないでしょう。赤ちゃんの様子を見つつ、使ってくれそうなら購入してくださいね。

出産の季節にあわせたアイテム

上の子と生まれた季節が違うのであれば、着せる服の素材や寝具を変えなくては、暑かったり寒かったりします。3人目の出産の季節にあわせたアイテムを、新たに用意しましょう。

春夏生まれは、気温が高くなる季節なので涼しく過ごせるようにしましょう。綿やガーゼ、パイル素材の通気性のある服を選びましょう。薄手の布団やタオルケット、バスタオルなどで寝ているときに汗をかきすぎないように調整してください。

秋冬生まれは、気温が低くなる季節なので暖かくして過ごせるようにします。綿素材の服やおくるみ、ベストなどで寒くないようにします。汗をかくと逆に冷えてしまうので、暑くなりすぎないように注意してください。軽くて暖かい布団や毛布などで寝冷えしないように包んであげましょう。

3人目だからこそあったほうがよいものは?

新生児から使える抱っこ紐、スリング

上の子に合わせて、外出する機会が多いと思います。上の子がまだベビーカーに乗ったり、手をつないで歩いたりする年齢であれば、新生児を連れての外出では抱っこ紐やスリングが必須になりますね。

抱っこ紐は別売りのインサートが必要なものが多いですが、3kg未満からでも使えるものが多いです。首がすわるころにはおんぶができるので、抱っこのときよりも動きやすくなります。

スリングは抱っこ紐に比べて安く購入できます。コンパクトに片付けることができ、軽いものが多いので、持ち歩きにも便利です。ケープの代わりになるものもあるので、外出時の授乳でも活用できます。

3人目の出産で出費がかさむ時期ですが、長く使えるものなので使い勝手のよいものを選んでくださいね。

安全な赤ちゃんスペース作りに必要なもの

2人目のときにも経験があるかもしれませんが、上の子が赤ちゃんを踏んづけてしまったり、思いがけない転倒で上にのしかかってしまったりすることがあると思います。3人目ともなると、2人も動き回る子どもがいます。1人目、2人目のときより危険ですよね。

そんなとき安全な赤ちゃんのスペース作りに、ぜひベビーベッドやプレイヤードを使ってみてください。安全な場所に赤ちゃんを寝かせておけるので、上の子が走り回っていても踏まれる心配がありません。2人目のときに購入している方は、出産前に使える状態にしておきましょう。持っていない方は、レンタルを検討してみてください。

大きなものは置けないという方は、ハイローチェアやクーハンなどで赤ちゃんのスペースを少しでも確保しましょう。

バタバタ育児を助けてくれるもの

屋内、屋外でのバタバタ育児を助けてくれるものがあると便利ですよね。

赤ちゃんがある程度、成長してくると起きている時間が長くなり、寝ているだけの状態を嫌がるようになることもあります。首がすわった頃からの使用になりますが、バンボを使ってみてください。座ることで視点が高くなり、上の子たちに交ざっている気分になるのか、座らせただけでも機嫌がよくなります。

外出時は、バギーボードがおすすめです。ベビーカーと抱っこ紐で2人はなんとかなりますが、あと1人は歩きになってしまうので、急に道路に飛び出してしまったり走り出したり、心配が絶えないですよね。バギーボードがあれば、もう1人を乗せる場所ができるので、外出が少し楽になると思いますよ。

3人目の出産準備、本当に必要なものは?

3人目を迎えるために必要なものを書いてきましたが、出産をしたときの環境によって本当に必要なものは変わってきます。

【年子で3人の子どもがいるママ】2人目の出産時にベビーベットを購入しましたが、3人目の出産のときには上の子たちがベビーベッドによじ登り、乗り込むようになってしまったので使えませんでした。また、スタイはどの子もほとんどよだれが出なかったので使う頻度が少なく、出産祝いなどでいただいたもので足りました。

【4才、2才、0才の子どもがいるママ】みんな秋頃の出産だったので、着る服はそのまま上の子のお下がりですみました。抱っこ紐は上の子2人同じものを使っていたので、安全性を考えて買い直しました。

【歳が離れた兄弟を持つママ】上の子が、小学校5年生と小学校1年生です。3人目を作る予定がなかったので、ベビー服や用品は人にあげたり捨てたりしました。出産前に、ママ友からお下がりの服が回ってきたので、肌着やベビー服は買い直さずに済んで助かりました。ベビーバスは大きめの桶、沐浴剤は固形せっけんなど代用できるものは、活用しています。
24 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事