就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが冬に過ごしやすい室内環境は?温度のコントロール方法

赤ちゃんが冬に過ごしやすい室内環境は?温度のコントロール方法

寒い冬の季節がやってきましたが、ママは赤ちゃんが風邪をひいたりしないようにするなどの体調管理に追われる毎日が続いていることでしょう。赤ちゃんが元気に暮らせるようにするには、過ごしやすい室内環境づくりが大きなポイントになります。ではどのような点に注意したらよいのか一緒に調べてみましょう。

赤ちゃんの体温調節機能はまだまだ未発達

赤ちゃんの体温は室温の影響をうける

人間は気温に関係なく自分で体温調節ができるようになっています。しかし生まれたての赤ちゃんは体温調節を行うために必要な自律神経が未発達なので、自分で体温調節をすることができません。そのため赤ちゃんは気温の影響を受けやすく、室温が下がれば体温も一緒に下がってしまうのです。

赤ちゃんはハイハイができるようになる生後8カ月頃から、少しずつ体温調節ができるようになります。それまでは寝たままの体勢で部屋の中で暮らすことが多いため、室温が赤ちゃんにとって非常に重要になってくるのです。

赤ちゃんは体温調節が苦手なうえに自分で服を脱いだり毛布を掛けたりすることができないので、できるだけ室温を過ごしやすい状態にしておく必要があります。

赤ちゃんは手足で体温調整をしている

赤ちゃんの過ごしている部屋の適温は、冬だと18~22℃といわれていますが、快適な温度に設定していても赤ちゃんが暑がっていることや寒がっていることもあります。

赤ちゃんは手足で体温調整をしているため、小まめに手足をチェックしましょう。手足が熱く汗をかいているなら体温が上がっているため暑く感じていて、冷たくひんやりしているなら体温が下がっているため寒く感じているということがわかります。

また赤ちゃんの手足だけではなく胴体もチェックしましょう。赤ちゃんの手足が冷たい場合でも、お腹や背中がしっかりと温かいなら大丈夫ですよ。

厚着のさせ過ぎや薄着にも注意して、必要以上に体温が変動しないように赤ちゃんの体温もしっかりチェックしましょうね。

室温や湿度は赤ちゃんのそばで測ろう

エアコンの設定温度を20~23℃にしておいたから大丈夫だと思いがちですが、実際の室温や体感温度とは多少の誤差があるので注意が必要です。例えばエアコンの吹き出し口の辺りと部屋の出入り口の辺りでは、同じ部屋でも温度が違います。

また冷たい空気は下にたまり暖かい空気は上にたまるという性質があるので、天井に近いエアコンの温度と、床に近い赤ちゃんの寝ている場所の温度は違ってきます。このため、赤ちゃんの寝ている部屋には室温計を用意しておいて、室温や湿度は赤ちゃんの寝ているそばで測ることを心がけましょう。

またエアコンなどの暖房機器の近くで寝ている赤ちゃんの顔や身体に、風が当たらないように配慮してください。

赤ちゃんが冬に過ごしやすい室内環境

日中に過ごしやすい温度と湿度

赤ちゃんは部屋の中で寝たままの状態で過ごす時間が多く、室温は赤ちゃんが快適に過ごすためにはとても重要なポイントになります。赤ちゃんが日中に過ごしやすい温度は20~25℃といわれていますが、冬は室内が20℃未満になる場合が多く、エアコンの設定温度は20~22℃以上が目安になります。

また冬は空気が乾燥しやすく、風邪やインフルエンザなどのウイルスの活動が活発になる季節なので、室温だけでなく「湿度」にも注意をしましょう。

エアコンで部屋を暖めたとしても湿度が低いとウイルスが活動しやすい状況のままになるので、必ず加湿器をつけたり濡れたタオルを干したりして湿度を上げておく必要があります。湿度は40~60%になるように心がけましょう。

夜寝るときの温度と注意点

冬は夜寝るときに暖房を入れるかどうか迷うところですね。1年を通して赤ちゃんが気持ちよく眠れる温度は18~23℃といわれていますが、冬は暖房を使わなければ室温が18℃以下になる家庭がほとんどでしょう。

夜間に温度が下がって赤ちゃんが寒いようであれば、24時間暖房を効かせて室温を調整してもよいかもしれません。

ただし暖め過ぎには注意をしないといけません。赤ちゃんは大人より体温が高く暑がりなので、寝るときの暖房や厚着のさせ過ぎによって汗をたくさんかいてしまい、体が冷えたりあせもの原因になったりすることがあるからです。

赤ちゃんは寝入るときに体温が上がるので、室温が18℃以下になってもそれほど温度が下がっていなければ暖房を使う必要はないでしょう。

寒くても定期的な換気を

エアコンやストーブで暖めた部屋も、時間がたつとなんとなく空気がよどんでいるように感じることがありますね。これは空気の汚れが原因で、ほこりやハウスダスト、壁紙の接着剤や家具から放出されるアセトアルデヒドなども放散されてしまうので、赤ちゃんの身体に悪影響を与えるものと考えられます。

また冬は風邪などのウイルスも流行しますが、定期的に部屋を換気することで新鮮な空気が取り込まれて、汚れた空気が部屋の外に排出されるので赤ちゃんの身体をウイルスから守ることもできます。

換気する場合は、ストーブなら1時間に1回、ほかの暖房機器なら1、2時間に1回、5分から10分間程度は窓を開けます。寒いときでも赤ちゃんの健康を守るため、部屋の空気を換気するようにしましょうね。

過ごしやすい室内環境を保つポイント

安全な暖房機器を使用しよう

暖房機器にはいろいろな種類がありますが、赤ちゃんのいる部屋にはエアコン、オイルヒーター、床暖房、遠赤外線パネルヒーターがおすすめです。それぞれに特徴がありますが、いずれも部屋の空気を汚すことがなく、部屋全体を暖められて火傷などの心配もなく音が静かなのでママも安心です。

赤ちゃんに暖房の熱や風が当たると火傷や脱水状態、乾燥を引き起こすリスクが高まります。床暖房の場合も、赤ちゃんを直接床に置くと低温火傷を起こすことがあるので寝る場所を考えてあげましょうね。

また暖房で暖まった部屋の空気は天井の方にたまってしまう性質があるので、サーキュレーターやシーリングファンを回して部屋全体に暖かい空気が循環するようにしましょう。

快適な湿度を保つ簡単な工夫

暖房を使うと温度が上がるのと同時に部屋の水分が減って湿度が低くなります。赤ちゃんは鼻や喉の粘膜、皮膚が弱いので、空気の乾燥により大人以上に体調を崩しやくなります。

そこで暖房を使う際には、湿度に応じて部屋の加湿対策をする必要があります。赤ちゃんの過ごす部屋を十分に加湿することでウイルスや花粉、ほこりなどが浮遊するのも防ぐこともできますよ。加湿をしたいけれど加湿器を持っていないママのために、加湿器以外でも湿度を上げる方法をご紹介します。

・お湯を張ったボウルなどを部屋に置く
・濡れタオルなどを部屋に掛けておく
・洗濯物を部屋に干す

これらの方法だと新しく加湿器を買わなくてもよいので、余分な出費を抑えることができますね。ぜひ試してみてください。

冬でも暖めすぎに注意を

赤ちゃんの寒さ対策としてエアコンなどの暖房器具や湯たんぽ、カイロなどを使ったり、重ね着をさせたりしますが、注意しないといけないのが暖めすぎです。SIDS(乳幼児突然死症候群)の主な原因の一つに、暖め過ぎによる就寝中の体温の過剰上昇が指摘されているので要注意です!

SIDSとは、赤ちゃんが睡眠時に突然呼吸が停止する原因がよくわからない病気のことで、発症確率を上げるリスク要因には両親の喫煙やうつぶせ寝なども指摘されています。

また赤ちゃんの体温は思わぬことで急上昇することがあるので、冬でも熱中症のような症状になることがあります。基本的に赤ちゃんの体温は大人より高いので、冬でも少し薄着くらいでちょうどよいということを忘れないようにしましょうね。

まとめ

冬生まれの赤ちゃんが冬を快適に過ごすことができる室内環境はどうすればよいのか見てきましたが、ママが考えている以上に赤ちゃんはデリケートだということをおわかりいただけたと思います。

言葉で自分の気持ちをママに伝えることができない赤ちゃんが、居心地よい状態でいるのかどうか判断できるヒントもいくつかありましたね。赤ちゃんが気持ちよさそうに寝ている姿は、ママにとってこの上ない喜びであり幸せでもあるでしょう。

今回ご紹介した内容が、赤ちゃんとママが寒い冬を元気で過ごすためにお役に立てたら幸いです。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR