就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもとサッカー観戦へ行こう!便利な持ち物と親子一緒に楽しむコツ

子どもとサッカー観戦へ行こう!便利な持ち物と親子一緒に楽しむコツ

子どもと一緒にサッカー観戦をしたいと思っても、混雑したスタジアムや座席など気掛かりなことが多く、楽しめるか不安ですよね。今回は、そんなママやパパのために、子どもと一緒にサッカー観戦を楽しむためのコツや便利な持ち物、スタジアムのファミリー向けサービスなどをご紹介します。

サッカー観戦を楽しむために知っておこう

Jリーグの開催時期や開催日について

日本のプロサッカーリーグであるJリーグは、1995年のリーグ戦開幕以来たくさんの人を魅了し続けています。現在Jリーグは、J1、J2、J3の三部構成で、参加クラブ数は50を超えています。

各リーグや年によって多少の違いはありますが、リーグ戦は2月の下旬に開幕し、12月の中旬までにシーズン最後の試合を行います。

基本的に、週末や祝日を中心に試合が行われるので、ママやパパの仕事、子どもの幼稚園や保育園が休みの日にサッカー観戦を楽しめそうですね。

ホーム&アウェー方式の2回戦総当たりのリーグ戦で、その年の各リーグの順位が決定します。J1からJ2に降格するチーム、J2からJ1に昇格するチームなどもあり、リーグ戦終盤はとても盛り上がりますよ。

ルールやチームが分からなくても大丈夫

サッカー観戦に興味はあるけれど、ルールやチームが分からないので不安というママもいるでしょう。とくに、細かいルールなどが分かりづらく、ネガティブに感じてしまうかもしれませんね。

しかし、テレビ観戦だけでは、サッカーの魅力やスタジアムの雰囲気が伝わりにくいこともあります。実際のスタジアムでは、サポーターの熱い応援やプレーしている選手の迫力を感じるだけでも胸が高まりますよ。ですから、ぜひスタジアムに足を運んでサッカー観戦を楽しみましょう。

また、どのチームを応援するとよいか分からない場合は、ママやパパの出身地や住んでいる地域のクラブチームを応援してみましょう。家族で応援しているうちに思い入れが強くなり、スタジアムに行く機会が増えるとよいですね。

子連れに嬉しいサービスが充実している

子連れでのお出かけで気になるのが、授乳室やおむつ替えなどの設備や、子どもが過ごしやすい環境かどうかということですよね。サッカースタジアムでは、子連れに嬉しいサービスが充実しているので、家族で安心して訪れることができますよ。

たとえば、赤ちゃん用休憩室の設備が整っているスタジアムでは、ミルク用のお湯やおむつ替えのベッド、授乳室はもちろん、試合の様子を観られるテレビも設置されています。ですから、観客席を離れていても、サッカー観戦を楽しめますよ。

また、屋根がある範囲や、直射日光が当たらない席をファミリーシートとして設けているスタジアムもあります。急な雨や強い日差しから子どもを守ることができるので、ママも安心ですね。

子どもと一緒のサッカー観戦のメリット

赤ちゃん連れでも安心なスタジアムがある

サッカー好きのママやパパは「子どもと一緒にサッカー観戦をしたいけれど、赤ちゃんや幼児連れでは大変だろうな」と感じているかもしれませんね。

ベビーカーの預け方法や子どもが飽きた場合など、心配ごとは多々あります。しかし、最近は赤ちゃんや幼児連れでもサッカー観戦を楽しめるように、色々な設備を整えているスタジアムが増えていますよ。

たとえば、多くのスタジアムでは、おむつ替えシートや授乳室が完備されていて、ベビーカーの預かりを実施しています。赤ちゃん用休憩室やトイレなどの設備が充実しているところもあります。

さらに、ベビーカーや抱っこ紐で子どもと来場したママとパパは、無料で試合を観戦できるサービスを実施しているスタジアムもありますよ。

子どもが楽しめるイベントや催しも

スタジアム内の設備が整っていることはもちろん嬉しいですが、せっかくサッカー観戦に行くなら子どもが楽しんでいる姿を見たいですよね。

ほとんどのサッカースタジアムでは、試合前にイベントや子ども向けアトラクションが開催されています。混雑を避けて早い時間に到着しても手持ち無沙汰になることがなく、試合開始まで遊んで過ごせることは、親子にとって嬉しいですね。

イベントの内容は、各スタジアムによって違います。小さな子どもも楽しめるサッカーゲームや、1日中遊べるボールプールなど、子ども向けイベントが多数開催されることもあります。

また、サッカースタジアムのすぐ隣に遊具広場がある場合は、試合前に親子で楽しい時間を過ごしてもよいですね。

プロスポーツを目の前で観戦できる

スポーツ観戦の醍醐味といえば、やはりスタジアムのスケールの大きさや、プロスポーツを目の前で観戦できることです。試合中の選手の活躍やプレー、サポーターの応援など、会場の空気を肌で感じ取ることができますよ。

テレビでは、ボールのある位置をフォーカスして映していることがほとんどです。しかし、スタジアムではほかの選手の動きや、控え選手のウォーミングアップ姿なども自然と目に入ります。

スタジアムでの臨場感や緊張感を味わったり、白熱する試合展開を間近で観たりすることは、普段の生活ではなかなかありませんね。ですから、子どもにとって貴重な経験ができる場所だといえるでしょう。

また、目の前の試合を観ながら、サッカーのルールを細かく伝えられるメリットもありますよ。

子ども連れのサッカー観戦に便利な持ち物

水分補給のために水筒を持参しよう

スタジアムでは、軽食や飲み物が販売されていますが、試合直前やハーフタイムにはどうしても混みあってしまいます。子どもを連れて長い列に並ぶのは大変ですし、子どもが席にいたままママだけが買いに行くわけにもいきませんよね。

そして、Jリーグではスタジアム内へのビンや缶の持ち込みを禁止しています。クラブチームによっては、ペットボトルも禁止になっている場合があります。

このような事情もあるので、サッカー観戦には水筒を持参していると安心です。好きなチームの応援でたくさん声を出したり、外気温が高くて汗をかいたりして喉が渇くこともあるでしょう。水筒があれば、子どもが水分を欲しがったときにすぐに水分補給をできますよ。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版