就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夫婦の性の価値観は違う?スキンシップでもっと相手のことを知ろう

夫婦の性の価値観は違う?スキンシップでもっと相手のことを知ろう

性生活は夫婦により、またライフステージにより、様々な形がありますね。疲れて積極的になれない夫婦、産後にレスになってしまった夫婦、新婚当時と変わらず楽しんでいる夫婦など、子育て世代も様々です。今回は夫婦の性生活についての価値観や、夫婦の時間を楽しむ方法などをご紹介します。

子育ての今、性について夫婦で話してみよう

頻度も差があるリアルな夫婦の性事情

ほかの夫婦の性事情は、気になってもなかなか聞くことはできませんね。そこでアンケート調査をご紹介します。

アンケート調査の対象は夫婦で、直近1カ月の性行為の回数を調べました。すると2004年の調査で「ゼロ」と回答した夫婦は全体の31.9%だったのに対し、2016年の調査で「ゼロ」回答は47.2%と増えていたのです。

つまり1カ月以上性行為をしていない夫婦は以前より増え、近年では半数がしていないことがわかりました。これは世界的に見ても高い割合です。

反対に性行為を定期的にしている夫婦に頻度を聞いたところ、「週1回」という答えが多かったようです。なかには「毎日」という回答もあり、夫婦によって大きく差があることがわかりました。

男と女、年代でも違う夫婦生活の悩み

夫婦の性生活がなくなってしまった理由として、男性に多い意見が「仕事で疲れている」「妻をママとして意識するようになった」などでした。また「産後にママの体をいたわっていたら、そのまま…」などというケースもあります。

女性も出産がきっかけになりやすく、「子育てや仕事で疲れてする気が起こらない」「産後、行為に痛みを感じるように」という声が多く聞かれました。

また夫婦間の迷いや不満も原因の一つです。年代で違い、20代では「もっとよい人がいたのかも」という迷い、30代では仕事や子育ての忙しさで抱えてしまう不満が多くなります。

また40~50代は子育てのあとの2人の生活を考えて「このままこの人と生きていくのか」という迷いが生じてしまうようです。

気になるのは隣で寝ている子どもの存在

夫婦が積極的になれない原因の一つに、子どもの存在もあります。小さな子どもは夫婦と同じ布団やベッドで寝ていることが多く、すぐ隣に寝ていればどうしても気になってしまいますね。

もちろん子どもがいても気にしない夫婦もいます。しかしもともと積極的でないなら、子どもの存在は「しない理由」になります。また、たとえ行為に及んでも、子どもが気になって短時間で済ませてしまい、愛情を感じにくくなってしまいます。

子どもだけでなく両親と同居していれば、そちらの存在も気になりますね。愛情を確かめるために大切なスキンシップですが、家族が多ければ日常のスキンシップも少なくなる傾向があり、触れ合えないことが長く続けばセックスレスになりやすくなるのです。

恥ずかしがらないで!スキンシップを大切に

マンネリを解消して幸せを感じる方法

恋人時代や新婚時代は、触れ合うだけでドキドキした高揚感を味わえていたと思います。しかし何年もたてばスキンシップに慣れて、マンネリを感じるようになります。

マンネリを感じると、たとえ相手のことを大切に想っていても積極的な気持ちは薄らいでしまうようです。性行為が子作りの手段ということになれば、産後はレスになる恐れさえあります。

マンネリを解消するには、まず男性が積極的に行動してください。女性は多少強引なリードの方がときめく傾向があります。

またママの性欲も大切です。たまにはアダルトビデオを鑑賞して、気持ちに刺激を与えてみてはいかがでしょうか。ママの性欲が高まればパパが何気なく触れたとき、いつもと違う幸福感を感じることができるかもしれません。

たまには大胆に楽しく感じてみよう

マンネリの解消のため、夫婦の時間を2人で工夫してみることも大切です。まず大切なのが愛撫です。優しく丁寧に行うことで興奮度が高まり、挿入時の痛み軽減につながります。

試してほしいのが、目隠し。ハンカチなどでパパかママの視界を遮ります。人は視界が遮られると五感が研ぎ澄まされて感覚が敏感になるので、気持ちよくなりやすいそうです。目隠しをしていないほうは支配欲が高まり、いつもより興奮した感覚が楽しめます。

体位もこれまでしたことのない形で挑戦してみると、違った刺激を受けることができるかもしれません。ママが立った姿勢で足を大きく広げたり、体を密着させたり、ママがリードしたりするなど、密度の濃い2人の時間を味わいましょう。

価値観を共有してお互いに満足する性生活を

もともと価値観が共有できていたから、結婚をして、幸せな家庭を作ろうと頑張ってきた2人。しかし子どもが生まれるころには、価値観がズレることもよくあります。満足する性生活を実現するには、お互いの価値観を共有するためにお互いの気持ちをきちんと伝えあうことが大切です。

気持ちの通じ合わない日々が長く続くと、小さな溝が大きくなりかねません。具体的に家事について、子育てについて、お金について、性生活についてなど、伝えあって解決するよう努力しましょう。

気持ちが伝わりあって価値観が共有できれば、お互いの気持ちも変わっていきます。お互いを大切に想ったり感謝したりする気持ちが加わることで、スキンシップにも満足できるようになりますよ。

夫婦満足のいく形を見つけることが大切

お疲れママには夫婦生活が苦痛になることも

一般的に女性は男性より性欲が弱く、体力も弱いです。ママの疲れが溜まっていると、どんなにパパが好きでも「したくない」と思うことだってありますね。

最近は働くママも珍しくありません。仕事をして家に帰り、子どもの相手をしながら夕飯の支度をし、食べたら子どもとお風呂に入って寝かしつけ、そのあとはキッチンの片づけ…。落ち着く暇がなければ、疲れだって溜まっていきます。

そんな中、パパが家事や育児を手伝うわけでもなく、ただママに夫婦生活を望むだけであれば、ママが苦痛を感じてしまうのも無理はありません。ママは無理をせず、置かれている状態を理解してもらうよう話し合いましょう。「疲れてしんどい」と正直に伝えることも大切です。

悩む前に行き過ぎな「性DV」はすぐに相談

夫婦であれば性的関係を持つのは普通といえるでしょう。そのため夫婦間には「性DV」はないような錯覚をしがちですが、実際には夫婦間でも過度な強要は「性DV」と認識すべきなのです。

例えばママが断っているのにパパが拒絶させないよう暴力をふるって強要するケースです。これは明らかに「性DV」と考えられます。また妊娠したママをパパの都合で無理やり中絶させようとするのも同様です。こうした「性DV」を行うのは、相手の気持ちを考えず行動する男性(ときには女性)に多い傾向があります。

夫婦間の「性DV」は身内でも言い難いため、表面化しにくいのですが、絶対に許してはいけない行為です。ひとりで悩まずに、心療内科や自治体の配偶者暴力相談センターへ相談しましょう。

ちょっとした思いやりとパパへのお願い

夫婦はともに生活をしていることもあり、他人よりも感情が伝わりやすいです。感情は「表情・言葉・態度」で表すことができ、この三つの表現で相手の心情が左右されます。

相手に思いやりを持って接するには、「相手のため」に「表情・言葉・態度」を意識することが大切です。優しい表情、前向きな言葉、相手のための行動を意識し続けることで、相手にプラスの感情を抱いてもらうことができます。

夫婦も同じで、ママが思いやりを持って接することでパパはプラスの感情を持ちやすくなります。夫婦の関係が良好になれば、ママが抱えている夫婦間の問題も、パパに解決のためのお願いをしやすくなりますね。夫婦が満足する形を見つけるために、思いやりの行動は効果的ですよ。

まとめ

性の問題は他人に聞きにくく、またわかりにくい部分です。その形は様々で、良好な関係を築いている夫婦もあれば、片方の要求ばかりが先行している夫婦もあります。

夫婦がともに納得のいく性生活を送るには、お互いの思いをきちんと打ち明け、話し合い、価値観を共有することが大切です。感情がともなえば、きっと満足する性生活が送れるはずですよ。

一方、過度な強要には悩むまでもなく、相談して早期解決を目指しましょう。

お互いを思いやれる、愛情のともなった性生活を送りたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj