就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼稚園のバスが見えると号泣するのはなぜ?笑顔で見送るための対処法

幼稚園のバスが見えると号泣するのはなぜ?笑顔で見送るための対処法

幼稚園バスに乗りたがらない子ども。乗ろうとして泣いてしまう子ども。乗った後も泣き出してしまう子ども。ママはどうしたらよいのかわからなくなりますよね。原因は一体なんなのでしょう?ママと離れたくなかったり、幼稚園でトラブルがあったのかもしれません。原因を知ることで子どもの気持ちが少しずつ見えてきますよ。

園バスが見えると子どもが号泣する理由とは

ママと離れるのが寂しい

子どもはママが大好き。生まれてからずっと一緒に過ごしてきました。おうちで遊ぶときも公園へ行っても隣にはいつもママがいて優しく見守ってそばにいてくれました。

そんなママと一日中一緒にいる生活が終わり幼稚園の世界は慣れていないことだらけ。振り返ってもママの姿はありません。

「1人でお片付けできたよ!」
「転んだけど泣かなかったよ!」
「お友だちにちょっと嫌なこといわれちゃった」

全部そのときにママに聞いてほしい、見ててほしいのにママがそばにいません。だからちょっと寂しい気持ちになってしまうのです。その「ちょっと」の気持ちが積み重なるとママと一緒の毎日がよかった!と思うようになります。子どもにとって幼稚園は突然始まるものですから。

バスに乗っていくのが不安

幼稚園の近所ではない限り、バス通園されている子どもは多いと思います。幼稚園バスの中には幼稚園の先生がいて、到着するまでお歌をうたってくれたり、手遊びをしてくれたり、あの手この手で通園時間を楽しい時間にしてくれています。

でも子どもにとってはパパやママといつも乗っているバスとは違い、子どもだけの世界にいきなりひょいと乗せられるわけです。そこはもう幼稚園の空気が流れています。

さっきまでママと手をつないでいたのに、その温もりを残したまま子どもでいっぱいのバスに乗せられて、バスのドアが閉まります。バスの中はお友だちもいれば知らない子もいます。そういった初めての場所の環境にまだ慣れていない子どもは、不安な気持ちになってしまうのです。

連休や長期休み明けで行きたくない

長期のお休みにパパとママとお出かけや旅行、楽しい思い出ができて嬉しいですよね。子どもにとっていつもと違う場所に行くことは、たとえ隣町の公園だったとしても大冒険です。そしてお休みが長いほどパパやママと一緒に過ごす時間が多くなり、安心感のある毎日が続きます。

そんな楽しくて居心地のよい毎日から、幼稚園というルールのある日常に切り替わるわけです。大人も休み明けはおっくうになりがちですから、慣れていない子どもは連休が楽しかった分、なおさら不安になってしまうのです。

ちょっと遅くまで起きていたり、朝ゆっくり起きてくるなど、お休みならではのリラックスした日々になっていても、登園1週間前には幼稚園のリズムに少しずつでよいので戻していきましょう。

【愛知】3月開催のOne's Style Photo撮影会のお知らせ

teniteo主催のちょっと変わった子供の撮影会「One's Style Photo」3月開催が決定しました!teniteo本社内「Photostudio teniteo(愛知県名古屋市)」にて、毎回違うコンセプトの元、これまで見たことがないような子どもの姿、表情を撮影していく、ちょっと変わった撮影会です。ぜひ、興味のある方はご参加ください。

バス以外の理由で泣いてしまうことも

環境の変化にうまく対応できない

子どもにとって幼稚園は初めての社会です。そこには色々なルールがあり、毎日その決まりごとをこなしていきます。大人はこのような変化を何度も経験していますが、子どもにとっては数時間の幼稚園生活でも初めてのことだらけ。むしろ対応できなくて当たり前です。

初めての環境になじめるだろうか?と心配になるかもしれませんが大丈夫!子どもは幼稚園がどんなふうに過ごすところなのか、今はなにをすればよいのかなど毎日先生やお友だちの観察をしながらちょっとずつ学んでいるのです。

お友だちが先生に挨拶をしたり、ボールのお片付けをしたり、靴をそろえて置いていたりと日常の小さな出来ごとからルールをみつけます。そうやって少しずつその場の「ルール」に慣れていくのです。

お友だちとのトラブルがあった

人には個性があるように性格もさまざま。特に子どもは思ったことをすぐに行動にうつしたり、話したりする天才です。子どもは大人と違いコミュニケーションをとることに慣れていません。

言葉ではなく先に手が出てしまう子どももたくさんいますし、兄姉がいる子どもの場合、お兄ちゃんやお姉ちゃんの遊び方や話し方に慣れていますから、兄姉がいない子どもにとっては接し方がきついと感じるかもしれません。

トラブルがあってもすぐに先生にいって解決できればよいのですが、家にモヤモヤした気持ちを持ち帰ってしまう場合があります。そんなときはママが優しく聞いてあげましょう。そして先生に相談する場合、連絡帳や電話でその日のうちに伝えておくと次の日は安心して登園できますよ。

ママの不安が伝わってしまう

慣れていない場所に行ったり、人と会うとき、大人でも緊張しますよね。子どもは大人よりも、安心なのかどうかと判断する経験が浅いため、判断に迷ったときパパやママの顔を見たりします。その表情から判断するためです。

そこでパパやママが楽しそうだったり安心した表情をしていたら、子どもも安心した気持ちになります。ですから、もし幼稚園の先生やほかのママさんと話すときに、困った顔や不安な気持ちでいると「ママも不安になる場所や人たちだ」と、子どもにも不安が伝わってしまうかもしれません。

まずは親が新しい環境を受け入れ、にこにこ対応していると、子どもは「ここは安心できる場所なんだ」と感じてくれるはず。安心する気持ちは伝わっていくのですね。

バスに乗りたくないと号泣するときの対処法

ママは元気いっぱい笑顔で見送る

「いってらっしゃい!」と毎日笑顔で送り出してあげたいですよね。でも色々な理由で登園のときに不安になる子どもも多いと思います。その気持ちはママも同じ。ママだって生まれてから毎日ずっと一緒だったのですから。

しかし子どもが不安な顔になっていても、泣いていても、そこはママはぐっとこらえて、100%の笑顔でお見送りしてあげましょう。ママが悲しい顔をしていたら、子どもは余計に別れが悲しくなってしまいます。

また、気持ちの切り替えがしやすいように、行く途中で幼稚園での遊びの話をしたり、ここでバイバイという場所でぎゅっと抱きしめてあげたり握手をしたり、楽しい気持ちで「ママから幼稚園」に気持ちスイッチを入れ替えると自然とママも笑顔になれますよ。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版