就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼稚園の面接はどんな感じ?適した服装と面接の内容をチェック

幼稚園の面接はどんな感じ?適した服装と面接の内容をチェック

希望の幼稚園に願書を出すと、次に待っているのが「面接」です。面接と聞くと、ママの方が子ども以上に緊張してしまいそうですよね。服装は?いったいなにを聞かれるの?不安に思うことがたくさんでてきますよね。ここでは一般的な幼稚園の面接について、紹介したいと思います。

一般的な幼稚園の面接内容とは?

幼稚園の面接は何が目的?

幼稚園の面接内容は園により様々です。お受験幼稚園といわれる園などは試験の意味が強く、各園ごとに対策が必要です。それ以外の一般的な幼稚園では、子どもの性格や家庭の雰囲気などを知るために行っていることが多いようです。

園はそれぞれに違う特色を持っています。面接にきた子どもが入園してから、楽しく生活が送れるかどうか知りたいのです。

面接は、書類上では感じ取れない子どもの個性などを会って確かめる大切な機会なのです。クラス分けを考える材料になる場合もあります。また、ママが惹かれた園の方針を、どのような活動を通して実現させていくのかを面接のときに質問することがでます。お互いのマッチングを行う機会、と考えるとよいかもしれませんね。

子どもが幼稚園の面接で聞かれること

子どもが幼稚園の面接で聞かれることはなんでしょう?あいさつと名前ぐらいで質問が終わるところもありますし、面接時に席に座っていられるか、目をみて話が聞けるか、母子分離ができそうか、などを見る幼稚園もあるようです。

よく質問される内容として次のようなものがあります。
・名前、年齢
・好きな食べ物、嫌いな食べ物
・好きな遊び、よく遊ぶ相手のこと
・今朝なにを食べてきたか
・絵本やカードに描かれてある物の名前・色・形  

いずれにせよ、それほど多くの質問を子どもに投げかけてくるわけではないので、普段通りにできれば大丈夫です。たとえ子どもが答えられなくても、ママがあまり神経質にならないようにしましょうね。

親が幼稚園の面接で聞かれること

幼稚園の教育方針とこの家庭の考え方がどのくらい合っているのかを知ることが、親と面接をする大きな目的となっているようです。パパやママが子育ての中で、大切にしていることなど聞かれるかもしれません。

幼稚園としても、数ある園の中から選んでもらった理由を知りたいですよね。入園希望理由なども考えておくと安心です。

質問として多いものは次の通りです。
・子どもの性格、好きなことや嫌いなこと
・登園方法・園までの距離と所要時間
・おむつが取れているかどうか
・健康状態
・子どものアレルギーの有無

面接時は質問されるだけでなく、ママからも園に対して希望などあれば伝えてみるのもよいのではないでしょうか。

幼稚園の面接に適した服装とは?

子どもは原色を避け落ち着いた服装で

面接時の子どもの服装は悩みますよね。基本は落ち着いた色味でコーディネートしてみてください。

男の子
白ポロシャツ、紺色ベスト、黒ズボン(半ズボンも可)
 
女の子
落ち着いた色のワンピースにカーディガン、または白系のブラウスにひざ丈スカート

このような服装なら面接向きといえるのではないでしょうか。上を黒や紺、グレーなどのセーターで代用してもよいかもしれません。スウェット生地やデニム、パーカーなどは避けましょう。靴下やタイツも白や紺、黒などを選んでくださいね。靴は面接時に上履きに履き替えるところが多いので、ローファーではなくでも原色を避けたもので清潔感があれば問題ないです。新品である必要はないので、事前に洗ったものを履かせましょう。

ママはキレイめコーデでまとめて

短時間の面接で、できるだけ良い印象を残したいですよね。服装でママの価値観などを判断されることもあります。華美になり過ぎずラフ過ぎずきれいめのコーデを目指しましょう。もちろんスーツ以外でも大丈夫です。

・ブラウスや上品なカットソーにひざ丈スカート
・きれいめのパンツスタイル
・ワンピースにストッキング

最近ではきれいめのファッションの定番で、スカートやパンツのセットアップを多く見かけますよね。そちらを利用してもよいのではないでしょうか。どんなにラフな幼稚園であっても、子どもと同様にスウェット生地やデニムなどは避けてください。清潔感が大切ですので、髪の毛は顔まわりにかからないように整えてましょう。アクセサリー類はつけ過ぎに注意です。

パパはスーツが一般的

面接時にママだけではなく、パパも参加する方もいらっしゃるのではないでしょうか。パパの服装はスーツが一般的です。

ビジネスシーンに使えるようなスーツで、紺やグレーなど落ち着いたカラーを選ぶ方が多いようです。できるだけストライプが入っていない物を選んでくださいね。シャツは無地の白が基本です。ネクタイは派手過ぎないカラーと柄を選びましょう。

意外とうっかりしがちな物が靴下です。面接は椅子に座って行うことがほとんど。幼稚園の面接では、大人も子ども用の椅子に座るところもあります。ズボンから靴下の見える範囲が長くなりうっかりすねが…なんてことにならないように、ロング丈でダークカラーの靴下を選びましょう。

幼稚園の面接前に押さえておきたい3点

道のり、持ち物などは徹底確認

面接の日より前に、子どもと一緒に幼稚園を見学したことはありますか。園までの道のりは大丈夫でしょうか。バス通園の幼稚園などは距離が遠いことが多いので、面接時間に遅れないよう事前に道のりを把握しましょう。

あたりまえですが、「時間を守る」ことは大切です。面接時間に決して遅れないようにしましょう。あまりに早すぎる到着は子供が飽きてぐずることもあるので、前の面接の方に迷惑をかけないように気をつけましょう。

持ち物は二重チェックをして、忘れ物が無いよう気をつけましょう。前日までにすべて準備をしておくと、当日余裕をもって出かけられますね。遅刻をしたり忘れ物をしたりすると、ルーズな印象を持たれてしまうので注意しましょう。

面接のリハーサルはやっておこう

幼稚園の面接は子どもにとって初めてのことです。堅苦しくならずいつもの子どものよさが出せるよう、面接のリハーサルをしておくとよいかもしれません。

「面接のリハーサル」といってしまうと、子どもが嫌がったり、面接にマイナスの印象を持ってしまったりするかもしれません。面接を意識せず、普段のおしゃべりや遊びの中に組み込んでみてはどうでしょう。

椅子に座りママがマイクを持つふりをして、質問タイムごっこをしてみるのもよいかもしれません。初めてのことはどうしても緊張し、しりごみしてしまう子どもも多いでしょう。少しでも「初めて」を減らしてあげることで、普段のわが子らしさをだせるといいですよね。上手にできたらたくさんほめてあげましょう。

緊張しなくても大丈夫

面接のときは、ママも子どももリラックスして望みましょう。子どもが面接時にちゃんと答えられなくても、相手はプロですので「緊張して答えられなかったんだな」と分かってくれています。初めての場所で知らない人から質問されるとなれば、しっかり答えられる子どもは多いわけではありません。

普段子どもに接するように、面接時でも愛情をもって接してあげてください。そういった親子の様子を園側はきっとみているはずです。

特別なことを面接で見ようとしているわけではないことを、ママは忘れないでくださいね。これからの園生活をスムーズに行うための面接なのですから、できるだけ普段通りのわが子を見てもらえるように努めれば十分ですよ。

まとめ

幼稚園の面接で落ちてしまったらと思うと、ママは心配でたまらないですよね。しかし一般的な幼稚園では多少面接が失敗してしまっても、クラス分けなどの基準になる程度と思って大丈夫なようです。

あまりママが面接に神経質になりすぎて、子どもの負担になってしまってはかわいそうですよ。楽しい幼稚園生活を踏み出すための面接であることを忘れないでくださいね。入園まであともう少し。新しい環境へのチャレンジを親子で楽しめるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018