就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠線を予防するためにできること。予防する方法とケア商品のご紹介

妊娠線を予防するためにできること。予防する方法とケア商品のご紹介

妊娠すると赤ちゃんが成長していくにつれて、ママの体型はどんどん変化していきますよね。ママの体型が変わっていくなかで悩みの一つになるのが、妊娠線です。ここでは、妊娠線は誰でもできるものなのかや、何か対処をすれば防げるものなのか、人気のケア商品などをご紹介します。

妊娠線はなぜできてしまうのか知りたい

妊娠線ができてしまうメカニズムを知ろう

妊娠線を「妊娠したらできてしまうのがあたりまえ」と思っている方もいますよね。しかし、妊娠した人すべてに妊娠線ができるわけではなく色々な原因が重なってできるものなので、原因を知っておくと対処ができるのではないでしょうか。

妊娠線はストレッチラインともいわれており、出産までに急に体重が増えるとできるものです。妊娠後期になるとお腹が急に大きくなる方も多く、お肌の奥にある真皮層や皮下脂肪が引っ張られることにより、耐えきれずにパチンと弾けてお肌の表面に線ができてしまいます。

妊娠中はお腹だけでなく、お尻や太もも、おっぱいなどにも変化が現れますよね。脂肪が多い部分にできやすいので、全身をケアすることが大切でしょう。

肌が乾燥していると妊娠線ができやすい

先ほどご紹介したように、妊娠中に急激に体重が増えてしまうと、妊娠線ができる危険性があります。しかし、プレママさんのなかには「体重は少しずつしか増えていなかったのに、線がたくさんできてしまった」「お腹やお尻は気をつけていたのに、おっぱいにたくさんできてしまった」など、体重増加に気をつけていたのに妊娠線ができる方もいますよ。

体重増加が原因ではない方は、お肌の乾燥が大きく関係している可能性が高いです。妊娠中は、赤ちゃんの成長に合わせて体型が変化するのはとめることができませんよね。お肌が乾燥していると急にお肌が伸びたときに対処ができず、皮膚が裂けて線ができてしまうのです。

お風呂上がりには、しっかり全身を保湿してくださいね。

妊娠線は一生消えないといわれている

「妊娠線は、出産をして元の体型に戻ったら消えるの?」「何かケアをしたら消せるかな?」など、妊娠線ができてからの対処法を知りたい方は多いかもしれませんね。しかし、残念ながら妊娠線は一度できてしまうと、消すことは難しいでしょう。

お肌の表面だけが裂けたのであれば、ターンオーバーを繰り返していくうちに少しずつ薄くなる可能性があります。妊娠線はお肌の真皮層の部分で断裂が起きるものなので、細胞が生まれ変わることがなく消える確率は少ないといわれていますよ。

時間が経つと目立ちにくくなることはあっても、完全に元のきれいなお肌にはなりにくいものです。できる前に体重管理や保湿ケアをしっかりして、予防をすることが重要ですね。

どうすれば妊娠線を防げるの?対策と予防法

妊娠線ができやすい習慣や時期

先ほどご紹介したように、妊娠線は一度できるとなかなか消えることはありませんよね。では、プレママさんはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

常に気をつけたほうがよいことは、急激な体重増加です。妊娠中は赤ちゃんをママのお腹のなかで育てるため、体重が増えることは仕方がないですよね。妊娠してから出産するまでに増えてもよい体重は、7~12kgくらいが平均的です。

平均値よりも増えてしまったり、短期間で急激に体重が増加したりすると、真皮層に負担が大きくかかり妊娠線が出やすくなりますよ。とくに、安定期に入ってからはつわりが終わって食欲旺盛になるプレママさんが多いので、注意が必要です。体型にも変化が現れるので、毎日のケアを欠かさないようにしましょう。

妊娠線予防マッサージを習慣化してみよう

まだ妊娠線ができていないプレママさんのなかには「どうしたら予防できるのかな」と悩んでいる方もいますよね。先ほどお話したように、妊娠線はお肌の真皮層の断裂からできるものなので、お肌を柔らかくするためにマッサージをすることも大切ですよ。

マッサージはたまにするだけでは、あまり効果を期待できないでしょう。お風呂上がりの血行がよい時間帯に、毎日欠かさずお腹やお尻、おっぱいなどを優しくマッサージするのがおすすめです。

お肌が柔らかな状態だと急激な伸びにも柔軟に対応できるため、真皮層の断裂を防ぐことができます。マッサージはリラックス効果もあるので、ママだけでなくお腹のなかの赤ちゃんも心地よい時間を過ごせるかもしれませんね。

オイルやクリームで保湿することが大切

お風呂上がりにボディケア化粧品を使用して、お肌を保湿している方は多いですよね。妊娠中はホルモンバランスの乱れなどによりお肌が乾燥しやすくなっているため、オイルやクリームなどの保湿効果が高い化粧品を使用するとよいですよ。

オイルタイプはつけたあとにベタッとした感触がすることもあり、好き嫌いが分かれるかもしれませんね。しかし、クリームタイプよりも保湿効果には優れているので、冬場や春先など、乾燥が気になる季節はオイルタイプが使いやすいでしょう。

クリームタイプは、つけたあとにもっちりした肌触りになるので好きな女性は多いかもしれませんね。保湿効果はミルクタイプよりも高く、つけたあともベタっとすることがないので使いやすいですよ。

妊娠線予防に人気のオイルやクリーム

肌への優しさなら「MONA MAMMY」

「早めにお肌のケアをしておきたい」と思っても、どの化粧品を使えばよいのか悩むプレママさんは多いですよね。ここでは、先輩ママたちに聞いた人気のオイルやクリームをご紹介します。

「MONA MAMMY」は、合成香料、紫外線吸収剤、鉱物油、合成着色料、アルコールなどのお肌に刺激のあるものが入っていない自然派素材のお肌に優しい化粧品です。保湿力が高いクリームタイプのものですが、つけたあとはサラッとした肌触りですべすべ触感を味わえますよ。

また、使いやすいポンプタイプも嬉しいですよね。赤ちゃんにも使える化粧品なので、お風呂上がりに赤ちゃんと一緒にママもお肌のケアができるのは、時短になって育児が少し楽になるでしょう。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC