就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティソングを聴こう!不安定な妊娠期を乗りきる癒しの効果

マタニティソングを聴こう!不安定な妊娠期を乗りきる癒しの効果

妊娠中のママにとって、心身ともに不安定な状態の日が続くとストレスも溜まってしまいますよね。そのようなときはマタニティソングを聴いてみませんか?仕事の休憩中や家事の合間など、少しの休息とともにマタニティソングを流せば、日々の疲れを癒してくれことでしょう。心も体も元気にしてくれる素敵な音楽をご紹介します。

マタニティソングが心と体にもたらす効果

心も体も不安定になりがちな妊娠期の癒しに

妊娠中はつわりがあったり体がだるかったりと、なにかと体調の優れない日が続くことも多くありますよね。また、さまざまな不安を抱えているママもいるかと思います。

そのような状況では心も体も不安定になり、ストレスが溜まってしまいます。そこでおすすめしたいのがマタニティソングです。

マタニティソングは比較的ゆったりしたテンポのものが多く、聴いているだけで気持ちも穏やかになるので、ママへのリラックス効果が期待されます。疲れたときや気分が落ちているときに聴けばよい気分転換になり、夜眠れないときに聴けば安眠効果で睡眠不足も解消できます。

このように、マタニティソングは妊娠中のママへ癒しをもたらしてくれる、とっても素敵な音楽なのです。

お腹の赤ちゃんにもよい胎教としての効果

「胎教」という言葉をよく聞きますが、これを「胎児への知育」と考える人も多いのではないでしょうか。しかし、胎教の本来の意味としては「ママがリラックスすることで得られる赤ちゃんへのよい影響」なのだそうです。

妊娠中にママがイライラしていたり強いストレスを感じていたりすると、産まれてきた赤ちゃんは情緒不安定や夜泣きといった症状があらわれることもあるといわれています。一方、妊娠中にリラックスして過ごしたママの場合だと、産まれてきた赤ちゃんも精神的に安定し、人から愛される子に育ちやすいそうです。

そのため、妊娠中にマタニティソングを聴くことでママも穏やかな気持ちで過ごすことができ、その結果、お腹の赤ちゃんにもよい胎教となるのです。

陣痛や出産中に聴けば痛みを和らげる効果も

マタニティソングは陣痛や出産中に流しておくのもおすすめです。とくに初めてのお産のときは、長時間続く陣痛でナーバスになってしまうママも少なくありません。

出産はママと赤ちゃんの共同作業だからこそ、ママに不安な気持ちがあると、それが赤ちゃんにも伝わってなかなかお産が進まないこともあります。そこで、陣痛中もマタニティソングを聴きながらリラックスすることで、お産がスムーズに進んでいきやすくなるのです。

陣痛中に音楽を楽しむということは難しいかもしれませんが、流れてくるメロディに耳を傾ければ、少しだけでも痛みから気を紛らわすことができるでしょう。出産時のリラックス法の一つとして、マタニティソングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

マタニティソングを選ぶときのポイント

ママの好きな曲でリラックスできるのが一番

マタニティソングは比較的ゆったりした曲調の音楽が多いと前述したように、ゆったりとした曲は気持ちを落ち着かせ、穏やかにさせてくれます。しかし、最終的にはママ自身が好きな曲を聴いてリラックスできることが一番効果的なのです。

ママが自分の好きな曲を聴くことで、楽しくなったり前向きになったりすることができます。ママが妊娠期を明るい気持ちで過ごすことは、赤ちゃんにとってとても重要で、何よりも幸せなことなのです。

そして、ママが前向きな気持ちで出産に臨めば、赤ちゃんも安心して産まれてきてくれることでしょう。普段から聴いている曲はもちろん、リラックスできる曲を聴いて、マタニティライフを楽しんでくださいね。

心地よい感覚が心と体をよい方向へ導く

妊娠中にマタニティソングを聴くことで、「冷え性」の対策にもなるということをご存知ですか?冷えの原因は、自律神経の乱れによる血行不良が原因のひとつといわれています。

マタニティソングに多く使われるリラクゼーション効果の高い音楽は、聴いているだけで心地よい気分にさせてくれます。このように心も体もリラックスすることで自律神経のバランスが整い、血行促進に繋がって冷えの改善になるのです。

仕事に家事に慌ただしい毎日のなかで、お腹のなかの赤ちゃんと一緒にほっと一息つけるような時間を作れば、きっと幸せを感じることができるでしょう。心身ともに健康的な妊娠期を送ることができるよう、マタニティソングを聴いてみてはいかがでしょうか。

大音量や激しい曲、悲しい曲は極力避けて

妊娠中は感情の変化にも大きく差がある時期なので、悲しい音楽を聴くと、普段よりも悲しい気持ちがより強くなってしまうのだそうです。このようなマイナスな気持ちはお腹の赤ちゃんにもよい影響を与えないので、極力避けたほうがよいでしょう。

一方、大きな音や激しい曲にも注意が必要です。たとえママがロックやヘヴィメタルを好きだとしても、これらの音楽は心拍数を上昇させ、リラックスとは反対の作用をもたらすため、胎教としては好ましくありません。

また、常に大音量のなかで生活しているママの場合、産まれてきた赤ちゃんは先天的な難聴になるリスクが高まるそうです。妊娠中はできるだけ静かな空間で、ママにもお腹の赤ちゃんにも優しい音楽に触れるとよいですね。

マタニティソングで最適な音楽ジャンル

リラックス効果抜群で王道の「クラシック」

クラシック音楽は人の心拍と同じくらいのテンポで演奏されているため、リラックス効果が高いといわれています。また、心拍リズムは「1/fゆらぎ」といわれますが、とくにモーツァルトの曲にはこの「1/fゆらぎ」が多く含まれており、人の脳波をリラックス状態である「α波」に導いていくのだそうです。

また、赤ちゃんはおよそ800の音を聞き分ける能力を持って産まれてくるとされています。しかし、低周波音である日本語のなかで育っていくと、6歳になるころには高周波音である英語などの音が聞き取れなくなってしまうのだとか。

その点、クラシック音楽には高周波音を多く含む楽曲が多いので、妊娠中にママが聴くことで子どもの言語能力を高める効果も期待できるそうです。

美しい音色で心が穏やか「オルゴール音楽」

生のオルゴールの音色には超低周波から超高周波が含まれており、人の脳幹を直接刺激することで血流の改善や免疫力アップなどに繋がるそうです。また、羊水のなかにいる赤ちゃんには低・高周波をもつ音楽が届きやすいといわれていて、生のオルゴールの音はお腹のなかにいる赤ちゃんが唯一聞こえやすい音色だとされています。

CDなどのデジタル音も多くありますが、超低・高周波の音がカットされていたり、人工的に作られた音源だったりするため、このようなことはあまり期待できないそうです。そのかわりに、α波のゆらぎ信号を合わせたオルゴール音や、睡眠時の心拍数に近いリズムで編集されたオルゴール音などのCDもあるので、ママが癒されたいときや睡眠時に聴くとよいでしょう。

まさに癒しの音「ヒーリングミュージック」

前項でもお伝えしたように、脳波がα波になっているとき、私たちはもっともリラックスした状態だといわれています。そして、このα波と同じ周波数で作られているのがヒーリングミュージックです。

また、川のせせらぎや波の音、小鳥のさえずりや雨音などのような自然の音は、先にもお伝えしたような「1/fゆらぎ」であるといわれています。ヒーリングミュージックの多くは、この「1/fゆらぎ」をベースとして作られているそうです。

ヒーリングミュージックは「歌詞が入っていないこと」や「さわやかな自然音であること」がポイントとなります。このような音楽は自律神経のバランスを安定させ、リラックス状態をもたらし、心をいたわる効果があるのです。

まとめ

普段なにげなく耳にしていた音楽や自然界の音は、私たちの身体に大きな影響を与えているのですね。妊娠中はママによって心や体にさまざまな変化があらわれますが、すべてのママにいえることは、いつもリラックスして過ごすことだと思います。

つわりで辛いとき、悩みがあるとき、初めての出産で緊張しているとき、マタニティソングはきっと癒しを与えてくれることでしょう。妊娠期から出産の日まで、ママが心身ともにいつでも健やかに過ごせるよう、ぜひマタニティソングを聴いてみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018