就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもにストロータイプの水筒を!選ぶ際のポイントやおすすめ商品

子どもにストロータイプの水筒を!選ぶ際のポイントやおすすめ商品

外出する時間が増えたり、保育園に行くようになると、子ども用の水筒を用意するママも多いのではないでしょうか?ですが、探してみるとたくさんの商品があり、どれを買うべきか迷ってしまいますよね。ここでは選ぶ際のポイントや、おすすめの商品を紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

三つのポイントで選ぶ子ども用水筒

目的や成長に合わせた機能重視で選ぶ

子ども用の水筒は、ストロータイプ、直飲みタイプ、コップタイプと飲み口の違いによって主に3種類あります。ストローはこぼさずに飲みやすいので、小さい子どもにはおすすめです。ですが、水筒の中身に唾液が入りやすく衛生面では少し心配が残ります。また、ストロー部分など洗いにくい部品が多く、お手入れに手間がかかるので、上手に飲めるようになったらコップタイプにステップアップしたいですね。

直飲みタイプも同じく唾液が入りやすいですが、すぐに飲むことができるので、傾ける加減がわかるようになった子どもにはおすすめです。

コップタイプは衛生面では一番安心できますが、飲む際コップに注ぐので、子どもが少し大きくなってから使ってみるとよいでしょう。

容量別の水筒で子どもの水分摂取量を計る

子どもは大人に比べて体の調節機能が未熟なので、暑い時期だけでなく空気の乾燥する冬も脱水症に気をつけなければなりません。また、自分の体の状態をうまく伝えることができない小さな子どもは、大人が水分摂取量を管理し、定期的に水分補給をしてあげましょう。

水分摂取量は年齢や体重、活動量によっても違ってきます。必要な水分摂取量として、1歳頃は1,150~1,300ml、2歳児では1,350~1,500ml、幼稚園に入る頃には1,600ml以上が目安となります。

食べ物に含まれる水分や食事の際のお茶などから、ある程度水分を取ることができますが、足りない分は時間を決めて飲ませてあげるとよいでしょう。水筒の容量は必要な水分量に合わせて選びたいですね。

プラスチック製とステンレス製を比較する

水筒の材質としてはプラスチック製とステンレス製があり、どちらを選ぶべきか迷ってしまいますよね。プラスチック製は軽いので持ち運びしやすく、デザインも可愛いものが多いです。いっぽうで保温性がないことがデメリットといえます。そのため短時間のお出かけに使う方や、小さな子どもにはプラスチック製がおすすめです。

ステンレス製のよいところは、保温性に優れ、丈夫で割れにくい点です。しかし、子ども向けのかわいいデザインがあまりなかったり、プラスチック製に比べると価格は高くなります。そのため、ステンレス製のものは保育園や幼稚園に通う子どもに持たせる場合などにおすすめです。丈夫なので多少ぶつけても、長く使うことができるでしょう。

軽くて持ち運びやすいプラスチック製3選

【THERMOS】ベビーストローマグ

THERMOSのベビーストローマグは、シンプルなデザインで価格もお手頃なので人気の商品です。本体には取っ手がついており、重さも約100gと軽いので、自分で飲めるようになったばかりの子でも飲みやすい設計となっています。子どもは自分でできたということが大きな自信となって、ほかにもいろいろ挑戦してみようとやる気になるので、小さな子どもにはおすすめの商品です。

容量は350mlと大きめなので、長めのお出かけや、活動量が多くたくさん飲む子にはちょうどよい大きさでしょう。ストローのキャップはカチッとしっかり閉まるので、ママも安心してバッグに入れられますね。ストローはお手入れが大変なイメージですが、こちらは食洗機に対応しているのも嬉しいですね。

【Richell】トライマグシリーズ

Richellのトライマグシリーズは、成長に合わせて飲み口を変えるだけでスパウト、ストロー、コップ飲みを練習することができます。時期が来るたびに一つ一つ買うよりは、こちらの商品でパーツだけ買い足すほうが費用もかからず、ステップアップするごとにどれを買おうか迷わないので、手間がなくてママには助かりますね。

飲み口部分はどれもシンプルで汚れが溜まりにくいつくりなので、洗浄する際はとても簡単にお手入れできるでしょう。また、部品の数も少ないので、組み立てが苦手なママには嬉しいですね。

こちらの商品は、可愛いデザインもポイントです。可愛いものを持ち歩くと、ママも子どももお出かけするのが楽しくなりますよね。

【Bitatto】ビタットマグ

ビタットマグは、これまで紹介したストローマグとはまったくタイプの違うユニークな商品です。シリコーンゴム製のふたを被せるだけで、家で使っているコップがマグになるというものです。ふたに差し込むストローも、サイズに制限はありますが、お手持ちのものを使えるので便利です。

ふたにはバルブがついているので、コップが倒れてもこぼれないというのがすごいところですよね。パーツもシンプルなふただけなので、洗いやすく乾かしやすい衛生的な商品です。

しかし、飲み口部分をカバーするキャップなどはないため、外出先で使うよりは、家での水分補給に向いているかもしれませんね。カラーバリエーションも豊富なので、子どもの好きな色を選んであげましょう。

丈夫で保冷効果の高いステンレス製3選

32 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事