就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ガーゼマスクの作り方!親子で花粉予防や保湿に活用しよう

ガーゼマスクの作り方!親子で花粉予防や保湿に活用しよう

今年も花粉に悩まされる時期がやってきましたね。そんなときには、かわいいガーゼでマスクを手作りしてみませんか?お気に入りの柄を身につければ、ほんの少しだけ気持ちが晴れやかになるかもしれませんよ。手作りマスクを作って、花粉予防や保湿にぜひ活用してくださいね。

初心者でも簡単!手作りガーゼマスク

ガーゼマスクに必要な材料

【用意するもの】

・ガーゼ生地
・ゴム
・裁縫道具(針、糸、布切りはさみ、紐通し)
・メジャー(定規でも可)
【あれば便利なもの】

・アイロン
・ミシン

縮み防止のための事前準備


マスクを洗濯したときにガーゼ生地が縮んでしまうことを防ぐために「水通し」を行ってからマスクを作成しましょう。やり方は、容器に水を入れてガーゼ生地を水に浸して乾かすだけなので簡単です。

ガーゼ生地が乾いたら、一度アイロンをかけると扱いやすくなりますよ。

子ども用マスクのサイズはどのくらい?

子ども用マスクのサイズを確認しておきましょう。市販のマスクは子ども用という表記で横12.5cm×縦9cmが平均です。子どもの鼻から口まで覆うことのできる長さに合わせて作ります。

今回使用している生地は、一般的なガーゼサイズ縦28cm×横28cmの正方形の生地を使用して作成しています。個人差があるので参考までに、手本は小さめの縦8cm×横10cm(2歳向け)の4層になるように作っていきます。

材料がそろったら作ってみよう

【作り方】

1.ガーゼの赤い矢印部分を縦8cmに合わせて折り、重ねた後ろの生地は約9cmの青い線で切ります。
(今回は縦28cm×横28cmのガーゼを使用していますが、他のサイズでも4層になるように測ってから、折り畳めば作成することができます)

2.9cmで切った後ろの生地を、8cmで折った方の生地の内側に折り込みます。


3.画像のようになります。

4.赤い矢印部分を横10cmに合わせて折り、後ろの生地は約11cmの青い線で切ります。


5.赤い線で内側に折りこむと、ガーゼの4層マスクが完成します。ガーゼが分厚い場合には2層になるように調整してもよいです。

6.左右1cm内側の黄色い線に沿って縫っていきます。(ミシンがない場合は手縫いでもOKです)


7.紐通しで左右にゴムを通して完成です。(ゴムは年齢に合わせて調節してください。)

アイロンで貼り付けることができるワッペンや、リボンを縫い付けてアレンジをしてもかわいいです。

大人用はサイズを変えて作ればOK


サイズを変えれば大人用も同じ工程で簡単に作れます。柄物のガーゼ生地なら個性が光りますし、白いガーゼ生地で作成すれば、シンプルで普通のマスクと見た目はほとんど変わらないので、違和感なく着けられますよ。

市販のマスクを参考にすると、普通サイズで縦9.5cm×横17.5cm、小さめのサイズで縦9cm×横14.5cmがほとんどでした。手作りなら叶えられる自分に合ったマスクを作成してみましょう。
45 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版