就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティでも着物は着られる!着付けのポイントと洗える着物

マタニティでも着物は着られる!着付けのポイントと洗える着物

「結婚式に招待されたけど、妊婦は着物で行っても大丈夫…?」「上の子の七五三に着物を着たい」など、妊娠中も着物姿を楽しみたいママ必見です。今回は、着付けのポイントやおすすめの着物などを詳しくご紹介しますので、マタニティ中の着物ライフを満喫しましょう!

着物を着ることのメリットデメリット

お腹周りが冷えないので安心できる

着物は窮屈だから、お腹の赤ちゃんに影響が出るのでは…と思うママもいますよね。ですが、実際は、着物を着ることのメリットもたくさんあるのです。

まず、着物は「体(とくにお腹まわり)を冷やさない」というメリットがあります。

着物を着るときは何枚もの生地を重ねていきます。とくに、お腹の部分は着物のほかにも下着や襦袢、帯などが当たるので、お腹をしっかりとガードして保温してくれるのです。

お腹が大きいとワンピースやドレスといった“洋服”の方がよいのでは?という考えも多いかと思いますが、冬場などは冷たい風が足元から入ってくるので、体を冷やしてしまう可能性が高くなります。ですので、寒い時期はかえって着物の方が安心かもしれませんね。

どんどん変化する体形にも対応する

妊娠中はお腹もどんどん大きくなってくるので、洋服だと体型も目立ってしまいがち。そんなとき、上手に補正さえすれば、案外着物の方がお腹まわりが目立たないというメリットもあるのです。

妊娠初期だと、帯を締めることでお腹の中の赤ちゃんが圧迫されないか心配なところ…。でも、妊娠をするとママのお腹まわりには脂肪が付き、赤ちゃんを守るための胎盤も作られるので、外からの圧迫にはとても強いそうですよ。

ただ、妊娠後期にもなると、お腹の大きさで着物の身幅が足りなくなったり、帯の長さが足りなくなったりするなどの不具合も出てきます。もし、この時期にどうしても着物を着なければならないのであれば、一度サイズを確認しておくとよいですね。

草履に履き慣れてないと転倒が心配

妊娠中は、ヒールのない靴やスニーカーを履くことも多いのではないでしょうか。ワンピースやドレスならヒールのない靴でも問題ありませんが、着物だとそうはいきませんよね。

ただでさえ大きなお腹で足元が見えづらくなっているのに加え、脱げやすい草履で歩くと転倒してしまう恐れがあります。また、草履には足袋を合わせるので、さらに滑りやすく足元が安定しません。

妊娠中は少し転んだだけでもお腹に大きな負担がかかるもの。ですので、草履はなるべく高さの低いものを用意し、段差などがある場所では足元に十分注意して歩きましょう。

また、妊娠中は足がむくみやすくなっています。足袋も伸縮性のある素材や、足裏に滑り止めが施されているものを選ぶのがおすすめです。

マタニティ期に着付けをする際のポイント

着付けはプロの着付師さんに頼もう

着物は紐や帯を締めるので、お腹まわりが窮屈になります。そのうえ、着付師さんにお願いする場合、なるべく着物が着崩れないようにきつく締めることがほとんどです。

ですが、あまりお腹を締めすぎるのも赤ちゃんにはよくありませんし、ママも具合が悪くなってしまいます。そのため、妊娠中に着物を着る際は、予約の時点で妊娠していることをしっかりと伝えておきましょう。

また、妊婦さんの対応に慣れているプロの着付師さんに頼んでおけば、体型に合わせて着付けをしてくれるので、着崩れることが少なくなります。妊娠中に必要な着付道具なども聞いておけば、あらかじめ準備しておくこともできますね。

もし途中で苦しくなったら…など、対処の仕方も聞いておくと安心です。

柔らかい帯や扱いやすい着物を選ぼう

着物を着るとき、重くて固い帯は強く締め付けなければならないので、妊娠中の体には禁物です。ですので、帯はゴム製などの柔らかいものを用意しましょう。

着付けをする際も、着付師さんに妊娠していることを伝えておけば、紐や帯を緩めに締めてくれます。

また、着物の素材にも注意しましょう。もし突然のつわりで、うっかり着物を汚してしまったら…。例えば、それが絹の着物だと、修復するにも多大な金額が必要になってしまいます。

そのため、妊婦さんが着物を着る場合は、木綿やポリエステルなどの固すぎない素材を選ぶことがおすすめです。最近ではネットで購入もできますが、帯の固さなどがわかりにくいこともあるので、実際にお店に足を運んで選ぶとよいですね。

体調が悪いときには無理しないことが大事

妊娠中でも着物を着るのは悪いことではありません。ですが、何事も第一に赤ちゃんを優先して考えましょう。

妊婦でなくても、慣れない着物で出かけるのは疲れますよね。胸元やお腹まわりを窮屈に締め付けられるので、着る前は体調がよくてもだんだん気持ちが悪くなったり、貧血で倒れてしまったりする恐れもあります。

また、妊娠中はお手洗いに行く回数も増えるので、着物だと用を足すのも一苦労。そのため、着物で出かける場合は動きやすい洋服を着替えに持っていくとよいですね。もし体調が悪くなったりしたら、無理をせずすぐに着替えましょう。

妊娠初期の体調が安定しない時期や、お腹が大きい妊娠後期に着物を着る場合は、お腹の赤ちゃんと相談しながら考えてみてくださいね。

マタニティママにおすすめの洗える着物

シルクそっくりの質感「東レシルック」

もし着物を汚しても、自分で洗えるものだと安心!そこで、マタニティママでも手軽にお手入れができる着物をご紹介します。

まずは、高級シルク調ポリエステルの素材を使った「東レシルック」です。シルック®とは、シルクそっくりの質感や上品な光沢を特徴としていて、着物や和装小物のほか、ブラウスやドレスなどの婦人服で幅広く活用されています。

もし汚れてしまってもポリエステル100%の素材なので、家庭用の洗濯機で丸洗いできてしまう優れもの。これなら気軽に着ることができますね!また、洗濯後はアイロンがけ(当て布をし、低~中温)をすると、より綺麗に仕上がります。

さらにデザインも豊富!フォーマルからカジュアルまで、さまざまなシーンで楽しめます。

個性的なスタイルが作れる「きもの町」

着物通販サイト「きもの町」なら、自分好みの着物や和装小物をネットで探すことができます。個性的なデザインがたくさんあるので、普段使いにもぴったり!お値段も「着物+帯+小物1点」がセットで10,000円台~と、とってもリーズナブルです。

また、着物を着るときに「必要なものがわからない!」という声も多いはず。そんなママにおすすめなのが「『はじめてのきもの』洗える着物フルセット」です。

こちらは、おしゃれにコーディネートされた着物や帯以外に、襦袢や腰紐などの着付に必要な小物がすべて揃って、なんとお値段30,000円(税込)なのだとか!マタニティママにも手が出しやすい金額が嬉しいですね。

また、洗濯機で洗えるのでお手入れも簡単です。

洋服のように気軽に着たい「きものやまと」

1917年に創業した老舗呉服店「きものやまと」が運営するオンラインショップでは、気軽に気楽に着ることができるカジュアルな着物が豊富に揃っています。もちろん、洗える着物もありますよ。

プレタポルテの着物なら3,800円(税抜)~、着物と帯のセットなら5,800円(税抜)~と、お値段もお手頃!また、お仕立てでも12,000円(税抜)~購入することができるので、1点持っているだけで、普段着のようにいつでも着ることができますね。

マタニティ期間中に着物を着るなら、このように洗えるものだと自分でお手入れができるので安心です。出産後も産まれてきた赤ちゃんのお宮参りや七五三など、さまざまなイベントで重宝しそうですね。

まとめ

マタニティ中のママでも、着物を着ることでいろいろなメリットがあります。また、自宅で洗えるものやリーズナブルなものもたくさんあるので、「着物は高価で手入れも大変だからなかなか着ることができない」と考えていたママも、手に取りやすくなったのではないでしょうか。

ただ、気軽に着ることができるからといって油断は禁物です。妊娠中は、ご自身の体調やお腹の中の赤ちゃんが何よりも優先ですので、着付けのポイントや着物を着るときの注意点などをしっかりと把握して、素敵な着物ライフを楽しんでくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR