就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

なぜ子どもはチャイルドシートを嫌がるの?原因や対策、便利グッズ

なぜ子どもはチャイルドシートを嫌がるの?原因や対策、便利グッズ

楽しく安全なドライブするために、子どもをチャイルドシートに乗せた途端に大泣き。出発するまで一苦労という経験、ありますよね。そこで、子どもがチャイルドシートを嫌がる原因や、チャイルドシートを嫌がらないための対策、車で使うのにピッタリな便利グッズを紹介します。

子どもがチャイルドシートを嫌がる原因とは

ママの姿が見えずに不安になる

車でお出かけのとき、チャイルドシートへ乗せたとたんに、大泣きしたり大暴れしたり…。乗せるだけでヘトヘトになってしまうママも多いですよね。まだ上手に話せない幼い子どもは、泣いて何かを訴えているのです。チャイルドシートに乗せると泣いてしまう子どもは、ママに何を訴えているのでしょうか?

幼い子どもにとって、ママの抱っこが一番安心できる場所なのですが、チャイルドシートに乗るときにそこから離れなくてはいけません。さらに、新生児から、だいたい1歳前後までは、チャイルドシートを後部座席に後ろ向きで設置することが多いので、ママの姿も見えなくなります。大好きなママから離れて、さらに姿も見えないことで、不安な気持ちを泣いて訴えているのですね。

チャイルドシートが窮屈で不快

子どもがチャイルドシートそのものを嫌がることが原因の場合もあります。

チャイルドシートに乗せたとき、包み込む形状が強すぎて、身動きが取れないくらい窮屈だと嫌がることがあります。また、平均より発育がよく体が大きめの子どもも、広さにゆとりがないと窮屈に感じてしまいます。チャイルドシートは、子どもの体にフィットしたものを使用しましょう。

また、肩や腰など各ベルトの長さを子どもに合わせて調整し正しく装着しないと、チャイルドシートが体にフィットせず不快に感じるようです。体が自由に動きすぎたり、手足が抜けてチャイルドシートから落ちたりすることがないように、子どもが窮屈に感じていないか、様子を見ながらベルトの長さを調整して装着するようにしましょう。

景色も見えず退屈してしまう

ドライブ時間が短時間なら乗れるけれど、長時間になると泣きだしてしまうという子どももいますよね。なぜ泣くのかというと、私たち大人と同じく、子どもも何もせずにじっと拘束されていては退屈してしまうからです。しかも、チャイルドシートからだと、気分を変えたり、ドライブの楽しみでもあったりする景色がよく見えないので、ますます退屈になってしまうのです。

とはいえ、運転中はいくら子どもが泣いていても何もしてあげられません。子どもの泣き声が気になって、ママは運転に集中できませんよね。

そんなときは、優しく話しかけてママの声を聞かせたり、子どもの好きな歌を歌ったり、大好きな音楽のCDをかけたりして、子どもの気を紛らわせてあげるとよいですよ。

チャイルドシートを嫌がらないための対策

ミラーをつけてママの顔も見えて安心

子どもをチャイルドシートに乗せたとき、ママの顔が見えるようにミラーを設置しましょう。

ミラーを後部座席のヘッドレストに取りつけて、バックミラーとヘッドレストのミラーを合わせ鏡のように使います。ミラー越しにママの顔が見えるので、子どもは安心することができますよ。また、ママも運転していて、ミラー越しに子どもの様子を確認できるので便利ですね。子どもが泣き出したときは、ミラー越しに「大丈夫だよ」など声をかけてあげることができます。また、ママがニッコリして目を合わせれば、子どもは安心することができますよね。

ミラーは、形や大きさなどいろいろな種類があります。設置がしやすいもの、微調整ができるものなど、使いやすいものを選んでくださいね。

体のサイズにあったものを選ぼう

服でも靴でもそうですが、サイズが大きいとダボダボして気持ち悪いですし、小さいと窮屈で嫌がりますよね。チャイルドシートも同じです。体のサイズに合ったものを選べば、座ったときに体がフィットするので不快感がなくなります。また、体にあったサイズを使用するということは安全面から考えても大切なことです。

チャイルドシートは、子どもを乗せやすい回転式のものや、リクライニング機能が充実しているものなど、種類が豊富にあります。しかし、チャイルドシートを選ぶ基準は子どもの体に合っているかどうかです。使いやすさやデザインなどにもこだわりたいところですが、子どもの体にあっているかを最優先にして選ぶようにしましょう。

車用のおもちゃで楽しみを作ってあげよう

チャイルドシートに乗るのが退屈な子どもには、車に乗るのが楽しいと思ってもらえる工夫をするとよいですよ。おすすめは、車に乗ったときにだけ遊べるおもちゃです。

チャイルドシートに直接つけられるジムメリーや、クリップ形式になっていて吊るすことのできるモビールなどがあります。子どもの好きなキャラクターのものだと喜んで座ってくれそうですよね。

また、音が出たりいろいろな仕掛けがついていたりするおもちゃなら、触るのが楽しくて、飽きずに夢中になって遊んでくれそうです。これなら、長時間ドライブでも心強いアイテムになるのではないでしょうか。

ほかにも、買わずにおもちゃを手作りしたり、iPadやタブレッドを固定して動画を見せたりと工夫することができそうですね。

車で使うのにピッタリな便利グッズ

サンシェードで暑さや紫外線対策をしよう

子どもがチャイルドシートで快適に過ごすことができるように、車で使う便利グッズを紹介します。

車に乗っていてとても気になるのは紫外線ですよね。晴れの日は日差しも加わり、太陽が眩しいですよね。そんなときに役に立つのがサンシェードです。子どもの白くてキレイな肌を紫外線から守ってくれます。また、日差しが気にならなくなるので、ぐっすりと眠ることができるでしょう。

サンシェードは、吸盤で窓に直接つけるタイプや、手すりにクリップでつけるタイプ、カーテンタイプ、直接チャイルドシートにつけるタイプなどがあります。それぞれ大きさや形も様々ですので、窓の大きさや、取り外しの有無によって、使いやすいものを選びましょう。

チャイルドシート用マルチシートで快適に

夏の車内は本当に暑いですよね。子どもは基礎体温が高いため、包み込まれる形状のチャイルドシートに座っているだけで汗だくになってしまいます。そんなときにおすすめがマルチシートです。チャイルドシートの上から簡単に敷くことができて、吸水性がよいので、汗をかいても不快感が少なくなります。

さらに、マルチシート自体が冷却素材でできているものや、冷やしたジェルを入れて使用するものもあるので、暑いときも快適に座っていられますね。

また、チャイルドシートにお菓子や飲み物をこぼしても、簡単に取り外せて洗濯できるので、とても便利です。清潔に保てるのも嬉しいですね。

デザインや種類が豊富で選ぶのも楽しいですよ。

ネックピローでうたた寝をサポート

車に乗っていると、独特のリズムが心地よくて、ウトウトと眠くなりますよね。なかなかお昼寝をしない子どもでも、チャイルドシートに乗ってお出かけをすると、眠ってしまうことが多いです。チャイルドシートに座ったまま眠ってしまうので、首が前や横にグラグラしてとても苦しそうに見えますよね。

そんなときに便利なのが、ネックピローです。これを使えば、首をしっかり固定してくれるので、どんな体勢でも心地よく眠れます。形は、シートベルトにつけるものや、首に直接つけるものがあるので、子どもに合ったものを選びましょう。また、生地やデザインも種類が豊富なので、普段眠る枕と同じように、衛生的で寝心地のよいものを選ぶとよいですよ。

まとめ

大切な子どもの命を守ってくれるチャイルドシートは、車に乗る際に必要なものですね。だからこそ、子どもが楽しく快適に乗っていられるようにしてあげたいものです。

チャイルドシートに乗った子どもが泣くのは、不安だったり窮屈さだったり退屈だったりと原因は様々です。それを取り除いてあげることができれば、きっと子どもは嫌がらずにチャイルドシートに乗るようになるでしょう。この記事を参考に、子どもが喜んでチャイルドシートに乗ってくれるような環境を整え、楽しいドライブができるようになるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018