就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもとサッカー観戦へ行こう!便利な持ち物と親子一緒に楽しむコツ

子どもとサッカー観戦へ行こう!便利な持ち物と親子一緒に楽しむコツ

「サッカー観戦に行きたいな」と思っても「子どもと一緒でも楽しめるかな?混雑もするし、座席はどうしよう」など気がかりが多く、躊躇してしまうこともありますよね。今回はそんなママとパパ向けに、子どもと一緒にサッカー観戦を楽しむためのコツや便利な持ち物、スタジアムのファミリー向けサービスをご紹介します。

子どもと一緒のサッカー観戦はおすすめ

赤ちゃん連れでも安心なスタジアムがある

サッカー好きのママやパパは「いつかは子どもと一緒にサッカー観戦をしたい。でも赤ちゃんや幼児連れでは厳しいだろうな」と感じている方が多いでしょう。

ベビーカーをどうするか、子どもが飽きたら…など心配ごとは多々ありますよね。でも最近は、赤ちゃんや幼児連れでもサッカー観戦を楽しめるようにと、色々な設備を整えているスタジアムが増えています。

埼玉スタジアムではおむつ替えシートや授乳室が完備されていて、ベビーカーの預かりも実施していますし、ギオンスタジアムでは「キッズファースト」として、ベビーカーや抱っこ紐で子どもと一緒に来場したママとパパは無料で試合を観戦できます。

日産スタジアムは、ベビー休憩室が3カ所、トイレは25カ所と安心の設備がありますよ。

子どもが楽しめるイベントも開催される

スタジアム内の設備はもちろんですが、せっかくサッカー観戦に行くなら子どもにもたくさん楽しんでほしいですよね。

サッカースタジアムでは、試合前に子どもたちが楽しめるイベントも開催されています。混雑を避けて早い時間に到着しても手持ち無沙汰になることもなく、試合開始まで遊んで過ごすこともできるのです。

日産スタジアムでは試合前に「トリコロールランド」というイベントが開催されていて、サッカーゲームや、300円で1日中遊べるボールプールなども用意されていますし、等々力陸上競技場は、試合日に子ども向けイベントが多数開催され、サッカー場のすぐ隣に遊具広場もあるので安心です。

ほとんどのスタジアムで、試合前のイベントや子ども向けアトラクションが開催されています。

プロスポーツを観戦するという体験ができる

子ども連れでのスポーツ観戦の醍醐味といえば、やはりスタジアムのスケールの大きさやプロスポーツを目の前で観戦できることですよね。

ママやパパはもちろん、子どもも試合中の選手の活躍やプレーの巧みさ、サポーターの応援など、会場の空気間を肌で感じ取ることができます。普段の生活ではなかなか感じられない臨場感や白熱感、緊張感などを感じられるので、子どもにとって、貴重な体験ができる場所だといえるでしょう。

テレビではボールのある位置をフォーカスして映していることがほとんどですが、スタジアムではほかの選手の動きや、控え選手のウォーミングアップ姿なども目に入りますし、試合を見ながら「今のは◯◯だよ」などと、サッカーのルールを教えられるというメリットもありますね。

子ども連れのサッカー観戦に便利な持ち物

水筒があれば飲みたいときにすぐ飲める

ここからは、子ども連れのサッカー観戦に便利な持ち物をご紹介します。

一つ目は「水筒」です。スタジアムでは軽食や飲み物が販売されていますが、試合直前やハーフタイムにはどうしても混みあってしまいます。子どもを連れて長い列に並ぶのも大変ですし、子どもを待たせて買いに行くのもちょっと心配ですよね。

そしてJリーグでは、スタジアム内へのビンや缶の持ち込みを禁止しています。ペットボトルもクラブチームによっては禁止になっていることがあります。

こうした事情もあるので、サッカー観戦には水筒を持参するのがおすすめです。応援でたくさん声を出して喉が渇いたり、外気温が高くて喉が渇いたりもするので、水筒があれば子どもが水分を欲しがったときに、すぐに飲ませてあげられます。

季節や天候にあわせた暑さ寒さの対策グッズ

サッカーは屋外での観戦になるので、子連れの場合には季節や気候に合わせた暑さ対策や寒さ対策をしっかり用意していきましょう。

年間通して持参すると便利なのは「帽子」です。眩しさや暑さ対策として持参しましょう。

暑い季節には「バスタオル」があると便利です。汗をかいた肌を拭くにも役立ちますし、日光で座席が熱くなっている場合に畳んで敷くのにも役立ちます。

また座席の位置や会場の立地によっては風が当たらないこともあります。うちわや扇子があるとよいでしょう。

寒い季節には「折りたたみ式のひざ掛け」や「カイロ」があると安心です。ひざ掛けはお尻に敷いたり体に巻きつけたりと巻き方を工夫して、状況に合わせて子どもの体を温められますよ。

応援にも使えて色々と便利なタオルマフラー

サッカー観戦で「持っていると便利な物」と「初めての観戦でグッズを買うならコレ!」というレビューで挙がるのが「タオルマフラー」といわれる、タオル地で作られたマフラーです。

タオルマフラーは、夏には頭にかぶって直射日光を遮ったり、汗を拭いたりできて、冬にはマフラーのように首に巻いて防寒対策にも使える優れものです。

そして試合観戦中にはタオルを振って、クラブチームの応援をすることもできますよ。周囲のサポーターの皆さんと一緒に親子でノリノリになって応援をすると、よりサッカー観戦を楽しめること間違いなしです。

「せっかくサッカー観戦に来たんだから、なにかグッズを買おうかな」と思ったなら、活用度が高いタオルマフラーがおすすめです。

親子で一緒にサッカー観戦を楽しむコツ

混む時間帯の入退場やトイレ利用は避ける

続いては、子ども連れでのサッカー観戦を安全に、めいいっぱい楽しむコツをご紹介しますね。

まずは混みあう時間帯の入退場やトイレの利用は避けるようにしましょう。入退場時やハーフタイムなどは、大勢の人が行き来します。トイレに行きたくても大混雑しますから、子ども連れの場合にはハーフタイムの前後にトイレへ連れて行くなど工夫をするとよいですよ。

入場は1~2時間前にして人混みを避け、グッズ購入や軽食をとる時間にあてるのがおすすめです。

試合終了後は大勢の観客が一斉にスタジアムを出るので、大混雑は避けられません。子どもの安全のためにも、試合終了の10~15分前にスタジアムから出ると安心です。試合結果は気になりますが、子どもの安全第一を心がけましょうね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事