就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

小学校入学前にかかるお金特集!なににいくらくらい必要か?をご紹介

小学校入学前にかかるお金特集!なににいくらくらい必要か?をご紹介

子どもの小学校入学をひかえるママにとっては、入学前にかかる費用が気になりますよね。入学前に必要な学用品の種類や価格の相場、また公立と私立、それぞれかかる費用などをご紹介します。また、入学後に定期的にかかる費用とその内容もあわせてご覧ください。

入学前準備に必要なお金にはどんなものが?

文具や体操着などの学用品の購入費用

公立小学校で必要な学用品の内容や、だいたいの費用をご紹介します。
  • ランドセル…30,000~50,000円
  • 学習机セット…50,000円
  • ふでばこ…1,500円
  • お道具箱セット…2,500円
  • 上靴と体育館シューズ…各1,000~1,500円
  • 体操服と赤白帽子…4,000~4,500円(洗い替えを購入した場合は2倍かかります)
  • 算数セット…2,000~2,500円
  • 鍵盤ハーモニカ…2,500~5,000円
学校によって多少変わりますが、上記の品物が一般的です。また学年があがると、リコーダーや習字セットなど、その都度の購入があります。学用品以外にも、給食袋やナプキンなどの用意も必要なので、しっかりと把握しておきましょう。

入学式の服などの購入費用

思い出に残る入学式。子どもの門出にふさわしい恰好をさせてあげたいですよね。入学式に着る服や、靴などもあわせると、平均費用は2万円ほどかかったという声もあります。ママのセレモニースーツなどを新調すると、さらにかかるでしょう。

どれだけ服飾品にお金をかけるかは親しだいです。そのほかにも出費がかさむので、必ずしも新調しなくてはという意識も変わってきているようです。最近ではメルカリや、リサイクルショップを利用する方も多く、なかには高いブランドもので、新品に近いものも売られているようです。

セレモニースーツは、年に数回しか着る機会がないので、サイズアウトしてしまったりデザインが気に入らなくなったりして売られたものでも、比較的きれいな状態で購入できそうですね。

私立小学校の場合は入学金がかかる

公立・私立で、それぞれよさがありますが、費用面は公立よりも、私立のほうが年間をとおしてかかります。入学金・学費が無料化になっている公立とちがって、私立は入学金・学費がかかります。だいたいの費用を以下にまとめました。
  • 入学金…100,000円~
  • 制服・体操服代…30,000~100,000円
  • 指定用品など…30,000円
  • 受験料…20,000~30,000円
さらに毎月かかる授業料は約2万~5万円と、私立小学校の教育方針によって、大きくひらきがあり、高額な教育費がかかる学校もあれば、それほどかからない学校もあります。入学金、学費以外に毎月かかる諸経費なども、忘れないように注意しましょう。

ランドセルや机など大きい物はお金もかかる

必ず必要になるランドセル

小学校生活で、毎日使うランドセルはしっかりとしたものを選びたいですよね。費用は先ほど挙げたように平均30,000~50,000円くらいが多いようです。ランドセルは素材によって価格がかなり違うので、素材についてご紹介します。

使用されている素材は主に、クラリーノ(人工皮革)、牛革、コードバン(馬革)の三つで、クラリーノは軽くて丈夫なのと、雨や汚れに強い素材です。牛革は高級感があり、使いこむほど革製品独特の味がでてきます。ただし水には弱いのと、価格も50,000円以上のものが多く、クラリーノに比べると高いです。

コードバンは「革のダイヤモンド」といわれ、傷にも強く牛革よりもさらに高価です。上品な艶、なめらかな質感があり、選ぶ方も増えてきているようです。

あると便利なランドセルラック

ランドセルラックは、教科書やランドセルを収納できる、キャスターつきキャビネットのようなものです。小学生になると、教科書やノート、鍵盤ハーモニカなど、学校へ持っていくものがたくさんありますよね。

ランドセルラックは、省スペースにおけるスリムタイプのものが多く、左右にフックがあるものだとランドセルはもちろん、帽子や小物類もかけられます。また仕切り棚が複数に仕切られたタイプは、曜日や科目にあわせて整頓することができるので、ママも子どもも忘れものをせずにすみそうですね。

価格はだいたい5,000~10,000円台のものが多いようです。収納スペースをあまり取らずに、学校で使うものをまとめておけるので、あると便利ですよ。

必要に応じて学習机の購入を

学習机の価格はピンキリで、単品などで購入する場合は安くて5,000円ほどで購入できます。机、椅子、そのほか収納などがそろったセットですと平均50,000円はするため、ランドセルに並んで大きい出費になります。

ランドセルは必ず購入するものですが、学習机は入学にあわせてそろえなくても大丈夫かと思います。小学校低学年のうちは親が宿題をみたり、翌日の持ちものを一緒に確認したりすることが多いです。

宿題はダイニングテーブルでできますし、教科書やプリントはカラーボックスや、先ほど挙げたランドセルラックのみ購入すれば、学習机がなくても当面、間に合います。学習机の需要が下がる4月頃には展示品や新品が大幅に値下がりするので、出費をおさえたいママにオススメな方法です。

入学後定期的に徴収されることになるお金

月に1度は徴収される教材費

「公立は授業料が無料だから安い」と思うママもいるかもしれませんが、あくまでも「私立に比べて安い」だけで、小学校1年生で毎月かかる教材費はだいたい以下のとおりです。

・年間…15,000円(入学時3,000円・毎月2,000円×12カ月)

教材費の内容は、学校で使用するドリルなどの教材や文具などです。学校による会計管理で、残金が発生したら、修学旅行など学校行事の積立金になることが多いようです。修学旅行費は1~2泊で30,000円ほど、修学旅行がある高学年になると毎月費用を徴収し、積立てる学校が多いようです。

また私立の教材費は、毎月40,000~50,000円程度で公立にくらべて約3倍ほど高くなります。

毎月引落になる給食費

「義務教育の小学校で出されるのだから、給食も無料では?」と思うママもいるかもしれませんが、給食費は義務教育であっても実費になります。学年ごとに給食費が異なるようですが、公立も私立もだいたい月4,000円~5,000円のところが多いようです。下記は、あるママが小学1年生のときに実際かかった給食費です。

・年間55,320円(毎月4,610円×12カ月)

また給食エプロンといって、給食のときに着用するエプロンセット(2,400円)も必要になったようです。給食費は入学時に口座手続きをして、毎月口座引落になります。公立は、給食があるところがほとんどですが、私立は学校によっては給食がなく、お弁当持参のところもあります。

年に1度徴収されるPTA費

PTAとは「保護者の会員制度」といって、父母と先生、家庭と学校とが協力し合って教育効果をあげる教育組織です。主な活動として、運動会などの学校行事のお手伝いや、バザーや地域パトロールなど、学校や地域のイベントのお手伝いなどがあります。

近年、半ば強制的に役員や委員を決めることや、ワーキングマザーへの負担が多く「PTAは本当に必要なのか?」「任意だから加入しなくてもいいのでは?」などのマイナス意見が多くみられています。

学校によっては基本的に加入しなければならないこともあります。任意ではあるけれど、ほとんどの方が加入しているから、自分も加入するといった考えの方が多いようです。PTA会費は年間4千円くらいが平均的で、多くは年に一度徴収されます。

まとめ

子どもの喜ばしい小学校への入学ですが、公立、私立ともに出費がかさむ時期です。必要なもの・あとで購入すればよいもの・不要なものなどをリストにしてみると、無駄な出費をおさえられ、一度にかかる予算がだいたいわかるかと思います。

ランドセルや学習机、入学式で着用するセレモニースーツなどは、セールやアウトレットを利用して、お金をかけるものと、かけないものをわけるとよいかもしれません。だいたいの出費が前もってわかっていれば、計画を立てて安心して小学校入学をむかえられるはずですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018