就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと冬の遊びを楽しもう!外遊びや服装、お出かけスポットを紹介

子どもと冬の遊びを楽しもう!外遊びや服装、お出かけスポットを紹介

冬は子どもの遊びに悩むママも多いかと思います。せっかくなら思いっきり子どもと冬を楽しみたいですよね。ここでは冬ならではの楽しめる遊びをご紹介します。また冬の服装や外遊びのときの注意点、子連れで楽しめる冬のレジャースポットなどもあわせてご覧ください。

子どもと一緒に冬の外遊びを楽しもう!

自然の中で氷アート作りを体験

みなさんは氷アートというものをご存知ですか?氷アートとは氷を材料につくられたオブジェなどのことをいいます。結婚式などのイベントで、氷彫刻家によってつくられた氷像などを目にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは子どもと一緒につくれる氷アートをご紹介したいと思います。冬の朝は霜がおりたり水が凍っていたりしますよね。つまり外は自然の冷凍庫になるので、それを利用して氷アートをつくってみましょう。

まずプリンカップなど空の容器に水を入れ、葉っぱや花など好きなものを入れます。一晩外に置くと朝には凍っているはずなので、容器からだせば氷アートの完成です。氷がどうやってできるのかがわかるので、子どもも楽しめるでしょう。

散歩しながらできる冬の遊び

公園までの道のりやいつもの散歩も、冬ならではの楽しみ方を見つけてみるとよいかもしれません。寒い日は吐く息が白くなるので、子どもとどっちがたくさん白い息をだせるか競ってみたり、土がある場所なら霜柱を見つけてみたり、「冬の発見」を楽しめるとよいですよね。

お友だちが何人かいたら、昔からある冬の遊び「おしくらまんじゅう」をすれば、体も温まるし盛り上がるでしょう。また雪が降っていたら、虫眼鏡をもって雪の結晶を観察してみるとおもしろいですよ。

冷やした黒い布を板に巻き、そこに降る雪を受けると雪の結晶の観察ができます。マクロモードのあるカメラやスケッチブックなどがあると、雪の結晶を撮影したりスケッチしたりできるので楽しみも増しますね。

冬でも楽しめる公園での遊び方

<ボールと競争!>
スタート・ゴールを決め、スタートからゴール地点へ、ボールを転がして(蹴って)ボールより速く走ってゴールした方が勝ちです。

<そり遊び>
雪がつもっていたら、傾斜のある場所に行って、そりで遊んでみましょう。そりは、浮き輪のようなやわらかい素材のチューブタイプのものと、硬いプラスチックタイプのものがあります。

少しの傾斜でも滑りやすいのはプラスチックタイプのものなので、公園などではプラスチックタイプのものがおすすめです。

<落ち葉や木の実探し>
冬の公園には落ち葉や木の実がたくさん落ちていますよね。いろいろな色や形の落ち葉などを拾って、「どの木から落ちてきたんだろう?」「なんの実かな?」など子どもといろんな発見を楽しめますよ。

冬の外遊びの服装や注意点を知ろう

冬はどんな服装で外遊びをしたらよい?

寒い日の外遊び、着せる服に悩みますよね。寒いと感じると、大人はつい子どもに厚着をさせてしまいがちですが、子どもは体温が大人よりも高く、運動量も多いので、実はあまり寒さを感じることなく遊ぶことができるようです。

しかし大人に比べると免疫力が未熟で風邪をひきやすいので、その日の気候に合う動きやすい服を選んであげましょう。冬のアウターはいろいろな種類のものがあるので、冬でも寒い日と暖かい日などで、使い分けるのがよいかと思います。

おすすめは、ダウンベストです。体温調節がしやすいのと袖がないので、軽くて身体を動かしやすいです。真冬の公園でも、保温性のある肌着と薄手のインナーを重ねて着ることで、とても温かく過ごせます。

冬の外遊びで注意することは?

夏の外遊びで真っ先に注意することは「熱中症」とすぐ思いつくかもしれませんが、冬の外遊びでも注意しておきたいことがあります。先ほどにも触れましたが、子どもは大人より体温が高く、冬でも遊んでいるうちに汗をかくことがあります。

冬は汗をかいた状態でそのままにしておくと、急激に体が冷えてしまう可能性があるので、体温調節できる服装選びが大切です。

服装のポイントとしては、肌着やインナーを着こむより、いつも着ているダウンの下にパーカーやベストなど、脱ぎ着しやすいアウターで体温調節するとよいでしょう。

ほかにも、遊具で遊ぶときにはひも付きのパーカーやマフラーなどをしたまま遊ぶと、遊具にひっかかり首が締まる恐れがあるので、避けたほうが好ましいです。

子どもに着てほしいアウトドアウェア

寒い冬でも動きやすく温かい、ママも子どもも喜ぶアウトドアウェアを選んでみましょう。おすすめのアウトドアウェアメーカーをご紹介します。

<パタゴニア>
パタゴニアは30年前から子ども用アウトドアウェアを製造しているメーカーです。デザインや柄がおしゃれなのと、防風性・耐久性にすぐれており、濡れても温かい着心地を維持するウェアが多いのが特徴です。

ベビーから大人までサイズ展開があるのでお揃いで着ても楽しめますね。

<ザ・ノース・フェイス>
アウトドア用品や登山用具で有名な「ザ・ノース・フェイス」は、ウェアだけでなく防寒アイテムも充実しています。雨の日などの普段使いにも活躍しそうなスノーブーツは、一つ持っていると便利です。

子どもと一緒に行きたい冬の遊び場3選

定番の雪遊び「水上高原スキーリゾート」

日帰りや、旅行を兼ねてのスキーリゾートはいかがでしょうか?群馬県にある「水上高原スキーリゾート」は小さい子どもを連れた家族が楽しめる人気のスポットです。

スキー場内は1歳から5歳専用のキッズパークがあり、小さな子どもの雪遊びデビューにぴったりの場所です。アクティビティも充実しており、親子で楽しむスノーモービルや、ハンドルとブレーキのついたスノーレーサーは3歳以上であれば安全に操作できます。

雪遊びに疲れたら、ゲレンデに隣接する「水上高原ホテル200」にある温泉を利用したり、レストランで食事をとったりすることができます。

スキーリゾートの営業期間は、毎年12月後半から翌年4月前半までなので、ホームページで確認しておくとよいでしょう。

いろいろ楽しめる「ナガシマリゾート」

三重県にある「ナガシマリゾート」は、温泉や遊園地、ホテルなど、東海地方で有名なレジャーリゾートです。リゾート内には「アンパンマンこどもミュージアム」もあるので、アンパンマンが好きな子どもはきっと喜びますね。

遊園地にはキッズタウンといって、子どもが楽しめるアトラクションが30種類もあるので、乗るものなどに困ることは少ないでしょう。

またアンパンマンこどもミュージアムでは冬の期間にいろいろなイベントが開催されるので、遊園地と合わせて楽しめますね。

リゾート内にある「なばなの里」では冬の風物詩イルミネーションを堪能できます。季節の花々や紅葉とのライトアップは、親子で素敵な思い出がつくれることでしょう。

教室やイベントあり「六甲山スノーパーク」

兵庫県にある「六甲山スノーパーク」は、家族や初心者に優しいレジャー施設です。子連れだと一般スキーヤーのいるゲレンデは、少し不安に感じるママも多いと思いますが、こちらは雪ぞりや雪遊び専用のゲレンデがあります。

スキーゲレンデとしっかり分れているので、小さい子どもを安心して遊ばせることができます。ウェアやグローブ、雪ぞりなどはすべてレンタルできるので、持ちものも少なく気軽に楽しめるのも魅力的ですね。

また3歳から6歳の未就学児向けのスキー教室も開催しており、遊び感覚でスキーの基本姿勢を自然と身につけられると人気のようです。

レッスンは幼児が飽きずに安全に、怖くなく楽しめるプログラムを組んでいるので、スキーに興味があればぜひ体験させてあげたいですね。

まとめ

寒い冬は、ついつい家で遊びがちになってしまうというママも多いと思います。家遊びが悪いわけではありませんが、毎日こもりがちだと、外遊びをしたい子どもにとってはストレスにもなってしまいますよね。

しぶしぶ外にでるよりは、冬ならではの楽しみを見つけて遊びにいってみると、ママも子どもも楽しめるはずですよ。

いつもの公園遊びも、霜がおりていたらじっくり観察してみるなど「冬っておもしろいな」と思うことを子どもと発見してみるとよいかもしれません。しっかり寒さ対策をして、親子で冬を楽しみましょう!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018