就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

専業主婦ママも部屋着でお洒落を!素敵に変身できるアイテムを紹介

専業主婦ママも部屋着でお洒落を!素敵に変身できるアイテムを紹介

子育て中はお洒落がしたくてもできないというママが多いのではないでしょうか。さらに専業主婦のママの場合、お洒落をする必要性が感じられないこともあります。そこで今回は、先輩専業ママに聞く部屋着のあるあるとお洒落な部屋着を着る理由、おすすめの部屋着アイテムなどについてお話しします。

先輩専業ママに聞く部屋着のあるある

汚れを心配してお洒落な服は諦めてしまう

専業主婦のママの場合、自宅で過ごす時間が長いので特にお洒落をする必要性を感じないかもしれません。さらにお洒落な服を持っていても、料理の際に汚れるのが気になったり子どもに汚されるのを避けたりするため、クローゼットの中に片づけたままにしているというママも多いようですよ。

妊娠前はお洒落が好きだったというママでも、子育て中は白い服は汚れやすいので汚れが目立ちにくい濃い色の服ばかりを選ぶこともありますよね。また、ワンピースやスカートは動きにくいのでジーンズやジャージばかり履き、お洒落な服は諦めてしまっているママも多いようです。

お洒落ではない部屋着は確かに便利かもしれませんが、ふと自分の姿を鏡で見たときにだらしない自分の様子にがっかりすることもあります。

外出予定がないと一日中パジャマなことも

専業主婦のママの場合、外出予定がない日もあることでしょう。着替える理由がないので、一日中パジャマ姿で家事と育児に奮闘していることもありますよね。

特に寒い冬、着心地のよいパジャマが快適なのでわざわざ着替えたくないというママもいるようです。ゴミ捨てに出るときや配達の人が来たときは、パジャマの上にカーディガンやコートを羽織ってごまかしているママもいます。

子どもが「お出かけしたい、公園に行きたい」などと言い出すと着替えるのが面倒に感じるママもいることでしょう。パパからしてみると、最近のママの姿といえばパジャマ姿しか思い浮かばないというケースもあるかもしれません。

着替えるべきなのは分かっているけれど、そのタイミングを逃してしまうという意見もあります。

育児優先だとママの服装は後回しになる

朝から授乳やおむつ替えなど慌ただしく動き回っていると、ママ自身の着替えどころではないかもしれません。「とりあえずパジャマでなければよい」と考えるあまり、上下のコーディネートがちぐはぐということもありますよね。

また、育児中は子どものお世話がしやすいよう動きやすい服を重視する傾向があります。授乳中の場合、授乳口のついた服しか着られないこともありますよね。そうなると、本来の自分の好みとは違ったファッションをすることもあるでしょう。

子どもが走り回るようになると、いつでも追いかけられるように足さばきのよい服が便利ですよね。それまではスカートやワンピース派だったママも、常にズボンとTシャツやセーターといった動きやすい服へと傾向が変わっていきます。

専業主婦だって部屋着をお洒落にしてみよう

お洒落をすることで生活にメリハリがつく

部屋着だからといってお洒落を諦める必要はありません。部屋着であってもママ好みのお洒落を楽しんでみましょう。お洒落をすることにより、生活にメリハリがつきますよ。

専業主婦のママの場合、特に予定がない日は気持ちがだらだらとしてしまいがちですよね。家事と育児に励んでも、気持ちが乗らず思うようにはかどらないこともあるかもしれません。

しかしお洒落をすると、気持ちが明るくなり家事や育児へのモチベーションもアップしますよ。お洒落は誰かのためにするのではなく自分のために楽しむものです。

朝起きたら軽くお化粧をしてお洒落な部屋着に着替えるだけで、「今日も一日頑張るぞ」と前向きな気持ちになれるかもしれません。まずはママ好みの部屋着を探してみましょう。

急な来客があっても恥ずかしくない

外へ着ていくには恥ずかしいような毛玉だらけのセーターや色あせて襟が伸びたTシャツを部屋着代わりに着ているというママも珍しくないことでしょう。しかしこれでは急な来客があると焦ってしまいますよね。

朝起きたらきれい目の部屋着に着替える習慣を身につけるのもおすすめです。宅配便が到着したときでも恥ずかしくないので、そのままさっと玄関口まで出ることができます。

急に出かける予定ができたり、子どもと公園へ行ったりするときも、子どもの相手をしながら慌てて身支度をする必要もありません。

そのまま近所に出かけても違和感のないような部屋着を見つけたいですね。最近はスカートタイプのパンツのように、見た目がお洒落でありながら着心地のよい服も色々ありますよ。

自分に自信が持てるようになる

わざわざ人の出入りが少ない時間帯を狙ってゴミを捨てに出たのにも関わらず、偶然近所の人とすれ違って焦ったという経験があるママもいることでしょう。あまり顔を合わせないよう、うつむいたこともあるかもしれません。

こぎれいな印象の部屋着であれば、万が一近所の人とすれ違っても慌てる必要がなく、堂々と笑顔であいさつを交わすこともできます。それが回数を重ねるとママへの好印象となり、近所での評判もアップすることでしょう。

日常生活のどんな場面であっても、自分に自信を持つことができるよう、必要最低限の身なりを整えるようにしたいですね。服装によって自分に自信が生まれると、自然と自己肯定感が上がるという説もあるので心がけてみましょう。
28 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版