就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬の乾燥からくる手荒れとサヨナラしよう!保湿ケアグッズや予防法

冬の乾燥からくる手荒れとサヨナラしよう!保湿ケアグッズや予防法

水仕事のときはビニール手袋を使おう

炊事、洗濯、お風呂掃除など水を使った家事はとても多いですね。それでもママは「冬だから」「手荒れしているから」と休むわけにもいきません。

水を使うことも手荒れの原因ですが、洗濯洗剤や食器用洗剤などの影響も大きくあります。手荒れをした肌にこうした洗剤の刺激が加わることでより症状が悪化してしまうことがあります。

いままで大丈夫だった洗剤でも、手荒れの状態によっては刺激が強すぎることに。まだ手荒れがひどくないからと安心しないで、刺激の少ない洗剤を使う、水仕事のときはビニール手袋を使うなどの対策をしましょう。

ハンドクリームを塗ってから綿の手袋をし、その上からビニール手袋をして水仕事をすると、手荒れ予防だけでなく手荒れケアにもなりますよ。

就寝前に保湿ケアをして綿やシルクの手袋を

日中はどうしても手を洗わなければいけない場面が多くありますが、寝ている時間は集中的に手荒れケアをする絶好のチャンスです。毎日忘れずに保湿ケアをしてから就寝するようにすれば、翌朝しっとりとした手指をみるのが楽しみになるかもしれませんね。

用意するものはハンドクリームと綿かシルクの手袋だけです。就寝前にたっぷりとハンドクリームを塗ってから手袋をしましょう。できればお風呂上りなど、すでに皮膚に潤いがあるタイミングでハンドクリームを塗ると効果が上がります。

綿の手袋はリーズナブルで丈夫ですし、吸湿性もあり敏感肌にも優しいので、手袋でのケアをはじめて試したい人におすすめです。シルクは肌触りがよく、吸湿性だけでなく放湿性や保湿性にも優れています。

手洗いや食器洗いの後はこまめに保湿ケア

食器洗いも、少しだけなら素手で洗ってしまいたいときがありますね。食事の支度をしていれば、必然的に何度も手を洗うことが多くなります。

そんなときは、こまめに保湿ケアをすることを心がけましょう。水仕事をしたら必ずハンドクリームを使うクセをつけるために、キッチンや洗面所にもクリームを置いておきます。

また、寒い冬は熱いお湯を使いがちですが、手荒れを防ぐには37℃くらいのぬるま湯以下を使う方が乾燥を防げます。さらに、水で手が濡れるたびにしっかりタオルで水分をふき取ることも手荒れ防止のポイントです。

忙しいと手が濡れたまま次の作業に入ってしまいがちですが、水分が蒸発するときに肌の水分が奪われていくので気を付けましょう。

まとめ

「手をみればその人の年齢が分かる」という言葉を聞いたことがありませんか?手の老化は顔と違って隠せないという意味ですが、事実手荒れをしていると誰かと会うときにも自信を持って手をみせられなくなってしまいますね。

毎日仕事をするママの手を綺麗に保つのは難しいことですが、正しいケアを行えばきっと違ってくるはずです。今まで手荒れとは無縁だったママも、これからは気を付けて、より美しい手を目指し手荒れ予防をしていきましょう。
30 件

関連記事

ピックアップ記事